主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
タクミの寝言の真意は、残念ながらこのルートでは謎のままだ 16章クリア後のイベントで、タクミが寝言で意味深な言葉を発します
どうやらタクミは透魔王国にいる真の敵の存在について無意識で知っているようです!
その意味は白夜ルートでは不明なままなので、1周目の時は全く気にしてなかった、というか記憶に残ってませんでしたw

確かタクミは、序盤の6章の後無限渓谷に落ちたんだよな?
運命の分岐点の後のことだけど、多分3つのルートのいずれでもタクミは一時行方不明、つまり無限渓谷から透魔王国に…あ、いや、透魔ルートでは暗夜軍に捕まったんだっけ?
とにかく、タクミは透魔王国に関する記憶は完全に失っているものの、そこに行ったのは間違いなくて、そのときに透魔王か何かの力を受けておかしくなったのだろう

16章で体調不良になったとき、サクラは特殊な風土病だって言ってたけど、透魔の力とは関係なかったのだろうか?
いや、アクアは自分の歌でも治せないと言ってたし、実際サクラの知ってる風土病に効く薬草で治ったわけだから、透魔とは関係ないんだろうな

タクミが無限渓谷に落ちた後、白夜ルートで最初に会った時はアクアがすぐに歌で正気に戻してくれたけど、暗夜ルートではタクミのそばにアクアはおらず、時間をかけて蝕まれた結果、ラスボスとして立ちはだかるという取り返しのつかないことになってしまったんだろうな
まったく、損な役回りですな


16章クリア後、支援会話を見ると主人公とフェリシアでレベルSが点灯!
あれ、前回の考察だと外伝マップが出現するのは18章クリア後からっていう予想じゃなかったっけ!?
今回主人公はサクラと近親相姦(!?)させる計画なので、この段階で外伝を発生させるとどうなるのか気にはなりますが、今は発生させずに急いでサクラとの親密度を上げることにします


17章はノーマルと同様、敵の初期配置はボスのフローラ以外は不明です
クリア条件は敵全滅で、民家を訪問するとザコ敵が出現するのですが、訪問せずにボスだけを倒してもクリアにはならないんだろうなあ多分

不用意に湖を超えた瞬間敵の大群に包囲されてしまった!もうお手上げ状態です 自軍を二手に分け、竜脈で湖を凍らせた後そのまま西に進軍したんですが、そしたらマップ全域に大量の敵が出現!!
・・・マジか?

この時すでに自軍ユニットのほとんどは行動終了していたので成す術はなく、素直に諦めてリセットしました
この増援って民家を訪問して出現する敵とはまた別だよな?
湖を超えようとすると突然出現するのか…

今度は民家を訪問する時だけでなく、湖を超える時も、プレイヤーフェイズの初手でトリガーを踏み、先に敵を出現させてから即座に撃破するというスタイルで攻略
それで残るはボスと数人のザコ敵のみのところまで来たんだけど、サイラスが命中25%程度の攻撃を2回連続で食らって死亡!
どっちかはかわせるだろうと思って配置したのになんてことだ!
FEHで☆5を単発で引き当てるレベルの確率だぞ!?
やはり確率が1%でもある時は全弾命中することを想定しないとダメですね
この期に及んで改めてシミュレーションゲームの鉄則を思い知らされましたよ


イカン!イカンぞ兄妹でそんな感情を抱いては! 気を取り直して17章をクリアすると、主人公とサクラのS支援が発生
さてどんな展開が待っているのかと思ったら、衝撃的過ぎる主人公の裏設定が判明!
なんと主人公はサクラたち白夜の兄妹ではなかったのだ!!
そうだぞ!そうだぞ!いけないことなんだぞ! 出たよ!!兄妹だと思ってた相手が実は兄妹じゃなかったから、それならセ〇クスしても問題ないよねって、それは完全にエロゲのテンプレだから!!
幼いころから離れ離れで暮らしていた兄妹が、久しぶりに再会して禁断の恋に落ちてしまうのもエロゲで使い古されているシチュだから!!
な、なんだってええーーーー!!!( ゚д゚ ) 子供産ませるためなら後から設定を付け足すという、手段を選んでないあたりが恐ろしい!このゲーム本当に恐ろしい!だがそれがいいッ!!エロ同人誌が捗りますなこりゃ!(^◇^)

詳しく話を聞くと、実は白夜王スメラギがミコト女王と出会った時、すでに主人公は生まれていたのだという
合法!!妹との子作りオッケーだってよ!!! 主人公は透魔竜の血を受け継いでいるからミコトの子なのは間違いなくて、とすると後から生まれたサクラやタクミは父親違いの義兄妹ということになる
その上のリョウマとヒノカは、ミコトとスメラギが出会う前に生まれていたとすると、主人公とは母親違いということになる
どっちにしても半分は同じ親の血が流れていることになるが、それって生物学的に大丈夫なのか?やっぱり近親相姦になるんじゃないのか??
ええいもうわからん!サクラを孕ませられるなら細かいことはどうでもいいわ!

とにかくこうして二人は兄妹の垣根を乗り越えて結ばれたのでした
後日談とかは一切用意されていないのですが、多分二人の結婚は他の兄妹を始め大勢の仲間に衝撃を与えたことでしょう


上級兵種しかいないと思ってた外伝マップだが、発生時期が早いと下級兵種に!これはザコですわ そうして爆誕したカンナの外伝ですが、ベースとなるザコ敵は下級職のLV20でした
外伝の発生時期が早いと敵ユニットが下級兵種になって難易度が格段に下がるようです
その分得られる経験値も少なくなりますが、楽にクリアできるのは悪くない
ただ、最大の弊害は仲間になる子供ユニットも下級職扱い、つまりチャイルドプルフを持っていないため自前でマスタープルフを用意しなければなりません!
敵も下級なら仲間になる子供も下級 自前でCCさせなければならない 2000Gだから大した出費ではないとはいえ、軍資金が減ってしまうのはよろしくない
早期に子供を加入させて親子の支援会話を進めるか、チャイルドプルフを持参するであろう18章クリア後まで支援Sを結ぶのを待つか、悩みどころですね

現在外伝攻略中で、プレイ時間は15時間40分、リセット回数は5回

拍手[0回]

先週まではifのプレイ記事を毎日更新するのをノルマにプレイしてきましたが、土日からリアルライブ、フェス上位10社、そして昨日は月末更新に追われてたのでプレイが滞っております
今は2巡目ですし、もう前みたいなペースでプレイしなくてもいいかなと思ってます
毎日欠かさず数時間、同じペースでプレイして記事更新するのははっきり言って苦行でしたw
このブログ開設以来の怒涛の更新数を記録できたので、よく頑張ったと自分を褒めてやりたい
だからこれからは無理のないペースでプレイ、更新していきます(^^)
(テイルズのプレイも1ヶ月以上停止してるし、そろそろ再開したい)


15章 初期配置は少ないが、1体1体の戦闘力が高いので注意 さて、15章です
ノーマルプレイ時はここで初めて自軍ユニットがCCできました
今回もこのマップで多くのユニットがCCすることになり、マップクリア時には5人が上級兵種になりました
敵はガルーのみで直接攻撃しかできないから間接攻撃で安全に撃破出来るのと、3すくみがないから誰が攻撃してもよく、ユニットを育成しやすいマップですね
ハードでは砦から多数の増援が出現 なかなか敵の数が減らない どうでもいいけどネタ装備の大根を二刀流で持ったリョウマがイベントで出てくると笑うんだがwww








敵の初期配置は40!かなりギチギチっぽいが、部屋で仕切られているので実際はそれほどでもない? 16章は初期配置が40人と、狭い屋内に多数の敵が配置されている
14章であとから出現する城内の敵をのぞけば、白夜ルートで初期配置が40台になるのはこのマップが初めてかも
白夜ノーマル終盤でもこんなに大量の敵が配置されている章はなかったはず

また、要所に配置されている上級兵種は銀装備を持っていることもあります
え~~まだ中盤なのにもう銀装備持ってるよこいつ まだ中盤なのに銀装備持ってるのか!下手すると後衛ユニットが即死する攻撃力なんだが、自軍も何人かは銀装備持ってるからお互い様なのか
いずれにせよ、敵が多ければユニット育成がはかどるので、この章でも何人かCCすることになります


それよりも早く結婚して子供作りたい(笑)
外伝マップの発生が解禁されるのは何章からなんでしょうね?
加入する子供が最初からチャイルドプルフで上級兵種になれるものとして、1章につき2LVずつ上がる
最終的に27章でLV18になるから、逆算すると19章でLV2
ここから結婚適齢期なのかなあw
だとするともう少し章を進める必要がありますね
それまでにカップリング考えなくては

現在16章開始前で、プレイ時間は14時間、リセット回数は3回

拍手[1回]

先日まで開催されていたモバマス内でのイベントで、私は元いるプロダクションを抜けて上位プロへ傭兵に出向きました

目標は個人200位以上分配報酬で2枠分の確保、そして全プロ上位10社入りです

まず最初に、フェス傭兵へいったことのない人のために各目標の解説をしましょう


・個人200位以内
これはフェスに限らずほとんどのイベントに適用されている上位ボーダーで、達成するとイベントの上位報酬が2枚獲得できます


・全プロ上位10社
フェスではプロダクション報酬でもイベントの上位報酬が得られます
そのボーダーが10位以内で、これを達成すると所属しているメンバー全員にイベント上位報酬が1枚ずつ配布され、上位10社入りと呼ばれます


・分配報酬2枠
これがフェスランナーを経験していない一般の人にはなじみのない言葉で、私もその仕組みはよくわかっていなかったのですが、今回傭兵先の代表さんから詳しく教えていただいたのでまとめておきます

先述した上位10社入りを果たすとメンバー全員が上位報酬を得られるわけですが、メンバー個人の成績に関係なく、ほとんど活動していないメンバーにも報酬が与えられます
そのためフェスが始まっても自分はほとんど活動せず、報酬だけを持ち逃げするいわば寄生がたびたび発生し問題となっています

そこで、上位10社入りを目指す際はフェスが始まる前にメンバー全員に参加の意思を確認します
上位10社に貢献できそうにない人は分配枠扱いとなり、入賞で得られる上位報酬はプロダクションの管理者(一般的には代表)に納めることになります
分配枠の表明や報酬を納めるのはメンバーが自発的にやらなければならないことなので、約束を反故にしない強い信頼関係があることが前提です

分配枠から納められた報酬はどうなるのかというと、たくさんptを稼いだ人、具体的にはメンバー2人分以上のptを稼いだ人に分配されます
自分の取り分のptに加え、分配枠に回ったメンバーの分のptを代わりに稼いだことになるため、そのメンバーの分の上位報酬を譲ってもらえるということになります

報酬の分配方法はプロダクションによって違い、枠ではなくptの割合で分配されたり、フェス前に何枠を目指すのか申請しておく事前申告の場合もあるので、フェス傭兵に行く際は報酬の分配方法について相手プロの管理人さんによく確認しておきましょう
いかに相手プロの内部機密であっても、元のプロではなく相手プロのために稼いで貢献するわけですから、傭兵参加者にはそれを知る権利があります


さて、その枠とやらは具体的にいくら稼げばOKなのか?
これは開催されるフェスごとに異なっており、個人順位とは別に考えなければなりません

一般的にというのは、プロ順位11位の総ptを40で割った、いわゆる2.5%ノルマを採用することが上位プロでの通例になっています
気をつけたいのはプロ10位ではなく、11位のptを参照することです
プロ10位のptなら10社入賞できているわけですから、11位のメンバーの平均ptを超えたかどうかを見るのです

枠のボーダー、2.5%ノルマその回のフェスの10社争いが激化したかどうかに大きく影響されます
例えば前回のきらりんフェスは比較的10社争いが緩やかだったためか、2.5%ノルマは900万pt台で、個人順位だと800~900位くらいの水準でした
1枚ボーダーとなる個人2000位よりも2,3割大目に稼げば達成できました
また、2枠申請し11位の5%を目指す場合も、個人200位のptよりも下だったため個人200位以内なら自動的に2枠分稼ぐことが出来ました

しかし今回は10位と11位の争いが激化し、その波紋で上位10社の他のプロと2.5%ノルマも押し上げられました
最終的に2.5%ノルマは2000万pt以上と前回の倍を超え、その伸び方は個人200位ボーダーに匹敵し、個人順位だと推定で280位付近の水準に達しました!
私は今回2枠で事前申請していたため、その倍の5%を目指して走ったのですが、その水準は個人順位に直すと60位台とかになり、正直かなり滅入ってました
前回は個人200位以内なら達成できた目標が、今回は60位台じゃないと達成できないなんて!
(追記:最終結果では個人68位以内が11社の5%でした)

なぜこんなことになったのか、信じられませんでした!こんなはずじゃなかった!
だからそう、そこが2.5%ノルマの恐ろしいところなんですよ
実態がつかみにくい架空のボーダーだから、その回その回で姿を変えてきて、前回のデータや個人順位がまるで当てにならない!

私なりの分析ですが、11社争いに参加しているトップランナーはすでに個人200位を大きく割っており、それでも彼らは稼ぐのをやめないため、200位ボーダーはそのままで2.5%ノルマが押し上げられたのでしょう
1社当たり40人とすると11社に参加しているランナー総数は440人
なのにノルマのボーダーが280位で、残りの160人がノルマ達成できてないのは不自然でしょ?
だからその達成できてない160人分のptが上位280人に集約していると考えると、2.5%ノルマが上がるのも頷けるかと思います


以上の経緯があったため、今回フェスは個人2000位や200位はいつもと変わらない並みの水準だったのに、2.5%ノルマが激しく伸びる結果になりました
私自身、今回のことで良い経験と勉強をさせてもらいました

これほどの上位にランクインできたのは前回のフェス傭兵以来2回目でした! 個人200位を目標に傭兵参加するに当たり、過去最高を記録した前々回の茄子フェスのデータを参考に最悪の事態(過去最高記録の更新)を想定して準備をしてきたため、今回の個人200位はもとより、2枠分のノルマも問題なく達成できました
決して楽に達成できたという意味ではなく、手持ちのエナドリが450本以上余ったため、資産的な意味での問題はなかったということです(^^;
ただ、2.5%ノルマが前回のように個人200位を上回らなかった場合は200位以内をキープできる位置で走るのを止めるつもりだったため、200位ボーダーよりも1000本以上余計に飲まされる結果となったのはかなり悪い意味で想定外でした(>_<)
もし2枠ではなく1枠で申請していたらそのエナドリ1000本以上を飲まずに済んだことになるのですが、多く申請した1枠分にエナドリ1000本以上の分配報酬があるはずもなく、収益を考えれば大赤字ですよ

だが、それがどうした?

フェスというのは損得よりももっと大事なことがあります
相手プロと交わした約束やノルマを守るのももちろん大事ですが、それ以上にメンバー全員が一丸となり、心を一つにしてこの最高の舞台を楽しむ、こんな経験は他のどのイベントでも絶対に味わえません
ましてや今回、全プロダクション総合1位という栄冠の片棒を担がせてもらえたんですから、これ以上に栄誉のあることなんてありません!


私が傭兵先を探していた4月の中旬、全部で4社から勧誘をいただいておりました
中には私が以前傭兵として参加したことのあるプロダクションもあり、ここに入れば上位10社入りは安泰と思われました

しかし、私は約束された勝利よりも刺激的な挑戦を求めていました
そこで目に留まったのがベーコンタオルさんの代表とのやり取りで、当プロが上位10社を目指すのは今回が初めてとのことでした
ひょっとすると10社入りできないかもしれないので、確実性を求めるなら他のプロをオススメしますと注意も受けました

でも私は直感で、ここに賭けてみたいと思った
初挑戦という響きに魅力を感じたし、代表さんの丁寧な対応にも好感を受けました
初めての上位10社挑戦に、私も力添えが出来ればと
それがきっかけで、今回のフェス傭兵が実現しました

別に傭兵に行くのはどこでもいいってわけじゃなくて、その時によって判断基準が変わっているように思います
私がフェス傭兵に行ったのは今回が3回目になるんですが、初めての時は不安が色々あったので一番有名で安定感のあるプロへ、2回目はリアルの飲み会で偶然お会いした方のいるプロへ招かれ、そして今回は初挑戦というスリルと刺激を求めた形になります
もちろん、それまでは全一優勝の経験なんてなくて、今回もまず10社に入賞できるかどうかに重きを置いていたんですが、まさか初挑戦でいきなり全一になれてしまうなんて誰も予想できなかったと思います!

人間やればできないことなんていない!という安易な根性論だけで成し遂げられたとはとても思えないんですけど、でもやっぱり代表始めベーコンタオルさんのメンバーの想いと、それに応えるべく集まった我々傭兵含む全員の気持ちと気合、これがないと絶対にこの偉業は成し遂げられなかったと思います

私にとってベーコンタオルさんは今まで何の縁も関わりもなかったプロダクションだったんですけど、今だけはこのプロの一員として、自分のことのように喜ぶことを許してほしい
それと、自分の身勝手で元プロの灰かぶり姫のメンバーに迷惑をかけるのみならず、自分だけが勝利の栄光に酔いしれる愚かな代表を許してほしい
個人2桁!全プロ1位!グループ優勝!文句なしの最高成績です!!
灰かぶり姫の戦歴には何一つ残らないけど、その代わり私の戦歴に輝かしい1ページを刻むことが出来ました
それも全て、灰かぶり姫とベーコンタオル、両プロの理解と協力があってのことです
素晴らしい経験をさせてくれたことに心から感謝しますm(_ _)m

拍手[2回]

広い平地に大量の敵が!これ一気に全員攻めてこられると無理ゲーですね(・・;) 14章は城の外と中でエリアが大きく分かれているマップ
城内の敵は最初は配置されておらず、城門に近づくと一斉に配置されます

最初に見える城外の敵だけでも、ノーマル時の2倍以上の数でソシアルナイトとパラディンの小隊が規則正しく配置されています
エリアが2つに分かれているほか、後から出現する城内の敵を合わせるとその数は50を超えるため、シナリオ前半では最大の長丁場、山場になります

比較用の過去ログはこちらです
こうして比べるとノーマルの敵が少なすぎるっていうのを実感できます
敵はパラディンが率いる騎兵隊が主力 美しい布陣ですね 城に接近した瞬間城内に敵が出現








この章から仲間になるクリムゾンですが、暗夜ルートでは暗夜軍に捕まって処刑され、透魔ルートでは主人公をかばって死亡するため、自軍として最後まで使用できるのは白夜ルート限定という貴重なユニットです
だったらこのルートでクリムゾンは絶対使って支援組ませないといけないなと思ったんですが、なんとクリムゾンの支援相手は主人公一人しか用意されていません!
つまり、支援埋め重視なら主人公が男性でなおかつクリムゾンと結婚しない場合は出撃させない方がいいってことですね
クリムゾンとリョウマ、シナリオではあんなに仲よさそうなのに支援がないなんて驚きました

他にも支援会話がほとんど用意されていないのは、ユウギリが主人公のみ、そして別ルートのギュンターは一つも用意されてません
どのキャラもお助けユニットの立場が強いので、腕に自身があるなら使わずにプレイするのがいいでしょう
もちろん人によってはキャラに対する愛着もあるでしょうから使ったらダメというわけではないですけどね


余談ですが遭遇戦でLV上げしてたところ、キルソード持ちから必殺受けてツバキが昇天したのでリセットしました(;д;)
遭遇戦はアニメOFFにすることが多いのですが、一瞬なにが起きたかわからずビックリしました

というわけでプレイ時間は11時間、リセット回数は3回です

 

拍手[0回]

え、その裏切り者ってタクミ、お前なんじゃ? こいつ、父親のスメラギだよな?このルートでは知る由もない事実だけど、なんでこんなところに






出現する敵が全員飛行系という難易度の高いマップ
11章
冒頭イベントで、船に乗る前に港町で暗夜軍と戦闘が起こったと語られますが、このルートではその戦闘の章は省略されています
他のルート、透魔ルートの港町の戦闘がそれに該当するのかな?わかりませんが

 
 
敵の増援が多いので初期配置の敵以外にも気をつける必要がある 11章はノーマルプレイ時に衝撃を受けた超難易度マップ
ハードだと初期配置はノーマルとあまり変わりませんが、増援の数がかなり増えているので、突然出現しても対応できるよう、単騎で突出せず大勢で固まって進軍する方がいいです


12章は敵のガロンやマークスとの戦闘を避け、主人公を目標地点に到達させるマップ
12章はノーマルの時点で敵の密集度が高く、ハードでも似たような傾向 ノーマルは向かってくる敵を押し返しつつゆっくり進軍できたんですが、ハードでは最初の方でマークスが出現するターンからこちらに全力で向かってきます!

マークスの強さは言わずもがなで、戦闘は絶対に避けたいところ
とは言うがマークスは移動力が高く物凄い速さで接近してくるため、マップ中央付近の宝箱回収と竜脈起動が間に合わない可能性が高いです

宝箱は敵兵士が開けるのを殺して奪えばいいので鍵開け持ちのユニットは必要なし
主人公は竜脈を起動しないと到達地点に到達できませんが、飛行系に防陣を組ませれば水場を超えて一気に到達地点までいけます
幸いなことに到達点付近は敵がおらずがら空きなので、宝箱を回収できたらマークスが来る前にさっさと到達してクリアしてしまいましょう


敵の数はノーマル時の1.5倍で、防陣組も配置されている 13章はノーマルよりも敵の数がかなり増えており、ハードでは12章を抜いてこれまでで一番多い
そしてもう一つの違いはボスのカミラが強化されていることで、ステータスがわずかに上がっているほか、弓殺しのスキルを身につけているため弓による特攻を狙うのが難しくなってます
カミラは物理攻撃と魔法攻撃の両方を使いこなすため、こちらにおびき寄せて迎撃する際は魔法攻撃に限定される、攻撃範囲の一番外側に囮を配置しよう
今回は魔力と速さが暴走気味のサクラに支援スキルをかけまくったところ単騎で確殺できましたw

プレイ時間は9時間30分、リセット回数は2回
あれ!?こんなスキルノーマル時はなかったはずだが!? 今回も返り討ちにされる哀れなカミラ姉さん というかサクラが強すぎるw








拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
5 7
11 13 15
19 22 23
25 27 28 29 30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、デレステ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいため対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[05/30 たけ]
[05/28 たけ]
[03/31 NONAME]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
P R
バーコード