主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね

7章のシナリオイベントに関してですが、主人公は王の信頼を得るためにたった一人で氷の部族の村へ行き任務を遂行することになります
当然兄妹たちは主人公を危険にさらすわけにはいかないと反対し、心配した兄のマークスは弟妹やその臣下に主人公を助けるように手引きした
これだけでも、暗夜ルートにおける暗夜の兄妹は主人公の味方だということがよくわかります
白夜ルートでは終盤で和解する場面はあっても基本的には主人公を排除しようとする敵だから、そのギャップに驚かされてしまいました
実はみんなとってもいいやつで、頼りになる家族なんです
彼らとだったらガロン王の圧力にも耐えて、その企みを打ち破ることだってできるかもしれない
支えてくれる兄妹がいるからこそ、主人公は暗夜王国に戻ってこれたし、暗夜ルートが辛いことばかりではなくなります
実際戦闘能力も白夜の兄妹よりも上ですからね
全員が揃ったらできないことはない気がします
序盤は戦闘のできない天使エリーゼが主人公についてきてくれますが、他の兄妹のマークス、カミラ、レオンが合流してくれる時が楽しみです

8章は白夜ルートの氷の部族の村とほぼ同じだが、民家訪問時の挙動が異なる
さて8章は氷の部族の村での戦闘です
白夜ルートでも全く同じマップがありましたね
どっちのルートでもフローラと戦うことになるなんて悲しいなあ

相変わらず白夜ルートに比べると敵の数が多く、しかも増援の数も多いので暗夜ルートの難易度の高さを思い知らされます
え~~ボスが上級兵種なんですけど!? まるでハードでもやってるかのようですが、これでノーマルですからねw

暗夜のほうが難しいというのは白夜と違ってフリーバトルがなくユニットの育成が出来ないからだと解釈してたんですが、まさかここまで露骨に難易度が高いとは思いませんでした
まあ白夜の序盤がちょっと簡単すぎたっていうのもあるので、エムブレマーとしてはこれくらい手応えがある方が面白いんですけど
この章では民家の訪問数でクリア後の報酬が変化 5つ全てを訪問するのは事実上不可能
それに敵の数が多い分フリーバトルをしなくてもユニットは十分育成可能で、従来シリーズのような武器の使用回数を気にすることもないので、敵は残らず倒して少しでも経験値を稼いでおくのが良いかと
ただし、武器の使用回数の概念が撤廃された代わりに武器の価格がかなり高めに設定されており、仲間全員分の武器をそろえようとすると金欠になってしまいます
レオンの臣下のオーディンとゼロが駆けつけてくれた!どちらも貴重な間接攻撃要員だ 白夜ルートではフリーバトルで資金を稼げたのでお金に困ることはなかったんですが、出撃させる仲間を厳選し、限りある資金を上手くやりくりする、ここも暗夜ルートの悩みどころであり重要な戦略のひとつですね


氷の部族の信頼を得て、フローラも死なずに済んで良かった このマップ、白夜ルートだと民家を訪問すると増援が出現しましたが、暗夜ルートでは逆に訪問すると増援を阻止でき、訪問した数によってクリア後の報酬が変化するとのこと
しかし敵の中には民家を訪問して回る特殊なユニットが配置されており、規定ターン数までに撃破しなければ先に訪問されてしまいます
ガロン王が主人公の活躍を認め褒めてくれた 意外すぎる、ガロンにも父親らしい一面があるんだな初見だとどの敵が何ターン目に訪問するのかわからなかったので、最高の報酬は得られませんでした
 
白夜ルートではフローラと悲しい死別をしてしまったけど、暗夜ではフローラは心を入れ替えて主人公に忠誠を誓うことになりました
あ~~もういちいち可愛いこと言うなあエリーゼは!こっちもにやけちゃうよ(゚∀゚) 暗夜の方がグッドな結末になることもあるんですね
これはフローラも仲間になってくれるのか?と思ったけど今はまだのようですね
この先どうなるかはわかりませんが
 

 砦の奥にはアクアが!しかも最初から自軍ユニットとして操作可能!なぜ!?9章は白夜ルートでもあったマップの黒竜砦
白夜では蘇生しかけの黒竜の体内だったけど、暗夜では普通の砦が戦場です
普通の砦というには中がボロボロすぎる気もしますがw

この章では白夜王国にいるはずのアクアが仲間になります
自軍の初期配置の近くにはその他軍のニュクスが 主人公で話しかけると仲間になるぞ 主人公が暗夜王国についたことで、暗夜出身のアクアを排除しようという動きが白夜王国内で出ているようだ
あの平和を重んじる白夜がそんな野蛮な行為をするなんて、主人公の選択が運命を悪い方向に変えていっているようだ
それにしても、再行動できる貴重なユニットが暗夜ルートでは仲間にならないと思ってただけに、この展開は戦略的にも嬉しいです

プレイ時間は6時間30分
えーー、壊せる壁!?そんなの白夜ルートにはなかった気がするんだが… 宝箱からはアクアの初期装備が手に入る 護身用に貰っておこう 白夜王国でそんなことが起こっているとは…不穏な空気だ 会ったばかりなのに姉だとわかるなり大はしゃぎのエリーゼ 天真爛漫だなあ











拍手[0回]

2周目はマイユニットを男性にします 1周目に白夜ルートを選択したので、2周目は暗夜ルートをプレイします!
難易度やモードはそのまま、ノーマルのクラシックです

2周目以降は最初からではなく、ルート選択がある6章から開始することが可能
難易度そのままならルート分岐するまでは同じ内容のはずなので、プレイ時間短縮のために分岐点から開始します

ただその場合、分岐点までの章で得られるはずの経験値やアイテムの扱いがどうなるのかはわかりませんけど
烈火の剣の場合、リン編を飛ばすとリン編に登場するキャラのLVが初期状態のまま全く上がってないので攻略が多少苦しくなりますが、ハードモードでない限り詰むほどきつくなることはありません
なので今回も序盤を飛ばして主人公のLVが1のまま途中から開始になっても問題はないかと思います


例え血の繋がりがなくても主人公にとっては暗夜が家族 家族を裏切ることは出来ない ルートを選択する際ですが、客観的に見ると暗夜王国が侵略者で、白夜王国が正義というイメージなので白夜につく方が理にかなってます
しかし主観的に見て家族のつながりはどうかというと、昨日今日出会った人達に、実はあなたの母親だとか兄妹だとか言われてもすぐには信じられないし、それよりも自分が育って共にすごしてきた身近な人間の方がよっぽど信頼できる
人情としては昨日出会った知らない人よりも10年前から一緒に過ごしている家族のそばにいたいと思うのは当然なんじゃないか?

第3者からしたら正義の味方をしたいと思うのは当然なんですけど、暗夜ルートは正義ではなく自分の感情を信じて進むルートなんだということで納得しました


えー!?1周目は無限渓谷にフェリシアは来てなかったはずだが、どういうこと? んで6章でルートを選択したあとの戦闘ですが、始まる前にフェリシアが合流
1周目の時はジョーカーが合流したはずなんだけど、彼女が言うには無限渓谷で離れ離れになったとのこと
あれ~?1周目はその時もジョーカーだったはずなんだけど、なんでそれがフェリシアに入れ替わってるんだ?
もしかしてカットした序盤の展開が1周目と違ってたのか?
ルートを選択した後で、白夜ならジョーカー、暗夜ならフェリシアが加入するのはわかるんだけど、選択する前にすでに私の行動が読まれていたというのか…?

 あ、もしかしてジョーカーとフェリシアはルートで変わるんじゃなくて、主人公の性別で変わるのか!?
今回主人公を男性にしたから異性のフェリシアが序盤からサポートしてくれるのか…そうなんだね!?
うーむ主人公の性別で仲間になるユニットが変わるのは予想外だったなあ


暗夜ではクリア条件が敵4体撃破に変更!同じノーマルなのに最初から難易度が上がってます 白夜ルート6章のクリア条件は敵将の撃破だったんですが、暗夜ルートでは敵4体撃破に変更されています
つまり、白夜では敵将のマークスを倒すだけで退いてくれたんですが、暗夜ではリョウマ以外の兄妹も倒さなければなりません!
白夜の兄妹は最初から上級兵種なのはリョウマ1人だけなのですが、暗夜はマークス以外にもカミラ、レオンも最初から上級兵種なため戦闘力はこちらの方が上です

無抵抗なサクラも容赦なく撃破!自分でやってて心が痛い(:_;) リョウマとマークスの一騎打ちに関しても、白夜ではリョウマが追撃できたため圧倒的に有利だったのが、暗夜ではそれが無くなっているため、リョウマが弱体化か、もしくはマークスが強化されていると思われます
この状態なら普通に戦ってもリョウマの撃破は可能でしょう
暗夜ルートでは…じゃないか、主人公が男性だとマイキャッスルの執事がフェリシアに でもここはマークス以外の自軍に敵を倒させて経験値を稼がせるため、リョウマには攻撃せず残りの味方で白夜の兄妹を全滅させました

白夜では主人公の味方だったのに暗夜ではそれを皆殺しにしないといけないのは、白夜やった後だとほんとに心が痛みます
というか、敵将倒しても戦いが終わらず他の兄妹も追撃させるとか、流石は侵略サイドの暗夜、一切容赦がありません(-_-;)
主人公が再び暗夜に戻ったことに不信感を募らせるガロン王とマクベス 最初から展開がハードだよこのルート(´;ω;`) ええ~~~!!?せっかく主人公は父の元に戻ったのにガロンはすでに主人公を息子とは思っていなかった は?異形神ハイドラなんて、そんなの白夜ルートでは出てこなかったぞ? あのガロン王があっさりと自分の意見を覆すなんて、ハイドラとは一体何なんだ…!?














序盤から戦力差がありすぎる!これが暗夜の難しさなのか!? 7章主人公とフェリシアの二人だけでノスフェラトゥの大群と戦わなければなりません
フェリシアは後衛から暗器の援護と杖の回復ができるので主人公と協力すれば倒せないことはないけど、これ最初から難易度高すぎませんか!?
データ作成の時に間違ってハードにしてないか、本当にノーマルなのか確認してしまいましたよ!

サイラス!やったあ援軍だ! あ、そういえば余談だけど、最初にデータ作成するときに難易度選択もモード選択も出てこなかったんですよ
しかもプレイ時間が最初から少しカウントされていて、これが不思議だった
まさか途中から始めるとあらかじめ想定されているプレイ時間が最初からカウントされているとか?

エリーゼ!!マイエンジェル!!これで勝てるぜー!(゚∀゚) 考えたんだけどこれ、1周目の5章クリア時点までのデータが保存されていて、そこから始められるようになってる?
それだったら難易度などの設定が引き継がれているのも、プレイ時間が中途半端にカウントされた状態から始まるのにも説明が付きます
思いがけなかったシステムですが、親切設計だと思います
初期状態から始まるんじゃなくて、プレイヤーのプレイ内容がちゃんと反映されてますからね


さらにハロルドとエルフィも参戦!頼もしすぎるぜ! えーっと話が逸れてしまいました
そうそう、自軍の数に対して敵が多すぎるんですよ!
これは援軍が来てくれないと厳しいな~と思ってたらターン経過で仲間が続々と加勢に来てくれた!
最終的には自軍ユニットは6人に増えるので、3方向から攻めてくるノスフェラトゥも難なく捌けるようになります
マークス兄さんが?そうかー、ちゃんと主人公の心配してくれるとか良いやつじゃんか~( ;∀;) 最初からイベントで自軍が配置されてるよりも、途中から仲間が駆けつけてくれる展開の方が熱くて好きだなあ(^^)


ちなみに7章クリア後、白夜ルートと同じモズメを仲間にできる外伝が発生
でもその村の位置が完全に白夜領土内なんですが、どうやって助けに行ったんでしょう?
完全に本編の流れを無視した外伝ですねw

プレイ時間は4時間です

拍手[0回]

子供加入直後は下級職のLV20 スキルは両親のを受け継ぐため潜在能力は高いをクリアすることで自軍に加入する子供ユニットですが、加入直後は下級職のLV20なので、そのままでは成長させられません
なのですぐにクラスチェンジさせることになるのですが、子供が持参してくるチャイルドプルフを使用すると、上級兵種にクラスチェンジするだけでなくいきなり高LVの状態に成長するため、終盤でも即戦力になるくらい頼れるユニットに変貌します!

クラスチェンジボーナス多過ぎない!?と思ったら最初からLV18に成長した状態なのね こうなるとLVUPする回数はほとんど失われ、ユニットとして完成された状態になるのですが、LV1から育ててきたユニットに比べると多少劣ってしまうようです
なので仮に終章出撃前に子供を加入させてたとしても、私がやったように親世代のみで戦ってたかもしれません
でも親子で出撃して敵に立ち向かうのはドラマティックなところもあるから、2周目以降は別の組み合わせで子供を作って一緒に戦わせたいですね
マイルームにいるとジョーカーがいた!あ、そうか、夫だから部屋で待ってるのは何の不思議もないことだった(^^; ジョーカーの息子ディーア なんか根暗っぽいぞw








護衛のジェネラル強すぎるんですけど!?こんな強いやつと戦ったこともないよ! お次は主人公の子供の外伝と同時に出現した、結婚相手であるジョーカーの息子をお迎えに行きます
ジョーカーの息子ってことは、カンナとは兄弟になるんだよな?

このマップはその他軍と自軍の配置がかなり離れており、すぐに救援に向かいたいところだが護衛のその他軍はめちゃくちゃ強いし、ディーアの杖の回復があるのでまず突破されることはないはず
一見するとその他軍の護衛に向かいたいが、クリア条件の敵将は初期配置のすぐ近くにいるぞ?
クリア条件は敵全滅かと思いきや敵将撃破となっており、その敵将は自軍の初期配置から扉を開けたすぐ先にいます
なので扉を開けたら精鋭を一人アクアの再行動で送り込み、敵将を撃破するだけでマップクリア
これまでプレイしたどのマップよりも、敵が1体しかいなかった1章よりも短時間で終了してしましましたw
敵を一人倒しただけで終了w なぜクリア条件を敵全滅にしなかったw 本来なら敵を残らず倒して経験値を稼いでおくところなんだけど、もう本編クリアしちゃったからレベル上げする必要はないかなって

というか、外伝の敵がなぜか異常に強いんですよ!
 外伝なのに終章よりも強い敵が出てくるってどういうことなの!?もしかしてクリア済みのデータだから敵が強化されてる!?それはないか
親子の会話 父親に似て口の悪い息子だが、このコンビは嫌いじゃない むしろいい!でも外伝を発生させる時期が遅すぎたし、その時期によって敵の強さが変動してると思うんだけどなあ
だってそうじゃなきゃ、外伝早く発生させても終章並みの敵に勝てるわけないじゃんw
ま、真偽のほどは次周で確かめますかね

子供同士で支援会話が発生 そうか、お前ら兄弟なんだよな!?やる気なさげだけどちゃんと兄貴してんじゃんディーア DLCマップは異伝と分類されるようだ  







自軍のユニット数が少ないのでクロムたちと協力して戦うことになる 最後に竜の門でDLC追加マップを一つプレイ
ダウンロードしたのは無料だった覚醒との邂逅で、それ以外は有料だったのでダウンロードしてません
私は覚醒は未プレイなのですが、どうやらクロム、フレデリク、リズの3人が主人公である軍師と出会う直前の物語のようです
BGMも覚醒のものが再生されたんですが、これはFEHで私も聴いたことがあったのでわかりました
LV38!!?!?ステータスもカンストしてるじゃん!! 増援の数が多く、敵に向かっていくクロムたちをかばいながらは戦えないので追いかけないように








さて、これにて1周目の白夜ルートノーマルのプレイを終了とします!
プレイ開始から2週間、毎日毎日プレイとレビューを欠かさず続けてきましたが、これほど連続で更新したのは6年ぶりくらいになります
ゲームが面白かったというのももちろんですが、ソシャゲは半分休業していたし、副業が忙しくない時期だったというのも記事を執筆する時間が確保できた大きな要因でした

凄く久しぶりに新作をプレイしたのですが、やっぱり私はFEが大好きでした!その想いをこの記事数で表現できたと思ってます

もちろん、ifのプレイはこれからもまだまだ続きます
3つのルートに3つの難易度、全部やるにはあと8周プレイしなければなりません!
全部の支援会話を見るならこれくらいやりこむのがFEでは普通なんですけど、今作はSランク以外なら支援会話を結ぶ回数に制限はないので、意外と早くコンプできるかもしれません
3DS本体は借りものですし、6月になると東方幻想魔録Wが控えているのでそれまであと何周できるかわかりませんが、2周目以降も引き続き今の調子でプレイを進めていきます!

1周目のプレイ時間は35時間30分(27章以降を除く参考値)、リセット回数は10回でした

拍手[0回]

さあ白夜ルート、いよいよ終章です
暗夜王都に来てから同じ場所での連戦が続いたから長かったなあここまで来るの
封印とか蒼炎とかがそうだったけど、敵の王都を攻める時に余分な部分は会話イベントでカットされるから、実際の戦闘は1マップで終わるんだよね
それをここまで引き延ばしてくれちゃって、正直ダレてしまいます
ラスボス なるほど中々の強さだが、反則的に強いというわけでもないようだ
27章の次が終章だから、結局蒼炎と同じくらいの数になったのか
でもシナリオは断然蒼炎の方が壮大で深いけどね
今作に関してはシナリオは飾り、という認識でゲームの方に集中することにします


 ボスが仕掛ける竜脈は非常に広範囲に及ぶが、効果が発動するのは次ターン以降なので慌てず避難しよう終章27章からの連戦という扱いらしいのでマイキャッスル及びセーブが利用できません
マイキャッスルでの準備は特に必要ないけど、進撃準備で編集した内容がセーブできないのはリセットする時面倒だな

前の章でザコ敵を全滅させたはずなのに、最終決戦でもラスボス以外に敵がうようよ配置されています、うっとおしい
 初期配置ではマップ右下が唯一手薄なので、まずはここの制圧を目指そう自軍の初期配置はマップ中央で、そこから上に進むとすぐにラスボスに攻撃を仕掛けられますが、さすがに敵陣に突っ込んでいきなり敵将の首を狙うのは無謀すぎるので、まずは一旦下の方に後退して安全な場所を確保しよう

向こうから突撃してくる敵はあまりおらず、敵を全滅させる必要はないので邪魔な敵を片づけたらラスボスに攻撃しよう
あらら、なんかもう決着ついちゃいそうですよ?このまま倒してしまっても構わんのだろう? アクアの歌やサクラの応援などの補助スキル、それに支援を結んだ相手と防陣を組めばいかにラスボスが強大といえど勝機は十分あります
ここにきてラスボスの防御面のもろさが出てしまったようですね


無事ラスボスを倒したらエンディングです
ごくごく普通の、特に面白みのない平凡なエンディングでした
スタッフロール中にはシリーズ恒例のキャラごとの後日談も再生されましたが、そういえば終章直前にマイキャッスルが無かったせいで支援会話のSとかA+結ぶの忘れてたんだよな
結んでたらまた違う後日談が見れたんでしょうが、1周目だからまずは通常バージョンを見れたということで今回はあまりこだわらないことにします


ifの白夜編をプレイしていて気になった点があるんですが、自軍に加わるユニット数がめちゃくちゃ少ないですね
歴代のFE作品で一番少なかった聖魔の光石よりもはるかに少ないです
白夜と暗夜に分かれているからif全体としては十分な人数が用意されているんでしょうけど

でも攻略上は誰を戦闘に参加させるかで悩むことがあんまりなかったから、不満というわけではありません
それにCCする際に上級兵種が分岐するので、バリエーションが生まれて自分好みの軍を編成しやすくなり、ユニットの少なさをカバーできてます
この辺は聖魔の光石と同じバランスのとり方ですね


はあ?なんじゃこりゃ?とりあえず一番強いユニットを登録しておこう エンディング後なんですが、データをセーブすることなくタイトル画面へ
するとセーブデータが27章に巻き戻っているではないか!?
ええー!?クリア後のエクストラみたいなのはないの!?これで終わり!?嘘でしょ!?

クリア後に登録したユニットを有料で召喚できるように! 不安になって攻略サイトを調べたところ、クリア後のデータは個別のセーブデータではなくゲームデータ本体の方に記録されているんだとか
このデータがあれば、周回プレイで支援会話一覧や曲目リストなどが引き継げるってことね
ふーむつまりこのマイキャッスルで遭遇戦とかをやりこんで支援会話を埋めたりと、やりこみ要素は一応あるわけね
ヒューー両想いかよ!熱いねー!
ちょうどいいので主人公とジョーカーの支援レベルSを結んでみることに

なんということでしょう、支援Sを結ぶと戦闘での支援効果が強化されて後日談が変わる程度にしか考えてなかったんですが、会話後すぐさま子供が産まれてしまいます!!なんということでしょう!!(2回目)
おい子供産まれたぞwwwwwwww 
でその子供はどうなるのかというと、こっちの世界にいたら戦闘に巻き込まれて危険なので、星界のとある村に託して育ててもらうことに
でも星界はこちらとは時間の進み方が異なる…つまりは、メインシナリオが進行しなくても子供は星界の時間の流れで急速に成長するということだ!
外伝が発生した!主人公の子供、カンナにまつわるエピソードだ! なるほどつまりは浦島太郎の竜宮城的なシステムなのね、納得したw

でもこれ成長するスピード早すぎません?
会いに行くタイミング間違えてしばらく放っておいたらあっという間に親の年齢通り越して老人になってたりしてww

 そんなこんなで子供が産まれると今度はそれにまつわる外伝マップが出現!
お母さん!!!!!!今作の最初の方で1回外伝があって以降、1度も外伝が無くて不思議に思ってたんだよね~
シリーズには聖魔のような外伝が1つしかなかったり、蒼炎や暁のように外伝がそもそも存在しない作品もあるからそれほど気にしないようにしてたんですが、私のプレイスタイルが原因で外伝が発生していなかっただけなのかw
 
主人公の竜に変身する能力が子供にも受け継がれていた!こんなことならもっと早い段階で結婚させればよかった!
結婚できるのは1人のパートナーとだけだから、取り消しが効かないのが嫌で最後の最後まで保留にしてたんだよなあ
さっきは今作の仲間ユニットの人数が少ないって言ったけど、子供が用意されているとなるとまだ仲間にしたことのないキャラがたくさんいるってことだから、総数はけっこうな人数になるんだろうなあ

本編をクリアしただけではわからないことがまだまだありそうです

プレイ時間はクリア後のセーブデータを残せなかったのでカウントストップ、リセット回数は9回です
つええよ何じゃこりゃあwww 流石主人公の子w 出現する敵も終章並みに強い!武器はやや貧相だが速さ36はヤバいぞ…! 堀に水を張って防壁を作るなど、敵の進行に合わせて竜脈を活用しよう クリアすると子供が自軍ユニットとして仲間になるぞ!













拍手[0回]

姉と兄の戦いを止めに入るエリーゼだが、兄の意志は揺るがない [悲報] 26章冒頭イベントで天使エリーゼ死亡

・・・・・・なんだこれ?なんでエリーゼが死ななきゃならなかった?

エリーゼは主人公をかばおうとしてマークスに斬られた
なんて馬鹿なことを・・・バカなのはエリーゼと脚本だよ 自分の命を散らしてまで戦いを止めようとしたエリーゼだが、その想いは兄のマークスに届くことはなかった

エリーゼを斬ったのはマークスなんだけど、悪いのはマークスじゃなくて脚本だ
中盤辺りからなんの含みもない浅いシナリオが続いてきたけど、エリーゼを殺すという仕打ちは、私だけじゃなくて多くのエリーゼファンのプレイヤーを敵に回したのではなかろうか?

今確信した
ifの脚本はクソだ、どうしてこうなった

ifの3つのルートでは白夜が最低で、第3ルートはまだマシという評価を小耳にはさんだことがある
前半部分は全くもって同意だが、残る2つのルートはこれよりもマシな脚本であることを切に願います


二人の一騎打ちに手出しは無用 周りのザコ敵を片づけて経験値をいただこう さて、気持ちを切り替えてマップ攻略の方に移りますか
26章は中央の小部屋で主人公とマークスの一騎打ちが展開され、その周囲でそれ以外の敵味方が戦うのですが、クリア条件はマークスの撃破なので、1ターン目から主人公でマークスを獲りにいくとあっという間にクリアできてしまうため周りのザコ敵から得られる経験値が無駄になってしまいます
マークスの専用装備は間接攻撃もできて強力だが、他の暗夜の兄妹と同様ステータスはかなり控えめ過去作だと暁の女神で漆黒の騎士が出てくる終章Area2とまったく同じ状況です
 そのため周りのザコ敵を片づけるまでカムイは動かず待機しておきます
するとお優しいマークス兄様も終わるまで待って下さるので、時間は気にせず経験値を稼ぎましょう

なお、主人公でマークスに攻撃するとエネミーフェイズにマークスも攻撃をしてくるようになります
なんだこれ、思った以上に弱いなマークス、楽勝できそうw その際主人公が反撃できない間接攻撃で攻撃してきます
一方的に攻撃するとかいう騎士道精神に反するような行為で恥ずかしいと思わんのかねw
ただ、主人公が順調に育っていれば追撃出せるし、マークスの攻撃を1回や2回受けても死なないはずなので、思った以上にあっさり倒せます
マークスは主人公に自分の思いを託し、父親を救ってもらうためわざと手を抜いていた それであんなに弱かったのかw スクショ画面では夜刀神で攻撃する際の予測が出ていますが、真竜石での攻撃ならマークスの必殺値を0にできて安心なためこちらで攻撃しました

とはいえ主人公の力が育ちすぎて専用装備の補正もあって自軍で一番のパワータイプになってしまったのだがw
え!?急にメタい発言が!あるんだよなあ、ifだから(笑) もし主人公の育成を怠ってたらここで詰んでたかもしれないのか、くわばらくわばら…(´・ω・`;)


余談なんですけど26章クリア後、少しでも敵とのLV差を埋めるため遭遇戦及び防衛戦3に挑戦したんですが、遭遇戦をクリアするのに1回リセット、そして防衛戦は2回リセットした末クリアを断念しました(:_;)
マークス撃破後の主人公のステータス なんでこんなに力が伸びたのかw 見た目とのギャップが(^^; 特に防衛戦3は敵の初期配置は防衛戦2と同じなんだけど、敵の攻撃力が半端なくて打たれ弱い主力ユニットが一撃で倒されるほか、敵の耐久力や速さが高くて1対1じゃ倒しきれず、敵を全くさばききれません
自軍ユニット10人は少なすぎるんだよなあ


気を取り直して27章
ガロンに相対する主人公だが、攻撃が通じない!?ここにきてまだ足りないものがあるというのか…? ついに憎き敵の王、ガロンと直接対決です
まあ当然敵のザコ兵士はしっかり配置されてるんですけどねw

ザコ兵士とは言いますが、敵ユニット全員、こちらの最高LVを超えてますからね?全然ザコじゃないんだよなあこれ
夜刀神が雷神刀と共鳴し、さらなる力が! しかもマップ上に3体だけ配置されているLV20の敵ユニットは多数のスキルを習得しているボスクラスの強敵で、こいつらをどう攻略するかも重要ポイントの一つです

初期配置の敵はかなり分散しているため、まずは一番近くにいる敵から撃破
前よりもHP増えてるー!と思ったらLVUPしてんじゃーん!射程3とか厄介だな~ 敵はほとんどが待ち伏せタイプで増援も出現しないため、こちらは慌てずに1体1体を確実に誘い込み撃破していきましょう
手順を間違えなければほぼパターン化できるし、やることがないユニットはそのまま行動せずにターン終了しても構いません

…というのがわかったのも、ここで3回リセットしたからなんですよね
LVカンスト!スキルも豊富に習得している完璧なメイド!強い 確認不足で敵の攻撃範囲に入る…ユニットの死因はほぼそれでした
確かに、50%と20%の攻撃が両方当たるなんてどんな確率だよ!?と自分の不幸さを恨みたくなる場面もありましたが、FEというのは例え1%でも敵の攻撃は命中すると、そういう前提でプレイしなくてはなりません
そうでなかったらずっと綱渡り状態が続いていつ攻撃が当たってユニットがロストしてもおかしくありませんからね

 
敵は広範囲に散らばっているため、1体ずつ確実に迎撃しようそれにしても難しい!敵が強すぎる!
ほんとにこれでノーマルの難易度なのか?
私はこれ以上の修羅場を潜り抜けてきたエムブレマーだから何とかなってるけど、FE未経験者は多分嫌になって放り投げるんじゃないかな?
間違いなく今までにやってきたFEで最高難度、初心者にはお勧めできない難しさだと思います

ボスを含む側近は移動しないので、接近して陣形を整えよう ここまできたらもう一息だ!
最後に、ガロンとその側近の2体は移動しないため、ガロンと戦う前に側近の2体を先に倒します
側近はLV20でボスクラスの強敵で、打つ手を間違えると敵のスキル効果で思わぬカウンターを受けるので、スキルの効果を入念に確認して攻撃手段を吟味すること
よし、これなら勝てそうだ! その際、ガロンの射程距離が3もあるため、側近をリョウマの間接攻撃で攻撃した後は、サイラスの救出やアクアの再行動でリョウマをガロンの射程の外に出すこと

ガロン一人になったら、主人公かリョウマでガロンを攻撃
討ち取ったりぃ~!!はあ~~長く苦しい戦いだった!射程が長く攻陣だと後衛のユニットが狙われてしまうので、攻撃するユニット以外はガロンの射程内に入らず、陣形は必ず防陣を組むこと
 ガロンは必殺値が高いため、支援効果で必殺回避が上昇する相手を防陣でサポートさせるとベターです
またガロンのスキルで、ガロンと戦闘したユニットは全能力が-4されてしまうので、プレイヤーフェイズでは問題なく攻撃できてもエネミーフェイズではステータス低下でこちらの被ダメージやガロンの必殺値が上がったり、最悪追撃される恐れもあるので、ステータスに不安がある場合はガロンの方から攻撃させ、ステータス減少後の戦闘結果予測を参照しよう
 な、なにい!?これがガロン王の真の姿なのか!ちなみに今回は主人公とリョウマでガロンに攻撃しましたが、なぜかエネミーフェイズではガロンは攻撃してきませんでした

それとガロンは自身の攻撃力を上昇させる、太陽や流星のような奥義スキルを持っていなかったため必殺を封じれば予測結果以上のダメージを受ける可能性は無くなり、事故死の危険が無かったため戦いやすかったです
 終章!!いよいよ次が最終回です!!
プレイ時間は34時間、リセット回数は一気に増えて8回…実時間にして2時間近くノーカウントになりました(:_;)
次回、白夜ルート完結ですかね!


拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 6
26 27 28 29
30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、デレステ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいため対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[03/31 NONAME]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
[01/27 アトリエ]
P R
バーコード