主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
5周目となる今回は、HARDで最後に残ったエアレイダーでプレイします

サポート装備としてビークルを装備可能 ニクスだけでも非常に種類が多いので、どれを使うか迷う! 前作との変更点で、エアレイダーは今回武器を3つ装備でき、さらにビークルを一つ装備できます
ビークルを一つ持っていける点は前作と同じですが、武器を3つ装備できるようになったことで、支援要請とサポート装置、自衛武器を同時に持っていけるなど戦略の幅が格段に広がりました
前作ではビークルに乗って戦うのが基本でしたが、これによりビークルに乗らなくても十分戦えるようになりました

今作の新装備、サプレスガン もっともらしい説明が書いてあるが、その実態は赤蟻に噛まれた時の脱出用装備 また、エアレイダーの自衛用装備として新装備のサプレスガンが投入されました
射程が非常に短いのが欠点ですが、赤蟻に噛まれた時の脱出用には最適
前作だと、エアレイダーが赤蟻に噛まれた場合リムペットガンなどの爆発物で自爆するしかなく、それすら持ってきてない場合は詰んでしまうことが多々ありました
エアレイダーの武器は特殊なため、それに合わせた専用のチュートリアルが用意されている つまりは完全に噛まれた時用の自衛手段ということですねw
武器の説明にはそんな風には書いてないですがw


エアレイダーの真髄は支援要請にあります
要請する際の通信も醍醐味で、今作ではEDFに入隊する前後で通信の内容が異なります
EDFに入る前は民間の技術者ですが、軍の通信コードの使用許可がおりており、通常通りEDFへの支援要請が可能となっているとのこと
通信では避難するよう促したり、民間人からの要請に困惑するEDF隊員とのやり取りが序盤限定で楽しめます

衛星軌道兵器の主、俗に言うサテキチおばさん(笑)は、「え?あなた民間人?あれ?」という台詞もあって可愛かったですw
今作のサテキチおばさんは前作とは比べ物にならないくらい破壊力のある通信が聞けるので、私が今作を購入する前の実況動画を視聴していたときから好感度を持ってましたw
 

また、今作のエアレイダーの支援要請は前作よりも様々な点で改良されており格段に使いやすくなっています
前作では全ての支援要請は敵を倒すことで得られる貢献度を一定値溜めなければ使えなかったのですが、今作では一部の要請が貢献度によらない時間経過でリロードされます
再度要請可能になるまでの時間が非常に短いものもあるので、通常の武器と同じ感覚で使えるようになりました
しかも、一度のリロードで数回連続で要請できるものもあり、遠距離からビーコンガンを射出することでスナイパーライフルのような精密射撃も可能になりました
ほとんどが上空からの射撃なのでコロニストにヘッドショットが入りやすく、気付かれない距離からいともたやすく一撃即死が狙えます

空爆要請の際、視点が見下ろしとなり空爆範囲を正確に指定できるように! そのほか、砲兵や空爆を要請した際、前作ではレーダーに空爆範囲が表示されるだけでしたが今作はフィールド上に直接空爆範囲が描画されるようになり非常にわかりやすくなりました
さらに空爆は座標と角度を左右のスティックでダイレクトに指定できるようになったため、前作では不可能だったプレイヤーの向きに対する直角方向の爆撃も簡単にできるようになり、より効果的に敵集団を殲滅できるようになりました
前作では発煙弾やビーコンでの指定方法だったため空爆範囲を正確に指定することが困難だっただけに、今回この方法になったことで空爆が非常に使いやすくなりました


そして今作の敵勢力に登場するテレポーションアンカーですが、弱点が上部にあるため他の兵科だと射程の長い武器でないと狙いにくかったのが、エアレイダーでは支援要請があるので遠距離から視認できるアンカーは絶好の標的!
アンカーが複数出現するミッションでも、遠距離からスプライトフォールを要請してアンカーもろとも周囲の敵を壊滅させれば貢献度が貯まるので続けざまに次のアンカーにスプライトフォールを落とすという、ただそれだけでクリアできてしまいました!
サテキチおばさんと同じ様に笑いが止まりませんでした、他の兵科だとそこそこ手間のかかるミッションがエアレイダーだと敵にほぼ接近されることなくこんなに簡単にノーダメージクリアできるのかと!


ただ、エアレイダーが上級者向けの兵科というのは変わらないと思います
エアレイダーが真価を発揮するには、そのミッションの内容を完全に把握していなければなりません
敵の構成や地形によっては、持って行った支援要請やビークルが全く役に立たない場合があるからです
そのミッションに合わせた最適な装備、戦略を用意してこそエアレイダーの火力を発揮できるのです
フェンサーを使いこなすにはテクニックの熟練が必要ですが、エアレイダーはミッション内容と武器の性能を熟知し、どのような作戦を立てるかという知識と経験が必要だと感じました

そしてエアレイダーの欠点は、ビークルに搭乗しないと機動力が出ないと同時にアイテム回収ができないこと
エアレイダーにはレンジャーのダッシュ、ウィングダイバーやフェンサーのブーストといった高速で移動できるアクションが無く、アイテム回収範囲も拡大しないため徒歩でアイテムを集めるのは時間がかかります
その代わりビークル搭乗時はアイテム回収範囲が拡大するので、エアレイダーだけが回収範囲を拡大できないというわけではありません
前作と比べれば圧倒的に回収しやすくなりました
ただ、ビークルは小回りが利かないためマップ上に散乱したアイテムを回収するのは簡単ではなく、ビークルの要請、投下にも時間がかかるのでアイテム回収のためだけにビークルを要請するのも結局手間がかかってしまいます

いずれにせよ、エアレイダーでいちいちアイテムを回収していると戦闘時間に対する回収時間の割合が大きくなってしまいます
なので、エアレイダー使用時はアイテム回収はせずに、他の兵科でエアレイダーの分のアイテムを回収することにします
やっぱりエアレイダーの使用を最後に回して正解だったかもしれません

拍手[0回]

難易度HARDの全ミッションをフェンサーでクリアしました

前半の方はフェンサーの強力な武器と高いアーマーを活かして突撃すれば何とかなるんですが、終盤に近付くにつれ武器の性能がミッション内容の激化についていかなくなり、途端に難しくなっていきました
しかしよく使う武器のカスタム値が終盤に強化されるとミッション難易度がかなり下がりました

私はLV46のジャックハンマーM3を愛用してて最初のミッションからずーっと使い続けてたんですが、弾数のカスタム値が低くて長い間14のままでした
それが終盤のミッション100番台で強化されて弾数が36になった時は感動しました!
長い間使い続けてる武器は愛着がわいてくるのでそれを使い続けて成長すると感慨深いですよね
総プレイ時間は110時間
クリアにかかった時間は27時間、ウィングダイバーと同じ時間になりました
ダッシュとジャンプを同時に使用した時の移動速度が凄くて、ウィングダイバーのダッシュよりも高速で移動できたので敵に強襲する以外にもアイテム集めもスムーズにできた感じです

拍手[0回]

HARDウィングダイバーでクリアしたので、順番的に次はエアレイダーになるんですが、ここでちょっと考えてみました

エアレイダーの戦術は支援要請とビークルになりますが、ビークルの性能はカスタム値が設定されておらず固定です(カスタム値があるのは必要功績値のみ)
そのためエアレイダーは他の兵科をプレイ中に武器が揃っても、カスタム値上昇の恩恵はあまり得られないということになります
仮に先にエアレイダーでプレイした場合、残ったフェンサーの武器が強化され、ゲームの難易度はさらに下がってしまうと思われます
難易度が低いほどストレスフリーになりますが、ぬるゲー過ぎると作業感が増してモチベが低下する恐れがあります
何事にも適度の刺激は必要ということです

そこで、順番にとらわれず次はフェンサーでプレイすることにしました
なんだかんだでエアレイダーが一番難しそうだし、先にほかの兵科を終わらせてエアレイダーの能力を上げるということで


