主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
C94最終日から一夜明けましたが、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!
本当は昨日中に更新したかったんですが、体がもう限界で早々に寝ることにしたんですよ
いやはや、今年も凄まじかった
身体がぶっ壊れるかと思いましたもん
先に大きい紙袋に物を入れ過ぎてそっちが破れてしまったんですがww

ただ、今年は開催日通して曇り空で、日差しはきつくなかったし気温も低かったことから、例年と比較してかなり快適な方で体力の消耗を抑えられたのが助かりました


私は2日目の正午に現地入りして東と西、企業ブースを回り、3日目に東のみを回るというスケジュールでした
さらに、2日目の夕方からは新宿のVR ZONEでデレマスのBrilliantParty!に参加

ステージに出てくるのはNGの3人で、生身ではなく映像なのですが、あたかもプロデューサー達の反応に応えてくれているかのようなリアクションをしてくれて凄かったです
ひょっとしたらこちらが何もしなくても同じアクションをしていて、たまたまこちらのアクションと偶然かみ合ってコールアンドレスポンスになったように見えたのか、それとも会場の反応を見て裏にいるスタッフが動作を変えていたのか、仕組みはわかりませんでした

公式HPで紹介があったように、公演中はこちらのリウムの色によって5つの質問の中から一つが選ばれ、それを3人分繰り返します
当然、1回の公演で答えてくれる質問は1つだけなので、最低でも5回、公演に参加しないと全ての解答は聞けません
もちろん、プロデューサーが決めるとはいえ、会場の参加者全員の意志で決まるので自分が希望する質問になる保障はないですね
ほかにも、NG3人のうちソロ曲を誰が歌うのかによっても3パターンに分岐します
要するに繰り返し楽しめるということですね

後半にハッピーバースデーのコーナーもあり、しぶりんの誕生日が8月10日だったのでまさかそれに合わせた今だけのサプライズなのか!?と会場がどよめいたのですが、祝われるのはプロデューサーの方だったということでみんなずっこけそうになりましたww

あと、最後の曲として今回の公演のために作曲された新曲が披露されました
開演前にショップで知らない曲のCDが置いてあって、またデレステで新曲が発表されたのかなと思ったら、この公演のための新曲だったんですね
開演前はスルーしてたんですが、なかなかいい曲だったので終了後に購入しました

演者が去った後もプロデューサーのアンコールで戻ってきておねシンを歌ってくれたあたり、実際のライブに忠実だなあと思いました
まあこっちがアンコールしなくても出てきてくれたんでしょうけどw


終わったあとはたまたま近くにいた知り合いとラーメンを食べるなど、有意義な時間が過ごせました


3日目は8時半ごろに駅から降りて待機列へ移動
最近の酷暑と運動不足で体力が落ちていたこともあり、この時点で足にけっこうダメージがきてました
それでも毎年のことなんですけど、他に助けてくれる人はいないし、自分の足で進まないとお宝は手に入らないから、色々限界突破して戦い抜きました
人は悟りを開けば疲労とか尿意とか空腹とか感じなくなるんですよ!
会場に入ってから出るまでの8時間、食事もトイレも一切しませんでしたからね!

それにしても今年はいつも以上に人多かった気がします
コミケはいつもこんな感じだろ、と気にしないようにしてたんですが、実際にTLの反応を見るとやっぱり今年の3日目の人の多さは異常だったようです
正式な参加人数はわかりませんが、そのうち公式で発表されるでしょう

購入した物の数はいつもと同じくらい…だとは思うんですが、ほんとに体力が尽きてしまって、帰りの新幹線に乗る前に秋葉原によることも予定に入れてたんですが、特に目的があるわけではなかったので空いた時間は身体を休めて、寄り道せずにまっすぐ帰ることにしました


戦利品を並べて眺める至福の時!このために毎年苦労して参加していると言っても過言ではない そんなこんなで、途中生き倒れすることもなく無事に帰還できました
無事にと言ったら語弊があるかもしれないが、致命傷を負わず生きて帰れたという意味でw
ぶっちゃけ、あんなに体力を使い果たして身体を酷使し、痛めつけるのは1年の間でこの日だけですよw
もうあんな酷い目には会いたくないと思う一方、また来年も行くんだろうな~と思うあたり、コミケの参加者ってM気質あるよね、ほぼw
今では通販とか委託を駆使すれば苦労せず同じものを手に入れられるのに、わざわざ地獄を見てまで戦場に赴くなんて、やっぱり苦痛を快感が上回ってるんでしょうねw

さて、戦利品の方ですがグッズやバッグは大切に保管しておくとして、大量にある薄い本と分厚い薄い本(笑)は、今年中に全部読み切れないと思いますw

拍手[0回]

皆さんはこの土日はどのように過ごされたでしょうか?

今年の夏コミはデレマスの5thライブ最終公演と完全に被る形となり、私は1日目のLVにだけ参加することに
夏コミの方は2日目の昼からと、3日目の朝から参加することにしていたのですが、例年だと東方が2日目、艦これが3日目だったのが今年はそのどちらもが1日目になっていたのが誤算でした
夏コミの1日目って今まで参加したことないんですよね、確か
まあ最大の目当てのアイマスは3日目で変わらず、なんだかんだで3日目にも艦これを扱うサークルがたくさんあったので、ボリュームとしてはいつもとあまり変わらないかなと

それよりもライブがあることの方が大変で、これによって私のスケジュールがかなりシビアなものになってしまいました
夏コミと同時に他のイベントにも参加するなんて経験今までありませんからね

1日目(土曜)は朝から新幹線で都心へ移動し、そのままビッグサイトへ
その日は一般サークルでは特に目当てのジャンルはなかったので企業ブースを中心に回ったらLV会場となる大宮へ
そこでSSA初日に参加した後は、以前から計画されていたオフ会に参加させてもらうことになっていたのですが、公演が終了した時にはすでに22時になっていて、そこから少し離れたオフ会会場へ行くのに(主にプロデューサーのせいで)交通機関も込み合っていて、結局先に始まっていたオフ会に参加できたのは23時からでした
しかも、終電の時間があるため私はそのオフ会を30分程度で退出

時間に追われ続け、ホテルの部屋でゆっくりする頃には深夜1時前になっていました
なんだかんだで就寝したのは2時頃だったんですが、翌日がコミケ本番だというのにここまで寝るのが遅くなってしまうとは
いつものコミケの日程だと、夕方にはホテルにチェックインして、外食を済ませたら秋葉原で同人誌を買い漁るのが恒例だったんですが、今年は勝手が全く違いましたね
オフ会の方も以前から参加するのを楽しみにしていたので、お話しできる時間がわずかしかなくて本当に残念でした
まあ、皆さんの顔を見れたのと、名刺交換を通じて知り合えたのは間違いなく収穫でしたけどね

翌日のコミケ3日目は朝の8時半に会場外の列に並び、11時過ぎに最初のサークルの列に並んで、14時半に会場を出ました
それから16時にSSA会場に着いたんですが、すでに開場が始まっていたため知り合いと合流できず、特に何もしないまま会場を後にして実家に帰りました


今回思ったのは、コミケとライブの両立には無理があったということですね
体力面は、ライブに参加したのはLVで1日だけだったからなんとかなりましたが、何をするにも時間に追われて、同僚との交流ができませんでした
こちらはあくまでコミケメインで動いていたので仕方ないとは思いますけどね

持ち帰った宝の山を積み上げる!至福のひと時です(^^)まあどんな形にせよ、私は私なりに楽しむことができたし、今年も忘れられない暑い夏を過ごすことができて良かったです!

さて、今回の戦利品、全部読破できるのはいつになるでしょうかw
去年の分は全部読むのに半年以上、いや下手するとまだ読んでない本もあるかもしれないくらいですからねw
ソシャゲ始めてからは本を読む時間取られ過ぎて、ほんと嫌になっちゃいますね(>_<)

拍手[0回]

今月に入ってからモバマスでアイプロ、デレステでグルーヴイベが開催されています
どちらも同ゲームで最もリアルタイムを必要とするイベなので、トトリもテイルズもやる時間が全くありません

しかも昨日今日の土日は代休無しの休日出勤という、アイプロランナーをやる上では非常に不利な状況…
まあアニバアイプロほどではないから休日が無くても上手く時間を作れば上位入賞は可能ですけどね

FEヒーローズですが、いい加減レベル上げにも飽きたので今月に入ってからはスタミナはほぼ溢れっぱなしで、闘技場の対戦剣のみ消化してあとはほとんど放置になってしまいました
3月に入ってからはミッションが更新されたのでちょいちょい進めてる程度です
数日後には初のイベントが開催されるようですが、モチベが出るかどうかは報酬次第ですね
あとはガチャ更新が14日なので、それまでに貯まったオーブで☆5が引けなかったら課金で回すので、それで☆5を確保したらレベリング作業に入ろうかと思ってます

艦これの方は先月中旬から末日にかけて冬の期間限定海域の攻略に取り組んでいて、それが終わった今月からは新艦娘の育成と新任務の消化にかかっています
何をするにしても艦これは時間がかかるゲームですが、戦闘中はオートで進行するので、デレステやモバマスのイベと常に同時進行させています
逆に言うと艦これだけを単独で回していることはほとんどないということです
ながら作業がすっかり習慣になってしまってますが、かなり以前からこのスタイルですね

最後にもう一つ、去年の夏からプレイしていた編隊少女2月一杯で引退しました
戦闘にランダム要素がほぼ皆無なので、パターンが決まったら同じ手順を繰り返す単なる作業ゲーになってしまって、それはもうテイルズをプレイしながらでもイベントを走れるレベルのルーチンワークでした
ぶっちゃけストーリーもキャラもあんまり好きじゃなく、使い切れないほどのアイテムを消化しながらなんとなく続けてたんですが、半年以上もよく続けてたもんだなあ

拍手[0回]

今更なんですが今日、暇を持て余していたので映画君の名は。を観ました
いや、マジで良かったです、傑作
色んな感情が混ざり合ってて、とても一言では言い表せません
敢えて言うならこれを創った監督は天才だ、ということです
twitterにでも感想を書こうかと思いましたが、短い文章ではとてもまとめられる気がしなかったので、忘れないようにここに書き残しておくことにしました、主人公の二人がそうしたように

前評判はニュースやラジオで見聞きした程度で、話の内容とかは予習してきませんでした
ただ、主人公の二人の心と体が入れ替わるってことだけで、そこから話がどう展開するのか知りませんでした
それがまさか、中盤で想像だにしない衝撃の事実が…あ、詳しく書くとネタバレになるから控えるけど、もう放映からだいぶたってるし、私のこの感想を見て今から観てみようと思う人なんていませんよね?

物語は三葉と瀧の二人が主人公なのですが、実際は三葉in三葉・三葉in瀧・瀧in瀧・瀧in三葉の4パターンがあって、場面が頻繁に切り替わります
最初はしばらく場面が切り替わったことについていけず混乱しました
しかも、この不思議な現象は空間だけでなく記憶と記録、時間まで超えることとなり、どんどんスケールが壮大になっていきます

人の記憶は曖昧です
誰かに説明しようとしても、それを確かめることは本人でさえ難しい
確かにそこにあったはずなのに、それを証明するものが目の前で消えてしまうのを見てしまうと、そんな超常現象を目の当たりにしてしまうと、あの出来事は全部夢だったんじゃないか?自分の頭の中だけの妄想だったんじゃないかと、そう思うしかないじゃないですか
普通はそこで諦めると思いますが、主人公はそこで諦めなかったから、奇跡が起きたんでしょうね

消えかかっていく記憶をつなぎとめるのは本当に難しい
だから私も、この気持ちが消えてしまう前に、この気持ちが嘘や妄想になってしまう前に、こうして書き留めることにします
私がブログを続ける理由はまさにそれで、自分が感じたこと、生きている証を形にして残したいと、いつもそう思ってるんですよ
でも本編のあのシーンみたいに、確かにあったはずの記録が突然無かったことになるのはリアルでも起こらないとは限らないですけどね
明日にはサーバーがクラッシュしてこのブログが跡形もなく消えるかもしれないし、隕石が落ちてきて死ぬかもしれない(流石にそれはないか(^^;)

途中なんやかんやあったのは省きますが、終盤にもうダメなんじゃないか、このままバッドエンドで終わるんじゃないかと悪い方向に考えましたが、そこからノーマルエンドの兆しが見えて、最後の最後はグッドエンドを取り越してパーフェクトエンド!!やってくれました、一番望んでた結末を迎えてくれて心の中で「やったあー!」って叫びました(≧▽≦)
もーー最後の最後に「「君の名前は。」」というタイトル回収キタコレwでしめてくれたところが本当に美しかったです

私が伝えたいのはこんなところかな?
何度も観に来るリピーターがとても多いというのを聞いたんですが、1回観てみてわかりました、私もまた機会があれば観たいです
次は絶対、最初観た時とは違う発見と感動があるはずだから

拍手[0回]

昨日まで開催されていたコミケに参加された方々、本当にお疲れ様でした!

私がコミケに参加するのはこれで5回目、1年半ぶりとなります
私は現地へは一人で向かったのですが、今回は以前よりモバマスやTwitterで交流があった方とお会いすることになっていたので、買い物以外にもそちらを楽しみにしていました
なので、いつもなら欲しい商品、気になるサークルをチェックしてそこを効率よくまわれるようプランニングするのですが、今回はそれほど欲しいものが無かったので、まわりたいジャンルが固まっているエリアを事前確認するだけにして、あとは自分の目と足で買い物を楽しむことにしました


素晴らしき戦利品の山! その結果がこれです、画像を見ていただければ察してもらえるかとww
まさかの、まさかの資金切れで最後までまわりきることができませんでしたww
いや、最後の列で資金切れになったのでギリギリセーフ、じゃないな、欲しいものを全部買えなかったのでギリギリアウトでしたwww

資金は余裕をもって前日におろしてきたのですが、まさか全て使い果たしてしまうなんて、こんなことは初めてでした!
もう100円以下の小銭しか残らなかったのですが、帰りの電車賃やチケットはあらかじめチャージ、確保していたので、現地から帰れなくなるなんて間抜けなことにはなりませんでした(^^;

やっぱりね、こういうのはあらかじめ計画立てておかないとダメですね
でも、計画立てずにその場の雰囲気で衝動買いするのが楽しいんですよ、こういうイベントは
だから、事前に想定するべきだったのは、攻略対象となるジャンルの多様化、とでもいうやつでしょうか?
初めてコミケに参加した時は東方だけを目当てにしてたのですが、そこからアイマス、艦これと、年々勢いを増す巨大なジャンルにも手を出すことになったから、増え続けるサークルに対して前回と同じ資金じゃ、そりゃあ対応できないわなw
それが今回の反省点だったかな


ざっくりですが戦果報告をしますと、現地で投入した資金はおよそ75,000¥

同人誌はコピー本から総集編まで含め合計71冊、その内100P超えの総集編は24冊で、総ページ数は5226Pでした!
1日100Pずつ読んでも2か月弱ですか!?
いやーー無理無理、2か月どころか年内に全部読めないかもしれませんww
毎回の事だけど、買った後の事なんて考えてませんからねw

あと、同人CD東方系のを5枚購入
上海アリス幻樂団の新作CDも欲しかったのですが、あいにく完売してました(^^;

グッズでは今回の戦利品で最高額となる森キノコ先生の未央法被のほか、ぴにゃこら太キャップと安斎都のぴにゃこら太Tシャツを購入しました♪
3日目はぴにゃキャップとTシャツを着用しての参加でした(^^)


以前よりも同人CDの枚数が少なくなった分、同人誌の冊数は過去最高となりました
以前までだと、毎回コミケ遠征に行くときはホテルに泊まる日に秋葉原で宝探しをしてそこでも結構、既刊などでお金を使ってたんです
ですが今回は知り合いとのお付き合いで秋葉原を散策する時間は取れませんでした
にもかかわらず、現地での出費だけで過去最高金額を使ってしまうとは、いやはや恐ろしい…じゃない、楽しい時代になったもんです(´∀`)


尽きることのない話題で、食事も一層美味しく感じられました! そうそう、今回は2日目に現地でお会いした方3人(私を入れて4人)でプチオフ会みたいなのを行いました♪
いずれの方もゲーム内やTwitterなどでお見かけした、もしくは交流のある方なのですが、その経歴に驚かされまして…
某s5プロダクションのソ廃でニコ生主だったり、最近のイベントで全一を取られた方だったり、そんな伝説を作った方が、本人が目の前に!?と信じられないような面子だったのですが、話してみれば私と変わらない人間なんだなってw 冗談とかお世辞抜きに、本当に話しやすい方達で、あっという間に打ち解けることができました♪
普段の生活で知人と話すことがほとんどない私と違って、ニコ生主をやってる方は話し上手で話題も尽きることが無く、とても楽しい、素晴らしい思い出になりました(#^^#)


3日目にはアイマスジャンルのメインが配置されるということもあり、昨晩のメンバーに加えてさらに多くの同業者の方とお話しすることができました!
憧れのあの人、今や伝説となった人、有名人が多すぎて、あれ、なんだこの空間は!?みたいな、ちょっと現実離れした光景がそこにはありましたw
しかし、そんなコワチカ有名な方でも快く私との名刺交換に応じてくださり、その時受け取った名刺を今見返してみると、あれは確かに現実でお会いした本物、本人だったんだなあと実感できます


というわけで、夢のような時間はあっという間に過ぎて、現在に至ります
先週金曜から艦これイベが開始したからそれを攻略するのと、今週にはテイルズオブベルセリアが発売するなど、今まで以上にやらなきゃいけないゲームが増えて完全にキャパオーバーなんですけどww
うーんどうしよう、今やってるゲーム終わらせてからベルセリア始めようかな?
でも新作は発売日からプレイしたいし、うーん悩む(;´Д`)

え、同人誌?あ・・・年内に読み切るの、無理だと思います(笑)

拍手[1回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 4 6 8
12 13
18 20 21 22
25 26 27 28 29
30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード