主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
戦ヴァル2は12月のストーリーミッションでラスボスのバルドレンを撃破して本編をクリアした
 
ラストステージの敵兵士は迎撃能力が高くないので突撃兵などでも強引に進んで拠点を占拠することが可能
そして1ターン目でバルドレンのいるエリアの連絡拠点を占拠
するとエネミーフェイズにバルドレンが拠点を奪い返してくるので、次のターンに再度連絡拠点を占拠すると、バルドレンのすぐ横に出撃できるようになる
そしたらあとは戦車と剣甲猟兵で挟んでフルボッコすれば2ターンで楽勝クリア
2つ前のミッションのディルクより弱かったな
バルドレンの攻撃は軽戦車の装甲や技甲兵の盾で防げるけど、供給車両がついているディルクは装甲を貫通してダメージを与えてくるからとんでもない火力だったよ
 
でもどちらにしても構えから射撃への迎撃動作が遅いので、「だるまさんが転んだ走法」で迎撃受けることはないし、ディルク戦ではそれを利用して背後のスイッチまで行き供給車両のいる扉を解放
中にいる供給車両を破壊したら同じく戦車と剣甲猟兵で挟んでボコれば1ターンで撃破できた
 
さて、今作はクリア後がけっこう長いので、引き続き楽しむとしよう

拍手[0回]

戦ヴァル2は8月まで進み、プレイ時間は28時間

突撃兵や対戦車兵は使用頻度高いから全員クラスメイトミッション発生させたんだけど、支援兵は固有能力が必要な場面が少なく、いなくてもミッションクリアできるので出撃回数が減ってしまい、未だに一人もミッションを発生させられてない
単位が揃わなくてクラスチェンジもできないし、困ったもんだ
 
7月のストーリーミッションでは敵指揮官のユリアナを撃破することがクリア条件
ユリアナは剣甲兵なのに移動力が高い上1ターンに3回行動し、歩兵ならば一撃で撃破できる大剣を装備しているなどの無双っぷりを発揮する
しかしユリアナは迎撃手段を持たず、視野も通常の剣甲兵と変わらないため、こちらの陣地に誘い込めば背後を取って挟み撃ちするのは容易い
戦車、剣甲兵、突撃兵、何でもいいのでバックアタックからのヘッドショットで袋叩きにしよう
 
8月のミッションからは各単位のⅡとⅡ・優が標準的に得られるようになるが、最上級兵科は必要な単位の種類が多いのでクラスチェンジできるのはまだ少し時間がかかる
しかし敵兵には普通に最上級兵科がうじゃうじゃ配置されているのでミッションの難易度が急に上がり、慎重な攻略が必要となる
その分貰える経験値と資金もぐんと増えるけどね

拍手[0回]

2月になると車両ユニットが使用可能になる
序盤は敵の数やエリアの数が少ないので、装甲車のキャリーを駆使すれば1ターンでクリアできるミッションも少なくない
ただ、車両ユニットで敵を倒しても単位が得られないし、1ターンでクリアするとどうしても少数のユニットしか単位が得られないので、今後のことを考えなるだけ歩兵ユニットで敵を倒させ、単位を稼ごう
 
2月のストーリーミッションをクリアすると初めて初級修了書が得られ、これで上級兵科へクラスチェンジできるようになる
クラスチェンジする前は同じ兵科のユニットが多くいることになり、ユニットごとの差別化が出来ないためプレイヤーの気分と好みで出撃ユニットを選ぶことになるが、クラスチェンジするユニットが増えるにつれユニットごとの固有能力で差別化できるようになるので、戦略的に出撃ユニットを選択できる
自軍の戦力を強化するためにも早めにクラスチェンジできた方が良いので、初級修了書を取得できたユニットで不足している単位がある場合は、クリア済みのミッションに出撃させるなどして補わせる
 
1月のミッションでは敵のHPが低すぎて手ごたえ無かったけど、3月のミッションでは敵軍の中に上級兵科が出るようになるので、こちらの戦力が低いうちは突撃兵の火力が主体となる
 
3月のストーリーミッションは敵軍にV2が初登場するミッション
この段階の自軍の戦力では、V2のエネルギー供給車両を破壊したとしてもV2を撃破することは困難なので、自軍の装甲車を目的地に移動させることを最優先に行動し、無駄な戦闘は避けよう
供給車両を破壊できればV2の攻撃力は低下し、装甲車の前面装甲なら1ダメージしか受け無くなるので、V2の弾幕を突破できるようになる

拍手[0回]

アイマスSFのプレイは一区切りついたので、前からやりたいと思ってた戦ヴァル2をプレイしたいと思います
戦ヴァル2をやるのは2年ぶりです
2周目と言ってもクリアデータを引き継いでの周回プレイは存在しないので、まあ普通にニューゲームから始めるという事で


序盤は味方の武装が整っておらず、特に味方の命中精度が悪くて突撃兵なんかはヘッドショットを狙おうにも弾が散ってしまい数発しか当たらない
しかし序盤は敵のHPが2桁しかなく、また普通に攻撃しても回避されることはまずないので、数発弾が外れても倒せる
味方の学生たちは初期LVでも普通にHP3桁あるのに、戦闘経験のある反乱軍がそれの半分しかないとかどうも納得できないんだけど、これ難易度低すぎやしないかい?
最初の難易度選択では確かにノーマル…だったかハードだったか忘れたけど、初心者向けじゃなく経験者向けの難易度を選んだはずなんだけど
 
それにしても今作はただ戦争をする物語ではなくて学園生活がベースになっているから、ミッションの合間に発生する仲間たちの他愛ない会話を見るのが楽しい
G組はあまりにも個性がありすぎて最初はまとまりのない自分勝手なやつらだけど、戦いを通して互いの信頼関係が生まれ、戦友として成長していくのも戦ヴァルシリーズ伝統の面白さだ
特に今回は学生の部隊だから自軍の平均年齢がシリーズで最も若いのもキャラの魅力を引き立てていると思う
年寄りを参戦させても何もときめかないからなw
しかも真面目な話、自軍の男女の人数を数えてみると女性の方が多い!
気のせいではなくて本当に、なぜか女性の方が多いんだよなあ
 
序盤は全員下級兵科だし同じ兵科ならだれを使っても戦略上全く問題にならないからどうしても自分の好みのキャラを使ってしまいがち
全キャラまんべんなく使っていって早めにそれぞれのキャラクターミッションを発生させていきたいところだけど、最初は気にせず好きなキャラ使っていけばいいか
 
シナリオは2月の最終ミッションが発生した段階、プレイ時間は4時間です

拍手[0回]

プレイ時間133時間…クリア後を含むゲーム中の全150ミッションを全てクリアしました

飽きたーーーー!!!

やりこみ要素としてはまだ、全ミッションSランククリア(無理!)とか全兵器購入、全ポテンシャル習得など色々あるんですが、もういいや!もーこれで終わりにします!

しかし最後のハードミッション2はほんとにハードでした
攻略情報なしの初見ではまず詰んでしまうので、攻略本で事前にチェックして、それでも何回もやり直して、1ミッションクリアするのに1時間以上かかる所もありました

そして最後の150番目のミッションは護送車両の目的地到達が勝利条件なのだが、最初の目標地点に到達するとイベントが発生、目標地点が遠く離れた場所に変更になるという掟破りのミッションだ
重装甲兵やトーチカなど、強力な迎撃能力を持つ敵はいないのでルート取りを間違えなければ進軍するのは難しくない
エリア効果の夜で視界が悪く、敵の配置が分からないが、クルトのオーダーで敵の位置を発見状態にすれば、エリア効果を逆手にとって敵の視界外から不意打ち攻撃ができる
あとは敵指揮官のダハウとジグに注意するが、ダハウは目標地点から離れたエリアにいるので、さっさと護送車をエリア移動させてそのまま逃げ切るのも手だ


さあて、4カ月以上かかったけどようやく戦ヴァル3が片付いたので、さっそくアガレスト戦記始めますよ~!
といっても向こう1週間はしばらく忙しくなるので、今日からプレイするのはちょっと厳しいかも~
明日からだね、うん、明日から!

拍手[1回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
5 7
11 13 15
19 22 23
25 27 28 29 30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、デレステ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいため対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[05/30 たけ]
[05/28 たけ]
[03/31 NONAME]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
P R
バーコード