連続ジャンプによって高層ビルや高い崖を上ることが可能になり、戦略の幅が広がった 今作のフェンサーは4つの武器に加え、2つのサポート装備を装備可能
サポート装備ではブーストやジャンプが連続で使用可能になったり、シールドの性能上昇、歩行速度の上昇などの効果が得られます
攻撃能力が直接上がることはないものの、操作性が向上して扱いやすくなります
前作のフェンサーと比べるとその差は明確で、特に連続ブースト、ジャンプの実装で機動力が飛躍的に向上しました
最初にEDFのグリムリーパーの連続ブーストを見たときはとてもフェンサーの動きとは思えず不具合なんじゃないかって突っ込みたくなりましたが、サポート装備を使うことで可能になってたんですね

またブーストやジャンプ中はレンジャーのダッシュやウィングダイバーのブーストと同じくアイテムの回収範囲が拡大するため、アイテム回収が前作よりも格段にしやすくなりました
レンジャーのダッシュは隙が大きく攻撃ができなくなるため移動やアイテム回収時以外は使えませんでしたが、フェンサーはブーストやジャンプ中でも攻撃できるため状況を選ばずブーストやジャンプで移動でき、レンジャーよりも機動力に優れています
ただでさえ接近戦での攻撃力が桁外れなのに、その上機動力も高いとレンジャーの立場がありませんねw

あと、アーマーが高いというフェンサーの強みを活かして盾も持たずにコロニストの集団に突っ込みブラホでヘッドショット狙うのが楽しいですw
敵を倒すたびにこまめにアイテムを取っていれば、アーマーの最大値が高い分回復量も大きいのでよほどのことがない限りアーマーが赤くなることはないんですけど、ウィングダイバーだととっくに死んでるんだよなあw
ミッションが進んで攻撃が激しくなるとこんな無茶もできなくなるだろうから、シールドを構えながら進むなど対策をしていきたいですね

拍手[0回]

表題の通り、ウィングダイバーでHARDの全ミッションをクリアできました

前作から武器の性能が大きく変更されたウィングダイバー
最後まで使わなかった種類の武器もかなりありますが、一番使い込んだのはLV42のデスト・ブラスターFでした
射程がそこそこあるのに威力減衰がなく、全弾ヒット時の総ダメージが高い上連射性能にも優れるという万能っぷりでした
レンジャー使用時に拾ったものなので終盤ミッションで再入手するまでカスタム値が高くなかったですが、それでも十分実用レベルの状態で持ち込めたのは大きかったです

あと、ドラグーンランスでコロニストやアンカー、輸送船に突撃して沈めるのが楽しかった(^^)
コスモノーツはアーマーを先に破壊しないと本体へのダメージが無効化される仕様のせいでワンパンできなかったのが悔やまれます
そしてコスモノーツはエイム力が高く、空中に逃げても正確に狙い撃ちしてくるのでウィングダイバーの機動力も生かせず、正面からの撃ち合いになるとアーマーの低さが致命的になります
なので終盤、遮蔽物のない場所でコスモノーツが集団で出現してくるミッションは非常に苦戦しました


ラストの2ミッションですが、クリアするのに合わせて2時間近くもかかってしまいました
前半のコマンドシップ戦は、ウィングダイバーは長射程で強力な武器が少なく、最初はMONSTERを持って行きました
最初の砲台はワンパンできるので十分戦えたんですが、段階が進むと起動する強力な砲台はワンパンできないようで、チャージに約1秒かかるため連射も効かないことから砲台の処理が追い付かずレーザーに呑まれてしまいました

そこで今度はスターダストキャノンを使用
射程がMONSTERより短いため攻撃が届くか不安でしたが、輸送船や砲台、コマンドシップにも攻撃が届いたので問題なかったです
弾が拡散するため全弾命中させることは難しいですが、総ダメージはMONSTERを上回ることと、砲台やコマンドシップなど当たり判定が大きい相手だったので接近すれば内側の砲台もワンパンできたのは大きかったです
ただ、コマンドシップを攻撃する前に増援で出現するコスモノーツの集団に瞬殺されることもあったり一筋縄ではいかなかったですけど…


そしてラスボス戦はでかい相手が単騎だけなのでドラグーンランスとレイピアで近距離戦を挑んだんですが、増援で出現するコスモノーツの集団に蜂の巣にされて何度もやり直ししました
単騎なら圧倒できるのですが、コスモノーツは味方が攻撃されると攻撃をした対象にターゲットにする性質があり、ほぼ確実に1人対集団の戦いになります
そんな中接近戦を挑むと全方位から集中砲火を受け、敵を視界にとらえる間もなくやられてしまいます
なので中距離から射撃し、敵集団を常に視界内にとらえることがポイント
一方向からの攻撃なら、ウィングダイバーの機動力である程度回避可能です
レンジャーでは回避不能だったラスボスの攻撃も、ウィングダイバーのブースト連打なら回避できるのは大きいです

初期配置されているEDFはめちゃくちゃ弱く、敵の攻撃を受けると一瞬で死んでしまうのですが、いなくなると敵のターゲットが全てこちらに向いてしまうので、ラスボスの注意をこちらに引きつけたり、攻撃モーションを確認したら足を破壊して攻撃をキャンセルさせるなど、味方をなるべく大事に生かそう
コスモノーツの増援は計3回出現し、2回目出現後しばらくするとストームチームが援護に駆けつけてくれます
彼らは初期配置の隊員と違って十分なアーマーを持っているので、コスモノーツが出現したらビルの裏に隠れて時間を稼ぎ、ストームチームが来て敵の注意が逸れたら各個撃破後味方と合流
ここまで来たらほぼ勝利が決まります


総プレイ時間は83時間 ウィングダイバーでの攻略に予想以上に時間がかかってしまいました 今回の所要時間は27時間
ウィングダイバーなら最速でクリアできるはずだったんですが、なんとレンジャー使用時よりも時間がかかってしまいましたorz
難易度がHARDのため、無策で敵に突っ込むとあっさり死ぬので速攻クリアが狙えるミッションは限られたこと
そしてアイテム回収に関して、今作のレンジャーはダッシュでの回収範囲拡大に加え、サポート装備で非ダッシュ時でも回収範囲の大幅拡大が可能だったため、ウィングダイバーよりもレンジャーの方が楽だったかもしれないことが、時間がかかった原因と考えられます
長距離移動ならウィングダイバーの方が圧倒的に有利ですが、地表すれすれでブーストしないとアイテム回収ができないほか、死体に埋まったアイテムを回収するのにも苦労したので、前作よりも回収しやすくなったとはいえ、レンジャーほど大幅な時間短縮にはなりませんでした

拍手[0回]

3周目となる今回は、HARDをウィングダイバーでプレイします
ウィングダイバーを使うのは今回が初めてです

レンジャーで2周プレイした間にウィングダイバーのアーマーや武器もかなり手に入れてしまっているのですが、高LVの武器はカスタム値が低く一概に性能が良いとはいえず、アーマーもウィングダイバー初期値の3.5倍以上ですが、レンジャーと比べると1/3しかないので、敵から攻撃される前に倒すという先取先制の戦術が求められます
その辺の基本的な戦術は前作と同じなのですが、今作ではウィングダイバーのアクションが追加されたり、サポート装備によるエネルギータンクの容量の変化、そして性能や射撃方法が変更された武器も多数あるため、前作とは使い勝手が全く違っており、同じ兵科とは思えないほどです


チュートリアルがレンジャーの時と内容が変わっており、新アクションのブーストも練習できる まず新たに追加されたアクションがブーストという瞬間加速で、使用方法はレンジャーのダッシュと同じL3
これを使うことで元々機動力の高かったウィングダイバーが更に高速で飛行できるようになった

しかしレンジャーのダッシュは直進しかできなかったのに対し、ウィングダイバーのブーストはL3を倒した方向にスライドできる
ニュートラルのまま押し込むだけだったダッシュに対し、ブーストはスティックを傾けながら押し込むという、他のゲームでもほとんどやったことのない入力が必要なので操作が難しいです
まあよほど緊急時でない限り左右や後方へスライドする必要性はないから、普段は左スティックで方向を変えてからニュートラル押し込みで直進すればいいでしょうけど

そしてウィングダイバーの武器にはレンジャーと同様距離による威力減衰という前作にはなかった仕様が取り入れられているだけでなく、残弾数に応じた威力減衰も実装
残弾数が残り少なくなるとほとんど使い物にならないくらい性能が落ちるため、レンジャーのようにマガジンが空になるまで射撃するのではなく、敵との交戦中であってもわずかな隙を見つけて頻繁にリロードをするという、状況に応じた瞬間的な判断力が求められます
その代わりリロードは持っていない方の武器でも行われるので、リロードしたらすぐに武器を持ち替えることで、リロードを待たずに継続して攻撃が可能
これは前作でも有効だったテクニックですね

そして複数の系統の武器が、トリガーを引いている間エネルギーをため、離すと射撃が始まるというチャージ式の攻撃方法に変更
これは前作ではなかった新システムで、リロードがない代わりに射撃前にエネルギーをチャージしなければならないため扱いが難しい
敵の射程内に入る前にあらかじめチャージしておき、敵に気付かれる前に最大火力を叩き込むという奇襲攻撃で真価を発揮するものの、乱戦時はチャージ中に大きな隙が生まれるのであまり得意ではない

このように射撃方法の変更や威力減衰の仕様が加えられたため、前作と同名の武器であっても使い勝手が全く変わってしまった武器が多数あります
一概に扱いが難しくなってしまったというわけではなく、逆に使い勝手が良くなった武器もあります


新たに導入されたコアは、ウィングダイバーの戦闘力を左右する重要な装備 また、レンジャーと同様に今作では3つ目の装備スロットにサポート装備を装備することが可能に
ウィングダイバーはここにコアを装備することになり、これが無ければエネルギーの生成ができなくなるため、レンジャーと違って装備を外すことはできない
コアのLVが高いほどエネルギー容量が増加
高LVの武器になるほど消費するエネルギーが増えるため、コアの性能が低いと強力な武器を使用した時緊急チャージに陥りやすくなってしまう
つまり、コアの性能がウィングダイバーの戦闘力に直結しているというわけだ
他にもコアの性能によってブースト時の加速力や武器へのチャージ時間短縮など様々な機能が付随しているが、基本的にはエネルギー容量の大きいコアを装備しておけば間違いないだろう


前作とは使い勝手が全く変わってしまったウィングダイバー
前作と同名の武器でも性能が全く別物になっているものもあるので、難易度が低い序盤のミッションで色んな武器を試してみるしかない
とはいえ、上位互換のあるシリーズはあえて下位の武器を使うメリットはないので、LVの低い武器は使用する機会を失ってしまったなあ
レンジャーの時みたいにNORMALから順番に武器を集めていってれば初期武器も使ってたんだろうけど、ウィングダイバーで攻略中に新しい武器を入手する楽しみが減ってしまったのは残念
そういう時はセーブデータを兵科ごとに分けてプレイすべきだろうけど、それだと総合達成率が伸びないからトロフィーが取れないという(~_~;)

まあ、武器のことはどうしようもないので手元にある武器を最大限活用し、ウィングダイバーの機動力と超火力を堪能しよう
4.1と同様、使いこなせばミッションの色んな段階をすっ飛ばして速攻クリア出来たり、他の兵科では真似できない奇抜な戦術が可能となる
レンジャーの時はNPCと歩調を合わせて慎重に攻略してたけど、ウィングダイバーはNPCを連れずに単騎で突撃して敵部隊を壊滅させるのが快感です!
今更過ぎるが前作よりも肌の露出が増えたため目のやり場に困る(ゲス顔) やっぱり短時間でクリアできてしまうウィングダイバーは最高ですね
もちろん無策で突っ込むとすぐ死んでしまうので、状況を見極めてヤバそうならすぐに後退して後続のNPCに敵を押し付けたり回復アイテムを取りに戻るなど臨機応変に

戦術関係なしに暴れるだけでクリアできてしまうミッションが多くヌルゲー度が増してしまっていますが、しばらくは難しいことは考えず淡々と攻略を進めていくことにします

拍手[0回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
3
7 8 9 10 11
15 16 17 18 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード