主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
キルシェノルベルトの推薦状を入手し、ライゼンベルグに辿り着きました


雪原ではアイスタワーのシャドウを相手にLV上げしました
2ヒットする魔法攻撃を受けると致命傷になりますが、毎回アイテムやMPを全力投入して、1戦するたびに近くのたき火で休憩を繰り返しました
時間効率が良くないように思えますが、やっぱり他のザコ敵よりも経験値が多いので、必要戦闘回数が減らせる分こっちの方が単純に感じました

公認試験合格までのメインイベントでは戦闘で強力なボスと戦う機会はほぼないといって良く、試験の最後に戦うイルメリアとソフィー必ずしも勝利する必要がないので、試験に合格するだけならLV上げは必須ではありません
なのでLV31くらいまで上げたところで飽きたので切り上げましたw


キルシェの課題ですが、最初に出されたものを頑張るか、課題を変えてもらうかの選択肢が出ます
そこで1周目とは違う方の選択肢を選んだんですが、結局出されるレシピは同じなのでやること自体は同じだったんですが、選んだルートによってその後の課題のニュアンスが違ってくる点に注目です


またノルベルトの一連のイベントは、1周目でリアーネ関連のイベントを見た後だといろんな伏線に気づくことができます
リアーネがノルベルトの妻にそっくりな見た目をしていることや、集落がかつて別の場所にあったこと、ノルベルトが課題を通して自分がかつて経験したつらい目に遭わなくて済むよう教訓を与えていることなどがわかると印象が変わります


ウェイスト・ブレインやその先へ行くと、LVの高いザコ敵はHPが4000を超えてきます
普通のザコ敵でさえHPが1000近くあってアイテムやスキルで全力出してるのに、4000とかもう見た瞬間戦意失くしますねw
ザコ敵じゃないもん、普通にボスクラスだもん

だからもうライゼンベルグに入ったらそれ以上他の場所の探索はせず、一通り調合をし終えたらさっさと試験前日まで飛ばそうかと思ってます
それで試験合格後は難易度をNORMALに戻そうかと
ベリハのままプレイを続けるメリットってあんまりないですからね
経験値とか素材の特性が良くなる以上に戦闘に時間と手間がかかりすぎるというデメリットがでかくなりすぎるので

ここまでのプレイ時間は94時間です

拍手[0回]

1周目で発生させなかった初見のイベントではスキップの表示がないことが判明 ドナの村のオレリーから推薦状を入手してから間もなく、村の中を歩いていると突然イベントが発生
このイベント、1周目では見られなかったイベントだったんですが、その際画面右下に表示されているスキップボタンがないことが判明
これにより、そのイベントが初見かどうかをスキップボタンの有無で判別できることが分かりました!
新衣装の入手イベントでした!耳よりもおへそのチラ見せがセクシーw
前作ソフィーのアトリエではそのイベントが初見であってもスキップすることができたためそのイベントが初見かどうかはプレイヤーの記憶のみが頼りだったので、これは地味に大きな改良です!


フルスハイムでのソフィーとの再会イベント 個人的に大好きなシーンです フルスハイムでの船づくりの合間に南方原野やレーベンヴァルトの探索を済ませ、ショップでは金にものを言わせて木材や燃料、布を買い占めてストックしておきます
これで船の部品や超弩級調合で必要な素材の大半を揃えることで素材の採取に出かけることなく全ての調合を終えられました
金属だけはショップでの調達が難しいので砂鉄触媒を量産しましたが、1周目からの引継ぎで熟練度が最高になってるため最初から作成個数が多く、工程に時間をかけずに40個揃えられました

これにより、船を完成させるまでの所要期間は1周目より約2か月早かったです


レンさんの問いかけ 間違った選択をしないか緊張しました 1周目プレイ時は、試験に合格するまで船でフルスハイムに戻ることはしませんでしたが、今回はレンさんから推薦状を貰うべく、すぐにフルスハイムに戻って課題を受けました
その際、最後の課題として選択肢が表示
「創造」を選択すると推薦状を貰えましたが、もし「破壊」を選択してたらどうなってたんでしょ?
レンさんが言うには、錬金術の目的をしっかり持つことが大事とのことなので、どっちの答えでも推薦状は貰えたかもしれません

プレイ時間はのべ87時間です

拍手[0回]

2周目は追加された最高難易度、VERYHARDでプレイします

VERYHARDにすると敵のHPが大幅に強化されるベリハにすると敵のHPが3倍(他のステータスは不明)になるため、最初の採取地でもザコ敵のHPが100を超えます
ただ、こちらもクリアデータの装備を引き継いでいるため突撃耐性がない限りリアーネの通常攻撃で一撃で倒せるし、敵の攻撃も1ダメージしか受けないのでベリハでも楽勝できます

そして得られる経験値はNORMAL時の2倍になるので、クエスト絡みで戦闘をこなすとあっという間にLVUPします
この恩恵は大きいですね


余談ですけど戦闘時のフィリスの台詞が今まで聴いたことのないもの(強気で勇ましい台詞)に変化してるんですが、これってデータ引き継いだからなんでしょうか?
それとも戦闘難易度とか他の条件で変わるんでしょうか?気になりますがわかりません


初期衣装なのにボーナスラインが増えてる! エルトナの町から出た後、フィリスの歩行速度が上がっているのがわかりましたが、これ衣装変更解放される前から他の衣装効果が発動してますよ!
錬金術士の礼装の効果である、調合時のボーナスライン増加も発動してるし
歩行速度の上昇については、攻略本でネタバレしてるからすぐに原因がわかったんですけど、実は1周目プレイの際にドナの町で入手できる衣装を取り逃してて、その衣装の効果が歩行速度の上昇だったんです


旅の行程としては、特に細かい予定を立てているわけではないのでその場のノリで探索しています

メッヘンで推薦状を入手した後は、1周目では試験合格後までスルーしてた静かの森を先行して探索
弱い敵はHPが200台なものの、LVの高い敵(強敵ではなく通常の敵)は1500を超えているほか、こちらの被ダメージも普通に食らうようになってきます
こちらの与ダメは全体に100以上などまだ維持できているためスキルを多用すれば蹴散らせますが、MPがまだ低く最高クラスのスキルは2回使うと息切れしてしまうので、無用な戦闘は避けています
レヴィを加えた3人で探索したんですが、せめて4人パーティにしてから挑むべきでした
まあここではイベント関連のクエストは発生しないので無理に探索する必要はないんですけど
 

周回プレイならお金を引き継げるので簡単にアングリフを仲間にできる フルスハイムの酒場に行くとアングリフとのイベントが発生し、5000コールを支払えば仲間にできます
1周目プレイ時はそんな大金用意できず、仲間にしないまま試験合格まで進めたので、2周目は船で湖を越える前にお金を貯めてアングリフを仲間にしようとか考えてたんですが、お金を引き継げるならそんな心配は無用でしたねw
もちろん出会ってすぐに仲間にしました

ここまでのプレイ時間は79時間です

拍手[0回]

クリアデータからこれだけの要素が引き継げる!特に衣装効果の全発動は嬉しい! エクストラをたっぷり堪能したので、クリアデータからデータを引き継いで2周目のプレイを始めます!
引き継げる要素は以下の通り

・お金 … 今作の序盤は収入源が少ないことからショップの利用にかなりの制限がかかりますが、最初から万単位のお金を持っていればほぼ無尽蔵にショップの素材を購入できるため、ゲーム全体の難易度は目に見えて下がります
 
戦闘装備を引き継げるためステータスは高くスキルも習得済み ・戦闘装備ゲームクリア時に装備していた武器や防具、装飾品を最初から装備している状態になります
当然序盤~中盤の戦闘は一方的に蹂躙するだけのお仕事になってしまうと思われるので、戦闘難易度を上げるなどして調整しよう
 
周回プレイでは熟練度を引き継ぐため最初から高度な調合が可能 ・調合熟練度 … 最初から効果の高いアイテムが作成可能
熟練度上げはかなり手間のかかる作業なのでそれが省けるというだけでも大助かりです
なお、調合LVは1から始まるので、LV上げのための調合は欠かせません

・アトリエメイクでの配置品 … 便利な機能を持つ家具をアトリエに配置していた分だけ引き継げるようです
コルネリア人形などの重要アイテムは引き継げないのが残念ですが
これを利用すれば強力な爆弾なども引き継げるとのことですが、そうとは知らなかったので引き継いでません

・衣装 … 衣装変更が解放されるとゲームクリア時に所有していた衣装を引き継いで使用可能に
最大のメリットは※マークにも書いてある通り、どの衣装を着ていても全ての衣装効果が得られるということ!
これは嬉しすぎる機能!革命だわ!
これなら調合のたびに錬金術士の礼装に着替えなくて済むし、夏服のまま雪山に突入してもへっちゃらってことですね!
フィリスの初期衣装は専用効果がついてないせいで1周目プレイ時は着るメリットがなかったし、初期衣装のままプレイしたいという人にとっても朗報ですね


また、データ引継ぎとは別にゲームクリアすると戦闘難易度にVERY HARDが追加されます
1周目では当然NORMAL固定でプレイしてましたが、周回プレイでは戦闘装備が引き継げるため最初はVERYHARDで進めてみます
しかし、1周目では装備の作り込みはしておらずNORMALでも強敵相手には手も足も出なかったので、ベリハのまま進めると徐々に苦しくなり終盤は詰むと思われることから、試験終了後などキリのいいタイミングで難易度を下げるつもりです


さて、周回プレイでは物語冒頭のイベントをスキップできるほか、会話イベントの早送り機能が利用できるようになりますが、もちろんスキップせずにボイスは全て再生します
こんなに癒される会話イベント、スキップするなんてとんでもない!

ゲーム開始直後は日数やLPの概念がないため、ここで素材を集めておくと後が楽です エルトナの町から出るまではLPの消費が発生しないため、ここで素材をありったけ採取しておけば町の外に出た後役に立つと思われます
とくにエルトナ水晶やエルトナイトは最初の採取地以外はここでしか採取できない特産品な上、探索装備を作成するのに必要となるので必ずストックしておこう
でないと1周目のように試験を受けるまでずーっと洞窟内が暗いまま探索するハメになることもw

2周目だし初見プレイ時よりも早く進められると思ったんですけど、旅に出る前は会話イベントがメインだから短縮できるところはあんまりなく、アバンタイトルまでやっぱり2時間くらいかかりました

ちなみに冒頭でエルトナにいる間、フィリスのトレードマークでもある大きなリュックはまだ背負ってない状態で、フィリスの生の背中が見られるのはこの期間限定だったりします(服のスキマから肌が露出しているのが見られます)
それに気づいたのが旅に出る直前、フィリスがリュックを背負ったタイミングでした!
しまった、気づくのが遅すぎた!フィリスの後姿をもっとしっかり目に焼き付けておくんだった!

まあそういうのも含めてですね、周回プレイをすると思いもよらない新しい発見があるのが楽しいです
今作に限った話じゃなくどのゲームでも言えることですけどね

現在エルトナを出て最初のたき火まで進んだところで、プレイ時間はのべ74時間です

拍手[0回]

二人の目的はあの島へ行くことだった? クラーデル平原の洞窟で金属素材を集め、改良型推進炉を超弩級調合、空飛ぶ船が完成しました
これで空に浮かぶ島、空渡りの岩舟に行けるようになるのですが恩恵はそれだけでなく、今後は焚き火からワールドマップ上のあらゆる場所へ瞬時に移動できるようになります!
しかも時間もLPも全く消費しません!

なんと、移動手段に空飛ぶ船が追加!今作はフィールドが非常に広大なうえ、過去作のワールドマップのように採取地を飛び越えて目的地まで行くことができないため他の採取地へ行くのに時間がかかり、一つの用事を済ませるのにエルトナからライゼンベルグを目指すという長距離移動はとても難しい状況でした
しかしこの移動手段があればその問題は一気に解消され、イベントの消化が格段に楽になります
 
空飛ぶ船を使うことでワールドマップのどこへでも一瞬で移動できるように!これでしんどい旅とはおさらばだ!? もう敵を振り切って走り抜けたりほうきに乗って飛ぶ必要がなくなるから、旅って感じがしなくなりますねw
今作の広大なフィールドともおさらばだ
まあそれも試験に合格して自分で空飛ぶ船を作ったものだけが得られるご褒美ということですね

攻略本や攻略サイトの各所でも、試験に合格したら優先的に空飛ぶ船を作るのをオススメされてたけど、なるほどこれはイベントの消化が一気に早まりますね
私のゲーム進行が遅くてプレイ時間だけが伸び、あげくはイベントの発生頻度が少なくて飽き始めたのも空飛ぶ船をもっと早く作らなかったからなのか~orz
だってメクレットのサブクエ進行に必要な素材のワームフィッシュが全然手に入らなかったんだもん…


ちなみに空飛ぶ船でワールドマップ移動ができるようになると同時に、DLCの追加採取地が2箇所開放されます(どちらも無料です)

1箇所目は出現する敵自体は新規ではなく、LVも追加採取地の割りにそこまで高くないのですが、同時に出現する敵の数が5体とかなり多く、範囲の広い全体攻撃で一気に殲滅しないと敵の波状攻撃でこちらが壊滅することも
何より厄介なのはフィールド上での敵シンボルの移動速度が異常に速いことで、ダッシュしてギリギリ追いつかれないレベルで振り切ることができないため、敵シンボルを排除しないと探索や採取ができません
ザコ敵を余裕で倒せるくらいの戦力がないと探索が難しいため、奥へ進むのは2周目へまわすことにします

2つ目の追加採取地の聖地も同様に敵シンボルの速度が速く、入り口にいきなりあどみらぷにというボス級が複数配置されていたためすぐに逃げ帰りました(;^ω^)


空に浮かぶ島は圧巻の光景!アトリエっぽい不思議な光景ともいえる 気持ちを切り替えて本来の目的地である空渡りの岩舟を探索
この採取地には空中に浮かぶ島が多数存在し、スカイフリーカーで空を飛ばないと先へ進めないようになっています
この段階まで進めてスカイフリーカーのレシピを発想してないのはあり得ないので、これがなくて先に進めないという事態は普通ならまず起こらないでしょう
スカイフリーカーでないと進めない場所が多数存在し、道に迷いやすい 出現する敵も強力ですがアイテムやスキルを駆使すれば倒せないほどではないし、1戦闘あたりの経験値が多いので回復手段に余裕があったらLV上げに使えるかもしれません

今は戦闘を極力回避して奥へ進んだところイベントが発生し、そのままボス戦へ!
準備も対策もなしにボスと遭遇!戦う前から諦めムードです(>_<)またこのパターンだよ、よくある初見殺し!準備も対策も何もできてないよ!

例によって何もできないまま全滅させられるものと最初から諦めてたんですが、弱点をつくといい感じにダメージ入るし、敵の行動速度は遅く全体攻撃も大したことない
弱点属性を織り交ぜたチェインで予想以上の大ダメージ このまま押し切れそう たまたま運が良かっただけかもしれないけど、ボスの行動回数が少なく致命的な攻撃をしてこなかったため苦戦せずに倒せました
リアーネのイベントと同様ストーリーがらみで出現するボスは良心的な強さに設定されてるんでしょうね

勝った!!初見で対策もなかったのに勝てたよ!! 二人の目的は何と500年前にこの島に到達した友人の足跡をたどることだった!






なんだよもーーー!! ボスを倒した後はアトリエに戻るのみだったんですが、その前に周辺の探索をしていると光の精霊と遭遇してしまう!
ミニマップには強敵の表示があったんですが、接近するだけで特殊演出と共に強制的に戦闘に突入、その索敵範囲が思った以上に広かった

通常の強敵と違い、特殊演出のあるボスは戦闘中に逃走することもできないので大人しく全滅させられるのを待つだけでした
せっかくボス倒して喜んでたのにこの仕打ちはあんまりだ~~(泣)
こういう不測の事態が起こるのも初見プレイならではですね
ボスを撃破した際のレアドロップは失わずに持ち帰られたのは不幸中の幸いでした


エンディングが分岐する選択肢 今回はリアーネエンドしか開放されてませんでした さて、まだまだやることは沢山残ってますが、この続きは2周目で進めることにしてエルトナの扉の前へ
扉を通って外に出ようとすると選択肢が表示されますが、ここでルートを選択するとエンディングになるので、エンディングに進む場合は念のためセーブデータのバックアップをとっておこう

うそーースタッフロール2回目!?こっちが本当のエンディングなのね!? 選択肢を選ぶとイベントも演出もなく即座にスタッフロールが!
しかも試験に合格したときの最初のスタッフロールと全く違うし、こっちの方が豪華だぞ!

このあとエクストラの音楽堂のコメントも読んだんですが、最初に見たスタッフロールをエンディングでゲームクリアだと思うのは勘違いで、こっちが本当の意味でのエンディングなのでした
今まで試験合格後はクリア後のおまけ期間だと考えてたんですが、それは大きな間違いでした

だってさあ、まさかゲーム中に2回、それも別バージョンのスタッフロールが流れるなんて思わないじゃん普通?
試験に無事受かって旅の目的を果たしたから、それで物語が終わったとしても不自然ではない展開だったんだけど、全体を通してみればそれは一つの通過点に過ぎなかったんだなあ


リアーネエンド 背景はキービジュアルでも使われてるやつですね 今回選択したエンディングはリアーネエンドでした
というか、今回のプレイではリアーネエンドしか解放されませんでした

攻略本を調べてみると他のルートもあと数ステップ踏んだら解放されるものもあったんですが、それは2周目でまとめて発生させることにします

ちなみにメインクエストが進行してエルトナの扉のイベントが発生する条件は、いずれかのエンディングのフラグが立つことだそうで、今回はリアーネエンドのフラグが経つと同時にメインクエストが進行したことになります

前作ソフィーのアトリエではエンディングに分岐はなく、追加エピソードを含めても2パターンしかなかったのに対し、今作は仲間になるキャラ全員分のルートが存在(ソフィーとプラフタは2人1組)するため、全部で10通りものエンディングがあります
ただ、アーランドシリーズとは異なり選択肢を選ぶことで任意のルートに進めるため周回プレイをしなくてもリロードすれば1周目で全てのエンディングを回収可能
またエンディングの条件も、錬金術LVをMAXにするとか強敵を撃破するなどの難しいものはなく、すべてキャラクターのサブイベントを完了させることで開放されるため、全ルートのコンプリートはそこまで難しくないと思われます
ぜひとも2周目では全てのキャラのイベントを完遂してエンディングをコンプリートしたいですね


さてさて、タイトル画面に戻ると前作と同様BGMにコーラスが追加され、これまでの少しさびしげな雰囲気から一転、とても明るい感じのBGMに変わります!

例によってエクストラの音楽堂で全楽曲のコメントをBGMを再生しながら読んでいると1時間が経過しました
ボーカル入りのフルバージョンはゲーム中では再生されずここでしか聴けないのでじっくり堪能したんですが、いやあ素晴らしかった!
もっと何度でも繰り返し聴きたくなっちゃいました!
これはボーカル曲のサントラCD買うしかないのでは?
近日中に通販で仕入れることにします(^^)

ちなみに他のアトリエ作品ではエスカ&ロジーのボーカル盤サントラを持ってます
OP主題歌とアバンタイトルの挿入歌が力強くて大好きです、はい
 
そしておまけボイスの方もしっかり全員分再生しました
今回登場人物が多い分おまけボイスの数も多いですねー
自分の好きな声優さんだけじゃなくてキャラの声で作品への思い入れを語ってくれるのほんと尊いわ~

中でもエスカ役のりえしょん3年前のエスカ&ロジーでのおまけボイスが異例の長さで話題になりましたが、今回も相変わらず長い、そしてうるさいwww
今回主役じゃないのにどんだけ尺取るんだって感じでしたがww でもやっぱりそれでこそのりえしょんと言いますか
当時、エスカ&ロジーをプレイした時はりえしょんのこと全然知らなくて、エスカ役で初めて知ったに等しいんですが、他のアニメやゲーム、アイマスにも出演しているのを見ているうちに今では熱烈なファンと自称しても差し支えないくらいになりました
だからほんと、いつものりえしょん節をここでも聞くことができて嬉しかったです

もちろん他の出演者のコメントも印象深いのが多くて、思ったんですが今作って私が思っている以上に過去作で出演している中の人が多いですよね
ソフィーやオスカーはもちろんのこと、プラフタがトトリとメルルに登場したミミ役をしてたことや、ノルベルトがエスカ&ロジーの局長役と同じ中の人だというのを明かされて驚いたり、過去作でアトリエ作品に関わったことのある人の思い入れを聴いていると、こちらもこみ上げてくるものがあります
アトリエって本当にあったかくて素晴らしいシリーズなんだなって


結局おまけボイスの方も全部再生するのに1時間近くかかり、エクストラを満喫してたら2時間経過してました
やっぱりね、時間はかかるけど2周目を始める前にこっちを消化しておかないと先へ進めないような気がするし
というわけで、次回から早速2周目のプレイを始めます!

1周目のクリア時間は72時間でした!

拍手[0回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
4 7 9
14 16
18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード