主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね

宮城での戦い 玉座では皇帝エーデルガルトが待ち構える EP.18クリア後、拠点を挟まずそのままEP.19

今までは戦闘の合間に修道院で散策や準備ができてたことに何の疑問も抱かずそれが当たり前だと思ってたんですが、戦闘後にわざわざ修道院まで帰還してるんですよね、彼らは
だから次の戦闘までに毎回1ヶ月の開きがあるのは、戦場までの移動時間を考えると当然の事で、修道院に戻らずそのまま進軍する流れならそりゃ拠点は利用できないなと

相変わらず超パワータイプのエーデルガルト 防御面はそれほどでもない 今までのシリーズを思い返してみると、今作のように特定の施設じゃないと拠点が利用できないケースはあんまりなくて、大抵は野営だったり自陣の城や砦、あるいは制圧した城や砦を拠点として使うのが普通だった
GBA三部作はそもそも拠点メニュー自体がなかったし
途中でドゥドゥーが登場 HPと防御が異常に高い鉄壁だが、近くに複数の魔道士がいるので放っておくと死ぬifの場合は星界という異空間に拠点を構え、いつどこからでも出入りできるという卑怯便利な仕組みだったので、進軍状況に関係なく拠点を利用できた

だから今回、拠点まで一瞬で帰還できるようなどこ○もドアみたいなマジックアイテムが無い代わりに、大陸の中央というどこへ向かうにしても都合のいい場所に拠点を構え、戦場まで進軍するのにかかる日数をカレンダーで表現しているわけだ

エーデルガルトの攻撃と必殺に耐えられるユニットなら倒すのはそれほど難しくない ところで銀雪の章が始まった時に思ったんだけど、帝国軍は紅花の章の時と違ってなぜ修道院を放棄したのだろう?
どうせ放棄するなら、二度使えないように徹底的に破壊してやれば新生軍が力をつけることはできなかっただろうに


死んだはずのヒューベルトからの手紙!敗北することも想定していたようだ 1周目にプレイした紅花の章はEP.18が終章だった
EP.19となるこのマップが、話の長さで言うと終章だと思ってたんですが、ヒューベルトの手紙によって新たな戦いの幕が上がることに

帝国を倒した次は、闇に蠢く者の根絶だ
闇に蠢く者の本拠地シャンバラ!まだ戦いは続くのか! 紅花の章では後日談としてしか語られなかった戦いである
すげえ!この章長いぞ!

最初にプレイした紅花の章がEP.18で終わったから、どのルートも18で統一されてるのかと思ったけど、章によってマップ数が違うんだな
監禁されていたレアを救出!顔グラが装飾を剥ぎ取られた差分になっている もしかしたら紅花の章が特別短かったのかもしれない


新たに浮かび上がった闇に蠢く者の暗躍
この度のエーデルガルトの暴挙もそいつらが引き起こしたと仲間たちは解釈しているが、彼女は死ぬ前に、先生は女神の眷属としてレアに操られているのだと訴えていたので、彼女には彼女なりの正義があったはずだ
偽りの神話に隠された悲劇と真の敵が明らかに その真相はこのルートでは明かされることはなかったが…

紅花の章と違って白銀の章では、この大陸でいにしえから暗躍している真の敵の本拠地を突き止めるに至った
これは紅花の章では成し得なかったことだし、帝国と教団との戦争のさらにその先は紅花の章では描かれなかったから、こっちの章の方が今作の戦いの真相に迫っているのではなかろうか?

エーデルガルトはフォドラ統一のために闇に蠢く者と手を結んだと解釈されるが、真相はそうじゃない… かつて解放王ネメシスが闇に蠢く者の手引きによって神祖の眷属と呼ばれる一族が虐殺され、その生き残りがレアやセテス、主人公の祖先なのだとしたら、今こそその因縁に決着をつけなければならない
そいつらの首領がラスボスなんじゃないかと思うけど、一体どんなやつなんだろう?
人間じゃないのかもしれないな

プレイ時間は60時間

拍手[0回]

ライザのアトリエ発売まで残り10日を切りました
ですが発売までにリディー&スールトロコンしなくてはと思うと楽しみな気持ちよりプレッシャーの方が大きくて、結構強いられてる感じです

発売日当日からプレイするのは時代の最先端を体感しているという優越感があって気持ちがいいのですが、その発売日を自分の都合で変えられず、それに合わせて多少無理しなければならないことがあるのがつらいと最近思うように
昔は一つのゲームをクリアするのに今ほど時間がかからなかったから、発売日に合わせてスケジュールを調整するのに苦慮することはなかったんだよなあ

思い返すと私がPS4を買ってから今まで、発売日にプレイ開始したのってEDFIRだけだわ
そういえばその時も、EDFIR発売までにフィリスのアトリエをトロコンしようと頑張ってたっけ(汗)
その前だと東方幻想魔録W、東方蒼神縁起V、あとは艦これ改を発売日からプレイ開始しましたが、それでも1年に1本のペースか

期待のシリーズ最新作はもちろん早くプレイしたいという気持ちはあるので予約不可避ですが、自分のペースでやりたい時にやれる中古作品をやりこむのが、最近の私のプレイスタイルには合っているのかも

昨日までの3連休は用事があってあんまりリディー&スールプレイできなかったから、次の連休でなんとかトロコンまでの目処をつけなくては…(その後出張が控えてるので) ←無くなりました
 
 
第9話ではロジェとどちらが先にBランクになれるか勝負をすることになり、カレンダーに残り日数が表示されます
日数は30日で、その間に3つの道具のうちいずれかを調合して持っていけばいいので、最短で2日あれば済ませられます

ロジェが先にBランクになってしまった!あ~あ しかし、勝負のことをすっかり忘れて別のことに没頭したらどうなるのか…という想定でわざと30日経過させてみました(実際はベッドで日付を送りましたがw)
するとイベントが発生し、オネットのナレーションで後日談が語られた後タイトル画面に戻されます
まあ、一言で言うならバッドエンドですね

ロジェのやったことは全て冗談だった!?本気でやって負けた二人にそんなこと言うと… トロフィーの取得条件やエクストラの解放条件にはなってないので見る必要は全くないのですが、ここで再生されるやっちゃった感のあるBGMは多分普通にプレイしてると本編中では聴くことができないので、イベントの内容を含めチェックしておく価値はあるかも

不良ー!?ただし、バッドエンドになった際の救済措置は全く用意されておらず、セーブデータをロードし直すことになる
仮に課題の道具が調合できておらず、残り日数がわずかの時にセーブしてしまうと詰みの状態となりバッドエンドを回避できなくなってしまうので注意
錬金術を捨ててグレてしまった2人 これも有り得た未来、ではあるのか?まあわざとやらない限りそんな状態に陥ってしまう間抜けなプレイヤーはいないと思いますが

ただ、個人的にこういう意図的に登場人物を破滅に追いやってバッドエンドを歩ませるのはすごい罪悪感を感じるのでやりたくないんですよね
怖いもの見たさ、という好奇心はあるけどそこに至るまでの過程が嫌だというか
(18禁ゲームでは大抵わざと敗北したり死なないと見られないイベントがありますがそれはCGとかイベント回収に必要なことだとはいえやっぱり抵抗はある)

そういえばフィリスのアトリエでのバッドエンドは見てないなあ
期限までに推薦状を集められなかったり、公認試験に不合格で見られるはずだけど、フィリスが人生を棒に振る悲しい目に遭わせたくないという感情が強くて…
イベントの内容には興味があるんだけどなあ

ソフィーのアトリエは、期限イベントが無いからバッドエンドは存在しないはず


現在第10話まで進んだところです
第9話でオネットと再会するシーンはやっぱり感動します
二人が泣きながらお母さんとの再会を喜ぶセリフが涙腺にクリティカルヒットします(>_<)
やっぱりこのシーンを抜きにして今作の良さは語れないよね…

プレイ時間は129時間30分です

拍手[0回]

メリセウス要塞を守るのは死神騎士!ビビりまくりのベル可愛い EP.17はメリセウス要塞での戦い
紅花の章で戦場となった王国のアリアンロッドと対をなす要塞である

アリアンロッドとは異なりこの要塞には罠はなく、通路と部屋が入り乱れ壁が少ないため攻めやすい
ボスの死神騎士はLV45!!攻速と必殺も非常に高く、半端なユニットで攻撃しても返り討ちにされる なので中央にいる死神騎士のところに突っ込んで倒せばすぐにクリアできそうだが、そこに初見プレイ時にはまりやすい罠が仕掛けられている

