主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
C94最終日から一夜明けましたが、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!
本当は昨日中に更新したかったんですが、体がもう限界で早々に寝ることにしたんですよ
いやはや、今年も凄まじかった
身体がぶっ壊れるかと思いましたもん
先に大きい紙袋に物を入れ過ぎてそっちが破れてしまったんですがww

ただ、今年は開催日通して曇り空で、日差しはきつくなかったし気温も低かったことから、例年と比較してかなり快適な方で体力の消耗を抑えられたのが助かりました


私は2日目の正午に現地入りして東と西、企業ブースを回り、3日目に東のみを回るというスケジュールでした
さらに、2日目の夕方からは新宿のVR ZONEでデレマスのBrilliantParty!に参加

ステージに出てくるのはNGの3人で、生身ではなく映像なのですが、あたかもプロデューサー達の反応に応えてくれているかのようなリアクションをしてくれて凄かったです
ひょっとしたらこちらが何もしなくても同じアクションをしていて、たまたまこちらのアクションと偶然かみ合ってコールアンドレスポンスになったように見えたのか、それとも会場の反応を見て裏にいるスタッフが動作を変えていたのか、仕組みはわかりませんでした

公式HPで紹介があったように、公演中はこちらのリウムの色によって5つの質問の中から一つが選ばれ、それを3人分繰り返します
当然、1回の公演で答えてくれる質問は1つだけなので、最低でも5回、公演に参加しないと全ての解答は聞けません
もちろん、プロデューサーが決めるとはいえ、会場の参加者全員の意志で決まるので自分が希望する質問になる保障はないですね
ほかにも、NG3人のうちソロ曲を誰が歌うのかによっても3パターンに分岐します
要するに繰り返し楽しめるということですね

後半にハッピーバースデーのコーナーもあり、しぶりんの誕生日が8月10日だったのでまさかそれに合わせた今だけのサプライズなのか!?と会場がどよめいたのですが、祝われるのはプロデューサーの方だったということでみんなずっこけそうになりましたww

あと、最後の曲として今回の公演のために作曲された新曲が披露されました
開演前にショップで知らない曲のCDが置いてあって、またデレステで新曲が発表されたのかなと思ったら、この公演のための新曲だったんですね
開演前はスルーしてたんですが、なかなかいい曲だったので終了後に購入しました

演者が去った後もプロデューサーのアンコールで戻ってきておねシンを歌ってくれたあたり、実際のライブに忠実だなあと思いました
まあこっちがアンコールしなくても出てきてくれたんでしょうけどw


終わったあとはたまたま近くにいた知り合いとラーメンを食べるなど、有意義な時間が過ごせました


3日目は8時半ごろに駅から降りて待機列へ移動
最近の酷暑と運動不足で体力が落ちていたこともあり、この時点で足にけっこうダメージがきてました
それでも毎年のことなんですけど、他に助けてくれる人はいないし、自分の足で進まないとお宝は手に入らないから、色々限界突破して戦い抜きました
人は悟りを開けば疲労とか尿意とか空腹とか感じなくなるんですよ!
会場に入ってから出るまでの8時間、食事もトイレも一切しませんでしたからね!

それにしても今年はいつも以上に人多かった気がします
コミケはいつもこんな感じだろ、と気にしないようにしてたんですが、実際にTLの反応を見るとやっぱり今年の3日目の人の多さは異常だったようです
正式な参加人数はわかりませんが、そのうち公式で発表されるでしょう

購入した物の数はいつもと同じくらい…だとは思うんですが、ほんとに体力が尽きてしまって、帰りの新幹線に乗る前に秋葉原によることも予定に入れてたんですが、特に目的があるわけではなかったので空いた時間は身体を休めて、寄り道せずにまっすぐ帰ることにしました


戦利品を並べて眺める至福の時!このために毎年苦労して参加していると言っても過言ではない そんなこんなで、途中生き倒れすることもなく無事に帰還できました
無事にと言ったら語弊があるかもしれないが、致命傷を負わず生きて帰れたという意味でw
ぶっちゃけ、あんなに体力を使い果たして身体を酷使し、痛めつけるのは1年の間でこの日だけですよw
もうあんな酷い目には会いたくないと思う一方、また来年も行くんだろうな~と思うあたり、コミケの参加者ってM気質あるよね、ほぼw
今では通販とか委託を駆使すれば苦労せず同じものを手に入れられるのに、わざわざ地獄を見てまで戦場に赴くなんて、やっぱり苦痛を快感が上回ってるんでしょうねw

さて、戦利品の方ですがグッズやバッグは大切に保管しておくとして、大量にある薄い本と分厚い薄い本(笑)は、今年中に全部読み切れないと思いますw

拍手[0回]

最初は違う方向を向いていた二人が、親密度上昇で目を合わせるように! パーティに加えるリリィによってメニュー画面のアルーシェの表情が変わるというのは以前触れましたが、親密度が一定に達するとさらに表情が変化することが判明!
けっこう細かい違いなのでスクショ保存してないとわかりにくいです


クリスから幽霊船を呼ぶための方法を教えてもらう 5章ではクリスから幽霊船を呼ぶための記憶の硝子鏡の情報を得ると、それを作るために鏡の欠片を5つ集めることに
その過程で今まで訪れたダンジョンを全て巡らなければならないため、メインクエストを進めるにはかなりの日数を要することに
サブクエストのために日数を消化していると日数が不足してゲームオーバーになってしまう可能性が高くなるので要注意

私もこの時は最短手順で鏡の欠片を集めたんですが、最後は恐らく残り日数がないギリギリの段階でボスを倒して何とか次の章に進めました
彼女の血が流れているって、アーナスじゃねーか!! アーナスは自分を見失っているようだ 正気に戻すことはできるのか? 5章ボスアーナス 攻撃は大振りなのでしっかりガードや回避で対応すれば問題なく勝てた
えー!アーナスって夜の君なの!?











アーナスの愛する人…リュリーティスがこの町に!? 5章ボスを撃破すると、蒼い月が満月まで回復しました
ここから先は月齢の制限がなくなるのかと思ったんですが、次の章へ行くと普通に月齢が経過したので演出でも何でもなかったようです


なんかもう最終決戦のノリなんですが、アーナスのくだりはどうなった? また、この章でついに姿を現した前作主人公のアーナス
なんとアーナスは前作のラスボスだった夜の君という名で呼ばれており、アーナスが夜の君になるというアナザーエンディングの世界線のようだ

アーナスは正気を失っており、現状ではこちらの味方をしてくれる感じではない
メインクエストが二つ並行して発生!どっちを先にこなしたかで分岐しないだろうな? 月の女王がアーナスの暴走に関係しているとの話もあるが、二人の間にはどんな関係が…

プレイ時間は14時間30分

拍手[0回]

4章ボス HPゲージが3本もあるぞ! ボスのHPが減ると崖の上に登って攻撃してくるようになる 教皇の一人、エスフェリアだけは巫女を生贄にすることに反対しているようだ






4章
ボスを倒して5章に進みました

4章のメインクエストは、ボス戦を含めて2回の探索で完了したので、月齢にはかなりの余裕がある模様
なので適度に寄り道をしてリリィクエストをこなし、親密度を上げておこう
アルーシェの心臓は元々カミラのだって!?そんなまさか! 月の女王は月の宮殿と呼ばれる場所にいるらしい 月の宮殿に行くための幽霊船?なんか雲をつかむような話だ 前作の蒼の祭壇に対し、今回は赤の祭壇か ミュベールとの水着イベ おっぱいを見せていくスタイルだと…!!? あら可愛い!!



















西洋人形と東洋人形の共演!どっちも可愛い過ぎる! サブイベントで仲間になるアリスは、カエデと同じく人形の従魔
ボイス付きの従魔は彼女で4体目
不思議の国のアリスをイメージした見た目で最高に可愛いのでLV上げするなどして積極的に使ってあげたいんですが、探索用の能力を持つ従魔以外はあんまりパーティに加えてないなあ

プレイ時間は11時間
アリスは鏡の盾に変形でき、遠距離攻撃を跳ね返せる 盾で攻撃もできる 今度使ってみよう

拍手[0回]

INFERNOで唯一クリアできてないミッション109を攻略するため、100番台のミッションを中心に他兵科で攻略しつつ武器集めをしてました
達成率を上げる目的もあるため、クリア済みの兵科で周回することはしません

105の魔獣の宴も全ての兵科でクリアしたんですが、それぞれ2~3時間かかってしまい辛い戦いでした
何度も繰り返してるうちに増援の発生条件や敵が反応する範囲、より安全な手順がわかってきたので少しずつ安定してきましたが
これだけ長時間プレイしていても今まで知らなかった別の攻略法を見つけたり新しい発見があったりと、ほんと奥深さが底知れないですよねこのゲーム

ミッション100や108のように特定の兵科以外だと特に難易度の高いものは手を出さず、攻略できる範囲を攻略しきったら90番台、80番台と遡っていきました

コマンドシップ戦でカギとなるウィングダイバーのMONSTER、エアレイダーのリムペットスナイプガン、フェンサーのハンドキャノンのどれかが強化された段階でリベンジすることにしてて、上がったのはフェンサーの装備でした
まだ完成してないのですが、発射速度とダメージが少しだけ強化されDPS(時間当たりのダメージ効率)が向上したので、フェンサーでミッション109に再挑戦

コマンドシップの第2形態までは大きな問題はないのですが、最終形態では砲台を狙わず本体を直接撃って速攻撃破するプランを実行
この時重要なのは味方NPCが追いつけないほどの機動力で引き離して囮にすることと、こちらが砲撃を受けたら砲撃が止むまでひたすら逃げること
レーザー以外の砲撃は発射から着弾までラグがあるので、常に移動し続ければ当たることはない
そしてレーダーを見ながら逃走経路上に回復アイテムがあるルートをとること
回復アイテムをなるだけ回収すれば囮が長持ちするので、本体の弱点が露出しており、かつこちらへの砲撃が止むタイミングでハンドキャノンを全弾撃ち込む
リロードに入ったらこちらへの砲撃が懸念されるのですぐに移動し、追撃は我慢

砲台が停止するとコケが生えたみたいに変色する こんなの初めて見た! 上手くやれるか内心不安だったんですが、やってみると危ない目に遭うことなく意外にあっさり撃墜できました


というわけで30時間近く寄り道してましたが、全兵科使用可能ルールにおいて、INFの全てのミッションをクリアできました!
地上では重装コスモがまだ攻撃を続けている ここでやられるとカッコがつかないので近寄らないでおこう砲台を残して本体を速攻撃破したのは今回が初めてだったんですが、本体と同時に砲台も墜落、爆散するためいつもより派手な撃墜シーンとなり、それもあいまって今までで一番達成感のあるクリアとなりました!

あとは簡単なミッションから適当に攻略して達成度を上げるだけにして、難しいミッションはスルーし、ルール無用で自由にプレイします
そうして2%毎に取得できるトロフィーを区切りとして、飽きたらプレイ終了とします

ここまでの総プレイ時間は367時間です

拍手[0回]

月の女王に襲われた日の真実 アルとルーエはリリアーナの力によって救われていた リリアーナが各地を徘徊していたのは敵の手によって洗脳されていたからとかではなく、月の女王からアルとルーエを守るため刻を遅らせる能力を使い、その反動で意識と記憶が曖昧になっていたためだった
そうと分かってちょっと安心しました

そしてこの後どうするのか、リリアを生贄にして月の女王の力を封じるか、月の女王を直接倒すかを仲間たちの意見を聞いてアルが決めることに
リリアーナを生贄にすることなく、世界も救う アルの決意は固まった そして選択肢が表示され、ここでのプレイヤーの選択によってその後のシナリオが分岐する…みたいなことはなく、普通に月の女王を倒すということで話が進みました
前作は終盤までヒロイン(リュリーティス)を生贄にする方向で話が進んでたせいでもやもやした気持ちが晴れなかったんですが、今回はそこまで暗いシナリオじゃなくてよかった
まあ、このまま何事もなく解決するとは到底思えないんだけどね…


リリアーナ加入時の初期LVは全キャラ中最高 にもかかわらずHPは全キャラ中最低という特徴を持つ 余談ですが、ここで仲間になるリリアーナは初期LVが15
初期LVが1で加入したカミラがこの時点でまだLV5なことを考えるとメチャクチャ強い、というよりは想定よりもかなり低LVで攻略が進んでいることになります
パートナーは探索に連れて行かないとLVが上がらず、しかも一度に連れていけるのは一人だけで、月齢による時間制限のことも考えると、LV上げ出来る機会にはかなりの制約がかけられています
キャラ増加に伴い発生するクエストも増えるが、消化する時間はあるのだろうか? 全員を均等にLV上げしようとしたら今度は親愛度やリリィクエストの進行が偏ることになり、これも効率が悪い
育成やクエスト消化の楽しみがあるのに、月齢の制約によってそれを十分楽しめなくなっているので、このシステムはミスマッチなんじゃないかなと思ったりします
多分ラスボス直前になったら月齢の制約が解除されると思うので、そうなったら溜まったクエストを一気に消化することになるんでしょうけど

どうでもいいが選択したリリィによってメニュー画面のアルの表情が変化 また親愛度が上がると百合の花が開花する 3章をクリアした時点で月齢が半月以上に回復したので、ここである程度クエストを消化するため寄り道することに
半月の状態からなら6~8回くらい探索可能で、今までの流れだとメインクエストの攻略には3回程度の探索で足りるからだ
効率よくクエストを消化するために、サブも含めて2つ以上を同時にこなせるように計画的に進めたい
ただ、中にはランダムドロップに関するクエストもあって、達成できるか運次第なところもあるので無駄足になることもあったり


倒した相手をまた助けてしまったというのか… メインクエストの方を進めると、アルの先輩であり騎士団の隊長でもあったミュベールが妖魔に堕ちてアルに戦いを挑んでくる
これを撃退するとアルはミュベールの蒼い血を吸い、ミュベールは正気を取り戻す

そしてまさかの6人目の仲間としてパーティに加わることに
ええ~~まさか仲間になるの!?嬉しいような面倒なような複雑な気分ミュベールが仲間になることも予想外だったけど、こんなに仲間が増えることの方が驚き!
これは全員の親愛度を限界まで上げるのは骨が折れるぞ
どうせガスト作品では恒例の、親愛度MAXのキャラとの個別エンディングも用意されてるんだろうけど


邪妖の図鑑が7割以上埋まってしまった 今後のダンジョンは新規の敵があんまりいないということか ちなみに現在4章攻略中なんですが、コレクションの敵キャラ図鑑を見るとすでに71%が埋まりました
恐らくクリア後の隠しボスも図鑑の最後に入ってくるだろうから、達成率だけ見るなら既に終盤に入ってると言ってもいいくらい
現在のプレイ時間は9時間なんですが、前作は7章が最後だったから、今作も多分同じで、寄り道したとしてもプレイ時間は20時間くらいで本編クリアできそう
別に所要時間が短いことに不満があるわけではなくて、ゲーム1本がサクッと終わる手軽さはむしろ好きだけどね


そしてここからが重要な点なのだが・・・

驚くことなかれ、ここまでゲームを進めた段階で男性キャラが一人も登場していないのだ!
邪妖や式神などの類は性別不詳だから省くとして、この世界には男はいないのか!?(笑)

本音を言うと、前作だとホテルには男が3人いたんだけど、ホテルの支配人以外はろくな男がいなくてあんまり好きになれなかったんだよね
普通のRPGなら女性が主人公の作品でもパーティに男性が一人くらいいても全くおかしくはないんだが、今作の場合パートナーはリリィと呼ばれ、親密度は百合の花で表されるからその相手が男性だったら意味が全然違ってくるよね

つまり、パッケージ裏に書いてある「美少女と、美少女と、美少女が惹かれあうRPG」という文言は伊達ではなく、この世界に男は必要なかったのだ!

だとすると、主人公含む主要人物が全員痴女みたいな露出の多い服装(ヴェルーシェカだけはまともだが)なのも、男に視られる心配がないというのなら納得がいく
むしろここまで来たらエンディングまで男キャラなしで貫いてもらいたい!期待しています!(笑)

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
8 9 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード