主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね

透魔ルートクリア後、1周目の白夜ルートのデータに戻ってカンナとディーアの支援埋めをしてました
遭遇戦を繰り返したんですが、白夜では本編の敵の数が少ないため遭遇戦で主力ユニットのLVを補強できました

支援埋め後は終章をさくっとクリアして、サポーター名鑑に主力ユニットを登録
これに登録すると他のセーブデータで召喚が可能になるのですが、ユニット1人を召喚するには2万~4万という高額なゴールドが必要になります
しかしスキルのみの継承は1つにつき1000~2000ゴールドと非常に安価
これを利用すれば周回プレイで同じキャラを使う際、最初から高LVのスキルを習得できるため高難易度でプレイする際重宝しそうです


あ、そういえば透魔ルート最後までクリアしたわけですが、結局謎のままな現象や伏線がいくつも残ってしまいました
それらはシナリオでは明言されてないので推測するしかないのですが

・ノスフェラトゥはどのように生まれるのか?
→暗夜軍が魔術で生み出したとされるが詳細は不明

・透魔兵の正体は何なのか?
→ハイドラが眷属として透魔王国民の死体を操っている?

・なぜ暗夜王国と白夜王国で空の色が違うのか?入れ替わったあとはどうなるのか

・透魔の呪いはハイドラの撃破で解除されたのか?
→透魔ルートEDで表の世界で透魔の話題をする描写があったかはっきりしないので呪いが続いてるかどうか不明

まあ、なんと言うか、ifについては脚本があんまりよく出来てないので伏線が残っててもいまさら気にしないって感じです
キャラ個人に関しての生い立ちや設定は支援埋めをしていくうちに判明していくと思うので、周回プレイではそっちをメインに楽しむことにします


今回の主人公はちょっと気が弱い少年で さて、準備が整ったところで白夜ルートのハードを始めます!
過去2回のプレイでは途中の分岐点から始めてましたが、今回は難易度を変更するため一番最初の無章からプレイする必要があります
難易度変更で序盤がどう変わるのか興味があるし、今度は主人公の性別を変えるからシナリオのセリフなどが変化するかも見たいので、必要なくても最初から始めますけどね

1周目はこのイベントジョーカーだったんですが、今回はフェリシアが加入します 主人公の性別による最大の変化は、序盤に仲間になるユニットがジョーカーかフェリシアかってことです
ジョーカーは物理攻撃の方が得意なのに対し、フェリシアは魔力に特化しています
最初は攻撃力の低い暗器しか装備できないためダメージが入りにくくて苦労するフェリシアですが、中盤で入手できる爆炎手裏剣は魔力計算のため爆発的な威力を発揮し、終盤まで主力として活躍できるユニットに化けます
簡単に言うとジョーカーは初心者向け、フェリシアは玄人向けってところでしょうか

難易度をハードにして序盤の章をプレイしているわけですが、流石に無章や1章は敵の数が2体とか1体というチュートリアルな章なので、ハードになったことによる難易度の違いはまだ感じられません
というかステータスや武器の変化とかになるとそんな細かいところまで覚えてないっていうw
敵の数ならこちらでバックデータがあるので容易に比較できるんですけどね

現在2章を攻略中です

拍手[0回]

ついに覚醒した透魔竜ハイドラ!ええー、この不細工な石像がそうなの!? きた!5人の神器が揃って完成した夜刀神の最終形態!ファイアーエムブレム!! 威力、必殺、回避、そして基礎ステータス上昇、全てにおいて超高性能! 基礎ステータスは低いが、ブレスの威力が30!?















敵の数は決して多くないが、安全のために最初はマップ下方に後退しよう さあ27章でついに透魔竜ハイドラが姿を現しました!
まさか透魔OPで一瞬映る巨顔像がハイドラそのものだったとは、驚きました
見た目は竜に程遠いんだけどねw


27章のクリア条件は敵将撃破で敵将のハイドラは自軍の初期配置からほど近い場所にいるんですが、自軍とボスの間に大量のザコ敵が配置されており、しかも初期配置が肉薄しているため1ターン目から大乱戦となります
初期配置で敵味方が肉薄している!このまま最初から攻め込むのは悪手だ 最初から仕掛けると自軍ユニットのだれが死んでもおかしくない状況になるので、最初のターンはマップ後方に全力で後退して、迎撃にはマークス、ジークベルト親子など守備の高いユニットに防陣(勿論相手は妻)を組ませて、次ターン以降に向かってくる敵を倒しながら戦線を押し上げていこう
ブレスの威力は侮れないが、Sランク武器で2回攻撃できるユニットなら十分勝機はある ガロン登場!ギュンターを無限渓谷に突き落としたのは初めから計画通りだった? ガロンがハイドラに食われてしまった! これが透魔竜の真の姿!!でかい、でかすぎる!!













マップ中央に鎮座する巨大な透魔竜!これが本当の最終決戦! マップクリア後、ハイドラの呼びかけでまさかのガロン登場!
もしかして透魔のラスボスもガロンが絡んでくるの!?
3ルート解禁じゃねえか!と思ったらハイドラに食われてログアウトしました


終章は真の姿を現した透魔竜との最終決戦!
マップにザコ敵はおらず、いるのは超巨大な透魔竜の攻撃可能部位のみ
最初に攻撃できる部位は左右の腕だ! まさに最終決戦にふさわしいフィールドじゃないか!

と思ったんですが、戦闘開始直後に増援でザコ敵が出現!
おいおい結局ザコ敵いるんじゃねーか!
いるなら進撃準備の段階で確認させろよな!
腕なのでHPが低いとはいえ攻撃力は27章の覚醒前を上回っている! おいザコ敵いるんじゃねえか!!  








ザコ敵の能力は大して高くない LV上限を超えた主力ユニットなら難なく蹴散らせる腕との戦闘で攻撃してくるのは頭部からのブレスだ

左右の腕を潰すと頭部への攻撃が可能になる! ボスの攻撃力はすさまじいが、防陣のサポートガードが発動すれば無効化可能! 倒した!と思ったがまだ終わってない!? えええ~~最終形態!?マジか!!?

















最終形態はブレスの威力が抑えられているが射程が5もある!!もう逃げ場ないぞ! ラスボスは必殺ダメージを半減する特殊防御を身に着けているぞ









透魔王になることになった主人公 アクアの足がエロイんですが…w アクアの歌は、遥か昔透魔竜が暴走した時に人間に止めてもらうために自ら創った歌なのだという






そういえばアクアが最後まで生存するのはこのルートだけだよなはい、というわけで透魔竜を撃破し、透魔ルートクリアです!

ラスボスはそれぞれの形態は2,3手で倒せるんだけど、まさか第3形態まであるとは思わなかった!
戦闘能力は他のルートの暗夜竜やタクミよりも特別強いわけではないんですが、他のルートにはない最終決戦っぽさがあって面白かったです!


子供カップルその1 さて、これでようやくFEifの3ルートを制覇しました!
最初は第3ルートはDLCだし本編のおまけみたいなルートだと思ってたんですがとんでもない!
本編をクリアしたなら絶対にプレイしておくべきです!
2000円を払う価値は十分すぎるほどあります!
 

子供カップルその2まあ、そんなに面白いルートならDLCじゃなくて最初から無料で実装しておけよっていう声ももちろんあるでしょうけどw
でも本編と同じボリュームがあるので、2000円はむしろお買い得です
実際、3ルートをプレイして一番プレイ時間が長くなったのは透魔ルートでした
って、それは外伝マップをたくさん出したからであってボリュームが一番多かったからってことにはならないかw


主人公は透魔王になるという透魔ルート専用エンド FEifのプレイは一巡しましたが、まだまだプレイは終わりません!
次は難易度をハードにし、白夜→暗夜→透魔とやりこんでいくつもりです!
2周目なのでシナリオ面には触れずに、新しい発見があった時だけこちらにまとめることにします

あと、新しくプレイを始める前に1周目白夜ルートで埋めてなかった支援を埋めることにします
支援埋めたら27章、終章とクリアして、キャラクター名鑑に登録したらハードモードを開始します

この周のリセット回数は7回でした

拍手[0回]

マイキャッスルで親子専用会話が発生!初めて見た! 次が27章なので、他のルートと同じならここがマイキャッスルが利用できる最後の機会となります

そこで子供世代の支援を埋めるため遭遇戦を繰り返すことにしました
目標を全て埋め終わるまで10回以上出撃、5時間以上もかかってしまいました

エターナルプルフを使用するとCC演出が入るが、ステータスはそのままです 交友値を上げるには従来シリーズのようなターン数ではなく戦闘回数が重要で、敵が弱いと回数を稼げないのでなるべく強いマップに出撃を繰り返したところ、子供世代は全員上限のLV20まで成長しました
しかし今作にはエターナルプルフというLV上限を開放するアイテムがあり、これはお金さえあれば道具屋で何個でも調達可能
遭遇戦を繰り返すとお金が自然に貯まるので、最初はステータスが上限まで上がっていない、まだ伸びしろのあるキャラを優先してたんですが、結局子供6人全員に使用しました


支援会話の方ですが、子供世代はレベルAで終わりかと思ってたんですが、親世代と同様、SやA+が存在します
せっかくAまで上げたんだから、Sも発生させておくことにしました

ジークベルト×マトイ こちらも父親のマークスと同じ直球プロポーズ!恋愛の価値観は親子で似るのか? ただ、Sは異性間でしか発生せず、子供世代は男が4人で女が2人
なのでとりあえず女の子であるミドリコとマトイは確実にSにすることにして、男のうちジークベルトは、ミドリコとマトイのどちらをとっても透魔ルートでしか実現できない組み合わせなので彼にもくっついてもらうことにしました

ミドリコ×ヒサメ 父親のヒナタと同じ、恋人という青少年らしい表現 なお、Sにすると親と同様恋人や結婚扱いとなるんですが、子供を産むところまでは進展しません
そこまで行ったら孫世代のキャラまで出てきて、その孫がまた恋愛をしてと収拾がつかなくなってしまいますしw

それに支援Sまで進めるのにかなりのマップ数をこなしたわけですが、本編だけで子供のSまで進めようとしたら、親は早期結婚を目指さないといけないし、子供が産まれたらすぐに相手を用意してイチャイチャさせないといけないので、最初から綿密な計画を練らなければなりません
遭遇戦のない暗夜ルートだとかなり困難なように思います
その場合は親世代のカップルを増やして外伝マップを多く発生させるか、もしくはDLCマップを購入するかになりそう

さて、今回のプレイは1,2周目よりも外伝マップが多く発生したこともあってかなりプレイ時間が長くなっていますが、次で最終決戦に進みます!

プレイ時間は43時間30分、リセット回数は7回

拍手[0回]

主人公を二度も襲撃した謎の男が出現!こいつは、序盤でミコトを殺害したやつ!? な・・・バカな、白夜王スメラギ・・・!






だいぶ昔に殺害されたはずの白夜王 まさかこんなところでこんな形で相見えるとは 25章
では透魔の眷属となった白夜王スメラギが敵として立ちはだかります
今までの流れからしてそんな気がしてたんだけど、アクアの母親、白夜兄妹の母親に続き父親までも眷族にしてぶつけてくるなんて、これもこちらを混乱、絶望させるための透魔王の策略なのだろうか?
いずれにしてもこれ以上死者の魂を冒涜するのは許せん!
マップは複数の部屋に隔離されている どうやって進めばいいんだ? だが、まずは敵対心むき出しのスメラギを倒さなければ


25章のマップは部屋がいくつかに隔離されており、毎ターンエレベーターのように移動する小部屋に入って他の部屋に移動することになる
この時初見プレイヤーが高確率で陥るであろうミスに注意して欲しいんだけど、エレベーターは6人乗りで、開閉口に誰かが乗っていると安全装置が働いて作動しませんw
 敵将のいる部屋へ行くには3つの竜脈を起動しなければならないらしい 敵の本拠地なのにはさまれ防止の安全設計だったw

でもメッセージでは注意されないため、部屋に乗り込んでターン終了しても何も起こらず、そのままさらに2,3ターン待って、試しに防陣で詰めてみたらやっと動きましたw
自軍の初期配置は上下でそれぞれ7人ずつで、そのまま乗り込むと定員オーバーになるというプレイヤーに対して非常に不親切な仕様でした
おお、小部屋が移動したぞ! そういうことはメッセージでアナウンスしろよ!初見プレイの時くらい!

で、どうすればいいかというと、1組が防陣を組んで詰めれば全員乗り込めます
乗り込んだ後、上の部隊は上と中央の部屋、下の部隊は中央と下の部屋にそれぞれ降りることが出来ます
移動する小部屋には6ユニット分しか入れないため、防陣で詰める必要がある自軍1部隊は7人ずつで、その部隊をさらに分けて手分けして攻め込むと効率が良いように思うかもしれませんがそれは罠
敵は数が多い上に狭い場所に密集しており、少数で挑むと敵を倒しきれずにエネミーフェイズに入り、迎撃態勢がとれない恐れがあります
そしてほとんどの敵は銀装備で攻撃力が高く、攻陣で連続攻撃されると非常に危険
ここは1部隊7人全員で一つの部屋を制圧するか、エレベーターの部屋に閉じこもって時間をかけて迎撃すると良いです
竜脈を全て起動するとボスのいる部屋が移動し、突入可能に エレベーターの出入り口にユニットを置くとエレベーターが移動しなくなるため、時間をかけて安全な陣形で攻略可能です

とにかく焦りは絶対禁物で行けると思って自軍を配置しても敵の攻撃力が思ったより高かったり、攻撃される回数が多かったりで何回もユニットをロストしてやり直しになってしまいました(:_;)

ああ、そうだな、言ってたな はあ!?主人公とアクアが共謀して裏切ったっていうのか!?なんでそうなるんだよ!?   






クリムゾンの胸の花の事を知っているのは主人公とクリムゾンの二人だけ そこの矛盾を指摘する! 26章冒頭のイベントにて、透魔王のいると思われる部屋に入ると、突然何者かによる激しい攻撃が!
しかしその攻撃は、なぜか主人公とアクアには全く当たらなかった
それを不審に思ったギュンターが、こともあろうか主人公とアクアの二人を裏切り者と言い出した!
えええ~~~~お前が透魔王だったのかギュンター!! 動揺が走る主人公とその仲間達

しかし主人公は冷静に、ギュンターの不可解な行動を指摘し、その本性を暴くことに成功!
ギュンターがクリムゾンを殺した犯人で、全ての元凶である透魔王だったのだ!!
うおーーすげーー!これは驚いたぞ!まさか黒幕がこんなに近くにいたとは!!
名前の説明欄は変わってないな 初期装備は間接攻撃できないし、ステータスも武器も貧弱だ暗夜ルートのラスボスがタクミだったのにも凄く驚かされましたが、今度はギュンター!?ラスボスの人選が意外すぎる!
でもこれはまだ終章じゃないからギュンターがラスボスというわけではないんだな
腑に落ちない点は色々ありますが、今はとにかくこのジジイをぶちのめしましょう!
マップは障害物のない大広間 多数の敵との乱戦が予想される 戦闘開始直後、主人公の足元が光った!罠か!?   


  





なんと、非常に強力な地形効果が得られる床が出現!これを利用して迎撃しろってことか!守護床は主人公とアクアの周囲に追随する!二人の周囲に布陣して戦況を有利に運ぼう




アクアの歌で正気を取り戻したギュンターは自害することで償おうとする なるほど、それなら透魔に闇堕ちするのも仕方ない 悪いのは暗夜王だ 








 つまり主人公が幼いころからずっとこの機会を待っていたということかマップをクリアするとギュンターは一命を取り留め、正気に戻り真実を話します
ギュンターは過去に暗夜王によって一族を皆殺しにされ、その恨みで復讐の機会をうかがっていたという
その強い恨みが、暗夜ルートのタクミのように透魔の力を呼び寄せたんだろう
結局ギュンターは透魔王ではなく、そう思わされてただけってことか

マップクリア後、しれっと自軍に復帰しているギュンターw そこは潔く死んどけよw 他のルートではギュンターに不審な動きは見られなかったけど、実は最初から透魔の眷属として裏で糸を引いていたのだろうか?
でも最初からそうだったとは思えないんだよなあ
序盤にギュンターが無限渓谷に突き落とされて、白夜ルートではそのまま死んだことにされてるし
途中から透魔に取り込まれたのだとすると、渓谷に落ちた時なんじゃないかと思います

プレイ時間は38時間、リセット回数は6回

拍手[0回]

いや~、なんでかって言われても、最初普通にだまされたから答えにくいw 前回の24章で巧妙な罠に見事にはまり、リセットしてやり直すのに時間を費やしてしまいました

あと、クリア後の会話から察するに、巡回する敵兵士に見つからずにクリアすると特別な報酬がもらえるらしいです
確か蒼炎10章でも見つからずにクリアするとボーナスEXPが大量にもらえるんだっけ?やったことないけど
え、そんなのあるの!?今度挑戦してみようかな もし狙うとしたら扉を開ける役と、ボスを撃破できる最小限の人数で出撃することになりそう
今度機会があったら狙ってみるのもいいかも


クリア後に正気を取り戻したミコトが語る衝撃の真実は、ミコトはなんと元透魔王女で、アクアの母であるシェンメイの妹なのだという!!
 消える直前に本来の自分を取り戻したミコト 白夜の兄妹と最期の言葉を交わす ちょっと待て、待てよ!そんな重大なこと言われても頭が追いつかないよ!
つまり主人公…いや白夜の兄妹5人は全員白夜王族じゃなくて透魔王族?
いや、白夜王スメラギの血も引いてるから、どっちでもあるということか

は?どういうこと?・・・え、それってつまり!? んでもってミコトの姉の娘がアクアだから、アクアと白夜の兄妹は透魔の血を分けた従兄妹の関係になるってことだ
あ、だからだ!ミコトはアクアが姉の娘、つまり姪っ子に当たるって事を知ってたから、アクアが白夜王国につれて来られてから、自分の娘のように接してたんだ
嘘だろーーーそんな関係が!!?仮に赤の他人だったとしても優しく接してくれてたかもしれないけど、自分との本当の関係はアクアには話せなくて…あれ?
アクアが産まれたのは暗夜に来てからだよな?うん、父親はガロン王のはずだ
それなら透魔で叔母さんに当たるミコトとは会ってないはずだから、母親が呪いで消える直前に自分の妹のことを話していないなら、アクアもミコトが自分の叔母であることを知る由はなかったはずだ
つまりこれはアクアでさえ知らなかった事実というわけだ

しかしだ、姉のシェンメイ王女は暗夜王と、妹のミコト王女は白夜王と結婚するなんて、透魔王から逃れるため亡命してきたにしてはあまりにも表舞台に出すぎなのでは?
暗夜の兄妹はエスカリーテ王女の子供だからいいとして、透魔王国での事件がなかったら主人公と白夜の兄妹全員は生まれてこなかったことになるんだからな
.
この事実は透魔の呪いによって今まで誰にも話すことが出来なかったという
全員でこっちの国に来ないと知り得なかった事実だし、そもそも透魔の眷属としてミコトが蘇らなかったらこうして話をすることも出来なかったはずだ
使者を傀儡のように操るという透魔王の最も許しがたい行為が、一時であれこうして最も会いたかった人物に再会させてもらえるというのは、皮肉だね

それにしても、こういうのを因縁とか運命のいたずらって言うんだろうけど、こんなことがあるものなのか?
インビジブルキングダムの王族が、実は白夜と暗夜の両方にいたなんて
血筋とか血統ってFEでよく題材にされる衝撃の真実の代名詞みたいなものになってて、私こういう展開は割りと好きなんですが、もうifではこれ以上の衝撃事実はないでしょ?
もう何を言われても驚かないと思います(フラグ立った)


マークスのプロポーズが直球過ぎる!堅物だとやっぱりこうなるのかなあ さて、物語が終盤にさしかかり、主力ユニットの婚活も大詰めです
主力ではモズメの相手となる男性を誰にするかで悩んでて、ツバキやスズカゼとはすでにAランクまで支援が進んでたんですがそれぞれ主人公とサクラを嫁に貰ってしまってました

マークスの息子ジークベルト初登場 やっぱり今作は親子が似ているケースが少ない気が… そこで使い勝手がよく毎回主力に入りそうなマークスを補欠枠としてモズメとくっつけることにしました!
毎回使うキャラなら今しか組めない組み合わせを模索する必要がないので気軽に穴埋めができるということです

全竜脈起動後敵全滅!?初めてみる勝利条件だ!貧しい村の出身で文字の読み書きも満足に出来ない少女が大国の第一王子に見初められるなんて、まさにこれ以上ないくらいのシンデレラストーリーじゃないですか!
でもこういうのはさあ、絶対国民とか他の王族貴族から妬まれるだろうなあ
モズメが悪質な嫌がらせや迫害を受けたりしてドロドロな生活を送ることにならないか非常に心配ですが、そこは夫のマークスが献身的にフォローしてくれたり
なるほど、竜脈を起動して敵増援を止めないといつまでたっても敵を全滅させられないということかそういう愛憎劇は見たくないんですがここでは語られないので安心です


で、産まれてくる王子様の名前はジークベルト
マークスの持つ神器ジークフリートとごっちゃになりそうな名前なんですが、他にも聖魔で出てくるジークムントやジークリンデとも間違えそうなややこしい名前ですw
モズメの良成長を受け継ぐエリートプリンス!
見た目なんですが、母親が平民出身のためか、というより母親の髪色をそのまま受け継いでいるせいなんですが、王族らしくない素朴な印象ですw
これが別のキャラ、そう、暗夜王国のカラーならもうすこしかっこいいイメージになったんじゃないかと色々想像してしまいます


チャイルドプルフを使うとこんなに立派に成長!ステータスも平均的にマークスを上回っており、神器がなくても最前線で戦える外伝マップですが、竜脈を起動するまでは敵増援が無限に出現するので、逆に放置しておけば無限にレベリングできるんじゃないかと思いましたが、そこは暗夜であったノスフェラトゥのマップと同じで、増援で出現した敵を倒しても経験値は得られないという対策済みでしたw
でも交友値は上がるみたいなので、支援会話埋め目的ならここで戦い続けるのもアリかもしれません
無限に出る敵増援は経験値貰えません チッ!あとは武器の熟練度も上がるのかな?そこは確認取れてないんですけど
まあ、白夜ルートと透魔ルートはフリーマップがあるので支援埋めようと思えばいくらでも埋められます
それより暗夜で増援が無限に出現するマップがあったら、そこを交友値上げに利用出来るかもしれません


マークス×モズメが結婚したことで、これで親世代は5組が結婚し、子供は6人産まれたことになります
子供は全員が即戦力になるほどの力を既に身につけているし、親世代にしても最終的に誰を終章まで使っていくか全く決まってない状態です
外伝でのレベル上げが進んでいるので誰を出撃させてもメインシナリオの敵より強いですし

なので支援会話目的でユニットを選んでます
特に親子での支援と、子供同士の支援を重視して、支援が埋まった組は出撃させません
どうせ誰を出撃させても主力になるので、主力を出撃させないことでマップ攻略で苦戦する事態はそう起こらないと思われます

そんでもって終章直前になったら、今しか発生させられない子供絡みの支援を一通り埋めるまでフリーマップを繰り返すつもりです
なんだったら、透魔ルートが終わったら次の周を始める前に1周目の白夜ルートで産まれたジョーカーの息子、ディーアの支援も埋めに戻ろうかと思ってます
また主人公と結婚させてディーア産ませるのは二度手間なのでね

プレイ時間は35時間、リセット回数は3回
  

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
5 7
11 13 15
19 22 23
25 27 28 29 30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、デレステ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいため対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[05/30 たけ]
[05/28 たけ]
[03/31 NONAME]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
P R
バーコード