正確な条件はわからないが、死神騎士に一定距離まで接近すると、死神騎士が移動を開始して離脱地点に向かい始める
死神騎士はマップの中央に陣取っており、迂回することなく一直線に接近できるが… 自軍の初期配置とは正反対の方向なので、敵が残っている状態で死神騎士に逃げられると追撃も先回りもできなくなってしまう
(この時は天刻の拍動で死神騎士が移動する前まで巻き戻しました)

そのため死神騎士が移動する前に外側の通路を進み、敵を排除しながら離脱地点へ先回りしよう
なんと劣勢になると移動を開始!離脱地点に向かって逃走するため、こうなると追撃は非常に難しいその途中4箇所ある敵の増援出現地点を潰しておこう(出現地点に自軍ユニットを待機させると出現地点が消滅する)

死神騎士は攻撃能力が非常に高く移動範囲も広いため近づきがたいが、逃走に専念しているため向こうから攻撃を仕掛けてこない
EP.18は帝都での戦い 敵将はヒューベルトと死神騎士 自軍ユニットを集結させ、十分態勢を整えてから精鋭ユニットで攻撃しよう


現在EP.18を攻略したところで、プレイ時間は58時間

拍手[0回]

DL販売で購入した東方鬼形獣をプレイ、ノーマルでノーコンクリアできました
プレイ時間があまりとれないという事情もあり、初見プレイはEASYではなくNORMALからやりました

しかし結果は5面ボスでゲームオーバーw
結局2回コンティニューしてバッドエンディングまで見ました

今回新実装された実績によって一度見たエンディングをいつでも再生できるようになり、そこにはコンティニューありでのバッドエンディングも含まれるので、これはこれで意味のあるクリアとなりました
他のキャラ(魔理沙と妖夢)でもコンティニューありで6面までクリアする必要がありますね

それからNORMALを必死に練習してノーコンクリアできたわけですが、プラクティスや実績を開放するにはEASYもやっておかなければなりません
NORMALクリアした後にEASYをやるのは順番が逆になってしまいますが、これはNORMALをやりこんだ後時間があったらになりますかね


さて、いつものようにこちらで紹介記事を書いていきたいところですが、現時点でノーコンクリアできたのはまだ1回のみなので資料が全然揃ってません
作者コメントでもあるように、今回の物語は複数の勢力が絡んでおり、1キャラでクリアしただけでは全容をつかめません
付属のomakeのキャラ設定を読むとそのあたりが非常に詳細に書かれているので、とりあえず初見プレイを済ませたあとに読むと理解が深まり、登場人物が何を言っているのかが分かるようになります

というわけで、紹介記事は全キャラでノーコンクリアし、今回の物語や背景が理解できた後、時間をかけて練っていく予定です

拍手[0回]

魔法障壁持ちのゴーレムのほか、サンスト持ちの敵もいるという強固な布陣 慎重に進もう 4月には紅花の章では発生しなかったレアの外伝が発生
幻影兵という女神の眷属を倒して遺産を入手するのが目的
幻影兵と言えばifの七重の塔でも出てきましたね

クリアするとレアが戦場に出る際いつも装備しているセイロスの盾を入手
武器じゃないならあってもなくてもいいかなーって感じですが
EP.16はミルディン大橋の戦い 初期配置は少ないので、あとから増援がやってくるパターンか 背後からの奇襲!でもこのターンは行動してこないので先制攻撃で殲滅しよう 金鹿の元生徒、ローレンツが登場 クリア後、かつて修道院にいたギルベルトが登場 ディミトリは生きていた!? 主人公達は独自に開戦の準備を進め、王国軍とは共闘しないことに 王国軍に同盟軍!?エーデルガルトが重傷だと!? ディミトリが戦死でクロードも生死不明、だと!? なにこの選択肢!?敵だけど自分の受け持った学級のエーデルガルトを心配すればいいのか? ディミトリ!?生きていたのか!! あれー!今のシーン夢オチかよー!
































5月になってしまった 紅花の章は4月で戦いが終わったのに、長引いてるな 銀説の章のシナリオはあれですね、敵である帝国にはエーデルガルトとヒューベルト以外はいないし、王国や同盟と本格的な戦闘にはならないから修道院の元生徒と遭遇する回数が少ないです
その代わり王国軍や同盟軍も主人公の新生軍とは独立して動いてるから、知らないところで元生徒が犠牲になってると思うと、なんだかなあ
相変わらず自軍ユニットは増えないし

プレイ時間は54時間

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード