主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね

まだ3回くらいしかオープニング再生してないんだけど、ツインボーカル最高かよ!!
何回聴いても鳥肌が立ちます!
ひょっとすると今まで聴いたアトリエのオープニング曲で一番好きになるかも?

今までのオープニング主題歌かあ、プレイ経験のあるやつで特に好きなのはメルルとエスカ&ロジーかな
CDアルバムはエスカ&ロジーとフィリスを持ってて、オープニングムービーに限っていえばフィリスが好きです
(もちろん主題歌のFloraも名曲ですよ!)


なんか不安すぎるんですけど(^^;さて、ゲームの方はまだ始まったばかりです
アトリエに戻ると初めての調合をすることになりますが、チュートリアルなので材料を選ぶだけで完成します
まだかけだしだからパネルを埋める工程は身につけてないのかな?

最初はやっぱりお約束の失敗!主人公が二人いるせいでハチャメチャ度も2倍!? やることメモの右下のコメントが面白すぎるんですけどwww






図鑑では素材の錬金成分とサイズの組み合わせが表示される 面白い未知の錬金成分もあらかじめ確認できる チュートリアルはまだなんですけど、アイテムの図鑑を見ると材料の錬金成分と色、サイズが全パターン表示されます
どうやら今作は材料の錬金成分によって色、サイズが決まるようです


タウンマップはソフィーのアトリエ形式 アトリエのある通りは海に面している アイテムを調合したら、それを鍛冶屋のおじさんと教会のシスターに届けに行くことに
鍛冶屋のおじさんってのはわからないけど、教会のシスターと言えばパメラだよねー絶対!今回もやっぱり出るのか~(とか思ってました、この時まではw)

えええーーーーお前かよーーー久しぶりー!!町中を散策しつつ、初めに鍛冶屋の方へ行ってみるとあまりにも聞きなれすぎている声が!
アーランドシリーズで散々世話になったインパクトの強いオヤジ、ハゲルだ!!
アーランド時代の立ち絵イラストは筋肉モリモリだったけど、今回の3Dモデルはなんかほっそりしてるな?

まさかここで登場するとは想像だにしなかった!
今回の鍛冶屋枠はロジーじゃなかったんだな
流石に旅好きとはいえそう何度も引っ越して店を開くわけにはいかなかった模様


それにしても、スターシステム?とかで過去シリーズから登場するキャラ、新しい作品になるたびにどんどん増えてますねw
不思議シリーズだけでも続投するキャラが沢山いるのに、今作の主要キャラの半分くらいは過去作キャラで埋まるんじゃないか?

全く知らない新キャラよりも、馴染みのある過去作キャラが出てくれたほうが嬉しいし絶対テンション上がる(あと名前を覚える手間も省けるしw)からどんどんやってくれていいんだけど、あんまり過去作キャラに頼りきりで新キャラを出す機会を奪ってしまうのも考え物
だから黄昏シリーズから不思議シリーズへ移った時のように世界観を一新して、新しい登場人物で物語を創ることも大切なんですねー
まあ不思議シリーズの始まりであるソフィーのアトリエにも、他シリーズからロジーやパメラが出演してましたが、それはそれで嬉しかったから問題ありません(^^)


シスターはパメラじゃなかった!残念wなお、もう片方の教会のシスターに会いに行くとパメラではなく普通に新キャラでしたww

あれでも待てよ、私アトリエシリーズ全部やったわけじゃないから、初めて見るから新キャラだと思っても実は過去作キャラだったりするパターンがあるんだよな
海の見える高台から王都を一望できる 綺麗! それに気づけずにプレイを進めてもデメリットは何も無いんですが、サプライズやゲスト出演で嬉しくなる気持ちが一切ないからとても損した気分になります
ハゲルの件だって、6年以上前のアーランドシリーズをプレイした人でないと新キャラだって思ってそれ以外の感情はわかなかっただろうからね 
亡くなったお母さんとの約束 やっぱりお母さんも錬金術士だったのかな 失敗しちゃった♪じゃねー!(笑) こんな父親も一応錬金術士なんだな 地下室で見つけた絵画 これは… アバンタイトルムービー!霜月はるかさん、今回も素敵すぎます! 前作から登場のキャラも新規イラストで紹介!イルメリア可愛い!! 何が起こったのか全く分からないのに危機感は皆無 ポジティブだね


ギャアーーやばそうな魔物が出た!! 戦闘中はフィールド効果が発生?























絵画の世界にいた美しい女性 髪の色も同じだし、まさか・・・?絵画の世界ではボイスにエコー?がかけられており、まるで夢でも見ているよう
そして画面の外側は筆で絵を描いているようなエフェクトがかかり、花などのオブジェクトも3次元ではなく紙に描いたような平面的なデザインとなっており、非現実的な世界をかもし出している


地下室に侵入したことを父親に見つかってしまった 絵画の世界から戻ると、すぐに父親にばれてしまう
でもそんなことは意に介さず、二人はすぐさま持ち帰った素材で調合を始めるのだった
もっとこっぴどく怒られるかと思ったけど、父親はいずれこうなるのをわかっていたのだろうか

お父さんを無視して部屋を飛び出した二人 父親の威厳が…wそれに、父親は二人が絵の中の世界に行ったことを信じていない様子
とするとあの世界は父親が意図せず発生したもので、地下室を立ち入り禁止にしたのは絵画の世界とは関係ないようだ

そして家族3人にとって、すでに亡くなった母親がとても大きな存在になっているようだけど、絵画の世界で見かけた女性ってひょっとしなくても母親なのでは
二人が絵画の世界に入れることを父親は知らないようだ 死んだ母親に絵画の世界で会えるとなるととても素敵なことだけど、それを父親が知ったらどう思うのだろう?
一話目からかつてないくらい不思議で幻想的な世界観ですね!

プレイ時間は1時間です

拍手[0回]

タイトル画面!今回は色彩豊かな印象を受ける 絵画の錬金術士だからかな? フィリスのアトリエクリア後に、近いうちにやりたいと思ってた続編、「リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~」のプレイを開始します!!(拍手)

ずーっとプレイするのが楽しみで、楽しみすぎてプレイするのに凄く緊張していますw
期待の大きい新作を始めるのって相応の覚悟がいるというか、心の準備が必要になりませんか?
そういうの気にせず気楽に始められればいいんですけど、初回プレイのわくわくはこの瞬間しか体感できないと思うと、全身全霊でプレイに臨みたいのです


ネタバレ防止のために公式サイトもマニュアルもまだ読んでなくて、どんなストーリーなのか想像するしかないんですけど、パッケージ裏の紹介を見るとどうやら絵画の世界に入れるようで
絵画の世界ってことは異世界ってことだよね?
これまでのアトリエシリーズはほとんどが現実世界で探索や採取してたから、いまだかつてないほどファンタジーな世界になりそう!

だって異世界ってことは広さも風景も無限大ってことだよね?
そこに入れる能力を主人公が持っているとすると、自宅から直接異世界に入れたりしそう
そういう場合って、今までだと採取地に移動するのに時間がかかってたけど、今回は時間を消費せず一瞬で採取地に入れるのかな?
それとも絵画の世界は現実世界と時間の流れが違ってて、出入りするだけで現実の時間が経過しているとかありそう!
いやープレイ前から妄想が膨らみますね!
こういうの好きなんですよ、プレイ前に妄想を膨らませるの!


そしてパッケージ裏で注目すべきなのが、不思議シリーズの錬金術士が登場するというもので、ソフィーとフィリスがイラストつきで掲載
フィリスのアトリエの時とはまた服装が変わってて、二人の成長した姿を見るのが楽しみです!
リディー、スールとはどんな出会い方をするんでしょうね?
ソフィーとフィリスは一緒に旅をしているのか、それとも別々なのか
  
おおーーリアーネだー!アトリエテントもあるね!
前置きはこのくらいにしてオープニング
主人公が二人いるということで主題歌もツインボーカル?になってて凄く躍動感があった!

そしてソフィーやプラフタ、フィリスだけでなくリアーネやイルメリアの姿も確認できました!
すげーー不思議シリーズの主要錬金術士が揃ってるー!! オープニングですでにネタバレするやつですやんwww
いや嬉しいですよ!?嬉しいし素晴らしい演出だと思うけど、本編プレイ中にキャラが初登場するシーンでOPで事前にわかってた場合と、完全に不意打ちのサプライズ登場とではやっぱり最初の印象変わっちゃう
どっちが良いとは言えないけどね、OPで先出しする場合としない場合

でもそうかー、リアーネとイルメリアも出るのかー
フィリスのアトリエでのEDルート分岐によっては誰と一緒に旅をしていてもおかしくないから、前作からここまでに誰と何をしていたことになってるのか気になります
かわいい&かわいい(//^^//) 採取地でのアクションは前作フィリスを継承 連打すると別のアクションに派生する新要素も! メニュー画面 今までと違ってなんだか暗いイメージ? 操作する主人公が交代した!セリフやアクションも変わるんだね 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
今回の舞台はアダレット王国の首都!前作までは名前だけだったけどついに明らかに! 今作の舞台はアダレット王国の首都、メルヴェイユ
確かソフィーやフィリスの故郷もアダレット王国に属しているんだよね?
今まで国の名前は何度か出てきたけど、今回の拠点はその国の首都ということで今までで一番都会なんですね
アトリエシリーズの主人公の出身地は大体が辺境や田舎というイメージだからこれは新鮮かも
今作のストーリーはチャプター形式なんだ!確かシャリーのアトリエもそうだったらしいですね 家には二人のお父さんが ここは父親のアトリエなのかな?






うわ、こいつダメ親父系かよww そして今作の主人公、リディーとスールは双子の姉妹
ダブル主人公の形をとっているアトリエシリーズは過去にも何度もあって、最近だとエスカ&ロジーとシャリー、昔のだとマナケミア2もそうでした
そしてそれらはゲーム開始時にどちらの主人公でプレイするかを選択し、それによってシナリオや会話の内容、BGMが変わるというものでした(シャリーのアトリエだけは未プレイなので違ってたらすみません)
そして選んだ主人公は途中で変更することができませんでした

アトリエ内ではいつでも操作キャラを交代できる! しかし今回は最初に主人公を選ぶことはせず操作する主人公はアトリエ内でいつでも変更可能というもの
もう片方はアトリエ内で話しかけられるキャラとして登場し、当然操作キャラによってセリフが変わるほか、BGMも変化します
他にも様々な変化があると思われ、頻繁にキャラ変更して両方のパターンを同時に楽しむか、1周目は片方に固定して2周目にもう片方に固定するスタイルで進めるか、悩ましいですね


戦闘レベル上限?シナリオの進行度でレベルに上限が設けられているのかな? 最初のセーブポイントまで進めたところで今回は一旦終了
まだ最初のチュートリアルすら終わってませんが、この先想像もつかない展開が待っている予感!
早く続きをプレイしたいです(^^)

拍手[0回]

今作の強敵枠の筆頭、ヴォルツとクライマリアの最狂コンビとの戦い 続きましてはチャレンジの2つ目です

このミッションではクライマリアとヴルカンが同時に出現
本編15章をアレンジしたようなミッションだが、本編ではボス2人の位置関係が離れていてヴルカンだけを撃破すればクリアだったのが、今度はボス二人の初期位置が近接しており、両方を撃破しなければならない


・・・で、最初にことわっておかなければならないのですが最初の1ターン目の行動についてはあらかじめ攻略サイトでネタバレしています

その行動とは、ヴルカンを1ターン目にいきなり撃破すること
しかも突撃兵で

一見無茶苦茶すぎる作戦だが、オーダーの「全力破壊」「貫通攻撃」「急所攻撃」「全力防御」を突撃兵に発令することで、クライマリアとヴルカン、敵擲弾兵の苛烈な迎撃をかいくぐりながらヴルカンの装甲をマシンガンで貫通して破壊できてしまうのだ
信じられない話ですがプレイ前に参考動画を再生してこの目で見ました

ミッション前の準備として、突入する突撃兵には発射数重視のマシンガンを装備させます
このモデルは制度や射程、単発火力に劣るので使ってなかったんですが、戦車相手の接射なら精度は関係ないし、全弾命中時の総合火力は当然こちらの方が勝ります

ヴォルツとクライマリアはともにマップ中央に配置 まずは赤い吹雪を止めなければならない 上記オーダーを発令することで、2回攻撃すればヴルカンを撃破できます
自軍の初期位置から走ればヴルカンまで届くので2CPで撃破できることになりますが、注意点として最初の1CP目では攻撃せず、2,3CP目で攻撃すること
1CP目で攻撃しようとするとターゲットモードに入った際、射出されたクライマリアの砲撃が時間差で落ちてきて、吹き飛びによる無敵時間も発生しないため連続攻撃を食らいやられてしまう
突撃してヴルカンにタッチすると敵は迎撃してこなくなる! こちらの行動を終了すれば操作ユニットの当たり判定が消えてクライマリアの攻撃をやり過ごせるので、2CP目でヴルカンの真横に移動します
この位置がクライマリアやヴルカン、擲弾兵など全ての敵ユニットが迎撃をしてこなくなる安地となっているのだ
味方であるヴルカンへの誤射を防ぐためのアルゴリズムなのでしょうか?

マシンガンが戦車の装甲を貫通して大ダメージ! あとはそこから無抵抗になったヴルカンへ弾丸をプレゼントしよう
するとあら不思議、普通なら銃弾をはじくはずの戦車の装甲が青い炎を上げながらボロボロになっていきます

ヴルカンが木っ端微塵になると再び敵が迎撃を開始
そのまま突撃兵を放置してフェイズを終えると確実に死ぬので、CPを使って強制退避させよう


ボスを片方撃破しても敵の攻撃は激しい この回はリセットしました ヴルカン撃破後の戦法についてはネタバレ記事を読んでないので我流です
ヴルカンがいなくなっても敵の攻撃は苛烈かつ巧妙で、死角から突然戦車や狙撃兵が出てきてこちらの本拠点へ長距離射撃をしてくるので、ヴルカン撃破にCPを投入したせいで行動できなかった自軍ユニットが狙われてしまいます
装甲車で歩兵を収容して安全確保したつもりでも、向きが悪いと戦車にラジエーターを狙われて歩兵もろとも全滅することもあったりで何度もリトライしました
見えている敵ならともかく潜伏している敵に対して初見で対処するのは限度があるのである程度は仕方ないですが

敵のLVが40!?限界突破の限界をさらに突破してるじゃねーか! ちなみに敵兵士のLVを見ると40となっており、最初見間違いかと思ったんですけどこれ、プレイヤー側の限界レベルを超えてますよねw
全兵科限界のLV30まで鍛えて、名実ともに連邦最強の部隊になったという賞賛と勲章までもらったのに、帝国兵の練度はそれをはるかに上回っているとは、一体どんな地獄の訓練を…w


2ターン目以降は装甲車に歩兵を乗せてから戦車を前に出して前進
本拠点には防衛用のユニットを残しておくが、北側から狙ってくる戦車と狙撃兵の射線をフェンスで遮れるような位置に配置すること
クライマリアが南にいる自軍本隊に急接近 このままでは一方的にやられるだけだ
クライマリア
は1ターン目にマップ北へ移動した後2,3ターン目で南下
3ターン目には南の敵拠点を占拠したが、そこへクライマリアが急接近してきて身動きが取れなくなってしまう

本拠点から狙撃兵を派遣しクライマリアを背後から奇襲 ピンチをチャンスに変えることに成功した ここから歩兵を東に送り込んで敵拠点を制圧するつもりだったのだが、ここが正念場と判断し自軍本拠点から狙撃兵を走らせてクライマリアの杖を破壊
そのまま南にいる本隊と挟撃してクライマリアを撃破、クリアすることに成功しました
このまま東に進軍して敵拠点を占拠しても報酬的にはメリットはなかったと思うし、相手の方から近付いてきたおかげで戦闘が早期に決着して結果的に良かったということか


チャレンジ最後のミッションは、本編の最終決戦の一つ前の戦場である氷結運河
といっても潜水艦は出現しません

最終ミッション 制限時間が5ターン以内なのが最大の特徴 目的は敵本拠点の占拠なので道中の敵を蹴散らして進めばいいのですが、このミッションには5ターン経過で敗北という他に類を見ない敗北条件があります
今まではSランク評価を得るためだけに迅速な攻略を行ってきましたが、ここではSランク以外はクリアと認められない、そんな感じですね
妥協の許されない、本当の意味でのプレイヤーの手腕が問われます


雪塊の向こうにいる敵はレーダーで索敵 進軍する前に擲弾兵で先制攻撃をしよう マップは雪の壁によって複数のエリアに分けられており、壁の向こうの敵を発見することはできません
壁は車両で触れるだけで破壊できるので、基本的には装甲車を先行させることになるのですが、壁の向こうでは敵が万全の迎撃態勢で待ち構えているため、壁を壊した瞬間に集中砲火を受けてしまいます
また例外なく壁の向こうに擲弾兵が配置されており、車両で接近しようとしても移動不能にされてしまい、攻撃もできずCPを無駄にさせられることも
これこそが敵の狙いであり、5ターン以内のクリアを困難にする一因となっている

そこでシップオーダーのレーダーで壁の向こうの敵を発見状態にし、雪塊を破壊して進む前に擲弾兵で敵を一掃しよう
敵はこちらに気づけないため一方的に攻撃できる

うかつに雪塊を壊すと敵の集中砲火を受けてしまう!あの狙撃兵の配置には参ったwなお、右の画像はレーダーを使わずいきなり壁を壊して進んでしまった失敗例
擲弾兵だけでなくきれいに整列した四銃士から一斉射を浴びてしまいました
敵の配置見た時は思わず笑ってしまったw


4ターン目に敵本拠点に到達 意外にも本拠点はがら空きだった 敵本拠点に一番近い雪塊は左右に分かれているが、右側の狭い場所から突入すると対戦車砲以外の迎撃を受けずに本拠点まで侵入できる
しかも本拠点には防衛のユニットが一切配置されていないという手薄さ
4ターン目の初手で余裕をもって到達できたので、余ったCPで敵の設置兵器や戦車を破壊してボーナスを稼ごう


これで全てのミッションを制覇!
といいたいところだけど、まだ発生していない隊員断章があるので、資金を稼ぎつつそちらを発生させる予定です
恐らく次回の更新で完結かな?

プレイ時間は74時間

拍手[0回]





唐突ですが最近ニコ動でソフィーのアトリエの実況動画シリーズを視聴し始めました

動画シリーズの存在は少し前から知っていて、数日前の5月30日に完結し、それと同時にpart1から視聴を始めたんですけど、別に狙ったわけではなくて偶然です

フィリスのアトリエをやってたこともありソフィーのアトリエをプレイしてたのがつい最近のことのように思えるのですが、2周クリアした後でもあの世界観がとっても好きで、また帰りたいなって時々思うんですよ
そんな時にこのシリーズを見かけて、まとまった時間が取れたら視聴しようと思い、今に至ります

実況主のミナセさんの動画はこれが初めてなんですが、癒し系ボイスで人気のある女性ということでこのソフィーの世界観に非常にマッチしてるんじゃないでしょうか?
やっぱりね、野郎の私と女性とでは着眼点や感じ方が全然違ってて、そういう見方、楽しみ方があるんだなあと、新しい発見があってちょっと、いやだいぶ驚いております
こんな風にアトリエの素晴らしい世界を誰かと共有して一緒に楽しみたかったんだよねえ

あと、今作のボーカルアルバムは持ってないのでボーカル曲の歌詞は今まであんまりわからなかったんですが、編集で歌詞をつけてくれているのがとっても嬉しかったです!
個人的にソフィーのボーカル曲ではアバンタイトルが一番好きです(^^)
 
まだまだ見始めたばかりですが今後も楽しく視聴させてもらいます♪

拍手[0回]

前回の記事書いてるときに、最高難度のチャレンジよりも真のラスボス戦の方が楽にクリアできるんじゃないかと思ったので先にそちらを攻略します

とは言ってもやり方は以前やった通り、オーダーで超強化したエリアス擲弾兵でラジエーターを4つ同時に破壊するというものです
敵のLVは上がっていますがこちらも相当鍛えたので問題ありません
敵の配置が少し変わっているようですが、遠距離から攻撃してくる擲弾兵と狙撃兵を先に排除しておけばひとまず安心です

え?ちょっと待って、これ新イベントだよね? また変更点の一つとして新イベントが追加
ボス戦車の前面下部に吸気口が出現し、そこを破壊すれば戦車の潜航を止められるとのこと
それが本当ならターン制限の厳しくなった(通常の半分の10ターン経過で敗北)今回のミッションでは是非とも破壊してみたいところだが、2ターンクリアできる戦法では試す必要はなかったですw

2ターンクリアで大勝利!報酬も大量です 肝心な擲弾兵でのラジエーター攻撃ですが、相変わらず狙いをつけるのが難しく、1度でも外すとリカバリー不可で、(具体的には無傷のラジエーターだけを狙うと直撃して一撃で破壊してしまうため調整が効かない)リタイアして戦闘を最初からやり直すハメに
2回目は直前に保険でセーブしましたが、ルフの砲術アップ発動で火力が上がったため無傷のラジエーター4つ全てを一撃で破壊してクリアできました


クリア後はイベントが続き、前回見たのと同じだったのでスキップし続けたんですが、それを続けてたらブックモードに戻ってしまいました(この時トゥルーエンドの銀トロフィーゲット)
そこには確かに新たなエピソードが追加されてたんですが、再生するとさっき見たのと同じシーンじゃねーか!

クロードの元に現れたレイリィ達!アンジェも無事だった! そう、ノーマルエンドとトゥルーエンドは途中まで全く同じで、途中から展開が変わっているのだ

ノーマルエンドではクロードしか登場しなかったが、トゥルーエンドではそこにレイリィや仲間達(アンジェもいるよ!)が現れる

おっほーうアツイ!! 相変わらずセリフは少なかったが、もはやそこに言葉は要らないって雰囲気でした

最後は熱い抱擁からのKISS!!
やっぱり戦ヴァルの終わり方はこうでなくちゃね!

ヒューーやったぜ!!L(^^) もっとこう、戦ヴァル3の結婚式シーンとか無印の数年後に子供ができてるみたいに幸福と妄想が溢れるエピローグの方が良かったけど、大勢いる仲間の目の前でこんなラブラブなのを見せ付けられるとこっちまで熱くなるね!
もうこれ事実上のゴールインでいいよね?お幸せに!(´∀`)


ここで少し、ノーマルとトゥルーの違いについて考察してみよう

トゥルーエンドでレイリィが車椅子に乗っていたことから、退院直後であると推測できる
そりゃそうだ、最終決戦で死に物狂いでセンチュリオンまで走り、艦内でニコラから銃弾を受けながらも炎上する機関室で作業し、熱せられたバルブに手を焼かれ、その後クロードが来るまでアンジェを守るように抱きながら炎の中で気を失っていたんだ
もう瀕死も瀕死、銃弾の出血と全身大火傷で生きてるのが不思議なくらいの重傷を負ったはずだ

流石に一命は取り留めただろうけど、ノーマルエンドでは結局レイリィの安否はわからなかった

しかしトゥルーエンドでは無事に退院できたことがわかった
恐らく短期決戦によりアンジェの起爆を早く止められただけでなく、クロードが救出に来るのが早まったためレイリィの怪我の具合も軽く済み、退院が早まったのではなかろうか?ううんきっとそうに違いない
プレイヤー自身の戦略によって二人が幸せな再会を果たす結果を生んだのだ、良かったね(´ω`)


さて、美味しいシーンも見られたことだし、チャレンジの攻略に取り掛かります

ラグナイトの活性化?新種のフィールド効果か? 1つ目のミッションはジークヴァル・ラインで、敵本拠点の占拠が目的
ミッション情報によるとラグナイトの活性化で敵味方共に受けるダメージが非常に大きくなるとのこと
ラグナイトの活性化って…ラグナイトって、何なんだ?

ラグナイトはラグナエイドの原料でもあるため、過去作ではラグナイトのフィールド効果で敵味方の歩兵の回復量が大幅に上昇するマップが存在した
しかし今作にはそのようなマップは存在せず、むしろ人体に有害な効果になってるじゃないか
もはやラグナイトはなんでもありのご都合設定という概念と化しているな
まあ本編とは関係のないifミッションだから、深く考えないことにしよう

初期配置可能なユニット数は過去最大!せっかくなので全ての戦車を配置しよう!
戦場は広い平原に多数の敵が配置されており、こちらも全ミッション通じて初となる車両3台全てが投入可能という全力配備が可能
作戦名となっている本当の戦場は、双方が総力を持って激突する、そういう意味だと思いました

敵の数が多い以外はいたって普通なマップに見えるが・・・ しかしやってみると、その意味を履き違えていたことに気づかされました


ミッション情報でも書かれていた通り、このミッションではダメージ計算が従来とは全く違っており、通常では考えられないほどのダメージを受ける
あの不死身のラズ様が偵察兵ごときにやられてしまった! ダメージが2倍とかそんな次元ではなく、常に急所に被弾したかのような致命傷を受けるのだ
そのためいつもみたいに敵偵察兵を突撃兵で倒しに行こうとすると、普段なら迎撃されてもカスダメ程度しか受けないが、ここでは突撃兵の射程まで距離をつめる前に迎撃だけで殺されてしまいます

擲弾兵の迎撃にしても、普段なら1回や2回吹っ飛ばされても大丈夫なんですが、このミッションでは1発で即死します
なので移動中に擲弾の発射音が聞こえたら全力で走り抜けるか、狙いが外れるのを祈るしかありません

そして周りに敵はいないはずなのに突然死することがあります
恐らく全く気づかれない位置から狙撃されたのでしょう
 
さらにこの戦場ではフィールド外に設置されているトーチカから常に弾幕が発射されています
ただの演出かと思いきやしっかりダメージ判定が存在し、流れ弾が当たってHPが減ることがあります
いつどこから飛んでくるのかわからないので基本的に回避は不可能
本編の同戦場でも同じように流れ弾でダメージを受けましたが、そのダメージは1とか微々たるものだったので無視できました
 
常時戦場を飛び交う流れ弾によりHPがごっそり減ってしまう!しかしこのミッションではその流れ弾のダメージが大幅に強化され、HPの低い支援兵や狙撃兵だとただ立っているだけで迎撃もされてないのに突然HPが半分に減ったりとか!
本編で1発1ダメージだったのが60ダメージとか洒落になりませんよ!
こんな恐怖は今までにないですよ!

今までは子供が使う豆鉄砲を撃ってたのが、ここでは本当の意味での実弾、鉛玉を使っているような感覚で、1発被弾しただけで致命傷、爆弾や狙撃を食らえば即戦闘不能
これぞまさに「本当の戦場」、ついさっきまでやってた戦ヴァルとは完全に別のゲームと思った方がいいです


となれば当然、戦術を一から見直さなければなりません
敵の弾幕の中を突撃することが前提の突撃兵はこのミッションでは役に立てません
せいぜいフェンスに身を隠しながら背後から奇襲させる程度ですが、それだったら偵察兵にやらせた方が良いってもんです

それよりも敵の迎撃範囲外から暗殺するのを徹底し、狙撃兵や擲弾兵を活用しよう
敵の偵察兵ですら十分な殺傷能力を持っており放置すると危険なので、序盤はとにかく敵の数を減らして安全確保に努める

また、このミッションにおけるダメージアップの効果は歩兵にとどまらず車両や設置兵器にも及ぶ
敵戦車の弱点部を狙わなくてもエリアス擲弾で3000近い大ダメージを与えることが可能なので、ここは堅実に擲弾兵で戦車を撃破しよう
最大強化したハーフェン号の主砲であれば、HPが4000以下の敵戦車の正面装甲にぶち込んで一撃で破壊できるためスカッとするが、それはこちらも同じことなので、攻撃後は必ず敵戦車や対戦車砲から身を隠してフェイズを終えること


戦車を狙う敵を排除したら車両で突っ込もう 歩兵相手ならやられることはない 被ダメが増えているとはいえ、キャクタス号でも対戦車砲以外の迎撃ではダメージを受けず安全に進軍できる
なので敵の戦車や対戦車砲を破壊したら、歩兵を乗せて敵本拠点に向けて突っ込もう
道中は対戦車兵だけをキャクタス号の機銃で倒し、歩兵は流れ弾が怖いので降ろしません

敵本拠点には突撃兵が二人いるだけなので、突撃兵が車両を盾にして迎撃をしのいだ後火炎放射で焼き払えば拍子抜けするくらいあっさりクリアできます
最初はビビッて進軍できなかったので4ターンかかりましたがそれでもSランクでした
対戦車砲だけ排除した後すぐにキャクタス号で突っ込めばもっと早くクリアできたと思います

プレイ時間は71時間30分


[追記]

トゥルーエンドを見た後にクロードとレイリィの人物総覧が更新されており、レイリィが重傷を負ったが回復したことと、クロードからの結婚の申し出を受けたことが書いてありました
考察しなくてもここにちゃんと書いてあったんですね(;^ω^)

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード