主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
東方STGは紺珠伝のハードを完全無欠モードでやった後しばらくプレイしてなかったのですが、息抜きとして久しぶりに東方輝針城をプレイしました

輝針城はアイテムの上部蒐集システムで稼ぎと攻略が両立可能なので星蓮船や神霊廟のように点数を稼ぐために残機を犠牲にする必要が無いし、妖々夢や永夜抄のように高速と低速で稼ぎ効率が変化することもないので、弾避けに集中できるのが好きです


それでノーマルをプレイしたのですが・・・紺珠伝をやりこんだ後だと弾幕が簡単すぎて物足りなく感じてしまいました!
同じ難易度でも紺珠伝はミス前提ですから、そのギャップに驚いてしまいました
むしろ輝針城の難易度だと、ノーマルではノーミスクリアが目標になるくらいなのですが、流石にノーミスではクリアできなかったなー(汗)

サンプルとして、同じ難易度の同じ場面で輝針城と紺珠伝の弾幕を比較してみました
左が輝針城、右が紺珠伝です

 
輝針城ノーマル1面ボスのラストスペル いやもう全然簡単ですよ こちらは紺珠伝ノーマル1面ボスのラストスペル 輝針城よりも弾幕が遥かに多いです! 輝針城ノーマル5面ボスの通常弾幕 敵弾はしばらくすると弾速が低下するので落ち着いて対処すればそれほど難しくない 一方紺珠伝ノーマル5面ボスの通常弾幕 うおおーーー完全に殺しに来てますよこの弾幕!休む暇が全くない! 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
輝針城の弾幕ってそこそこ手ごたえのある方だと思うんですけど、こうして紺珠伝と比較するととても簡単に感じられてしまいますね
レガシーモードではボム飛ばし前提になっている紺珠伝では考えられないくらい少ないミス回数で6面までクリアできました
逆に1回でもミスするとそのショックが大きいです
紺珠伝では1回くらいミスしても全然気にならないですよね
 
そう、それこそが紺珠の薬の副作用なんだよ
ミスが軽く感じられてしまうのは、薬の効果で生死の境界が希薄になってしまっているからだと、紺珠伝のEDでも言ってましたね
ただ、紺珠伝をプレイしたことでマゾ度が鍛えられて、激しい弾幕を求めてしまうようになったみたいなので、輝針城はノーマルのプレイは最初の1回だけにして、次はEXかハードをプレイしてみようと思います

拍手[2回]

紺珠伝のEXは過去作品に比べてもほんとに難易度高いので、はっきり言って鈴仙のボムバリア無しではクリアできる気がしません
なのでプレイ頻度少なかったですが、気が向いた時だけ1日1プレイくらいやってました

鈴仙の次は早苗さんで挑戦してたんですが、これはもう回数こなして練習するしかないです
あとはボム切れた後の気合い避けと運ですね
でも回数を重ねるごとに上達していくのは確かに実感できました

そして努力の甲斐あって、昨日早苗さんでとうとうEXクリアできました!
ボスまで到達した回数は10回くらいだったかな?
いや~達成感凄かったですよ~♪

でも早苗さんも、低速時のホーミングショットと高性能のボムがあったからクリアできたようなもので、あとの霊夢、魔理沙はさらに難易度高くなると思い、これ以上のプレイは断念しようかなと思いました
でも霊夢は高速ショットがホーミングするから一部のスペルカードで有効そうだし、頑張ればクリア出来るかもという事で今日挑戦してみました


努力の跡が見られない奇跡のリザルト!リセットしたわけじゃありませんw そしたらなんと、初回プレイでクリアできてしまいました!!(道中何度かリトライしましたが)
これは自分でもびっくりしました!
早苗さんで練習した成果がはっきり出ました!
これで地獄の女神も怖くないぞ!(゚∀゚)


さて、今作のEXボスはヘカーティア・ラピスラズリといい、その能力は「三つの身体を持つ程度の能力」
この発言がヘカーティアの能力の謎を解く重要なキーになっています なんとも説明のしにくい能力ですが、彼女は月、地球、異界のそれぞれに身体を持っていて、それぞれの世界を自由に行き来できるらしい
地獄を司る女神と言っても、今回のように地獄ではない地上に出てくることも普通にしているっぽい

そして霊夢との会話で聞けるセリフ、これはつまり一つの世界に三つの身体を同時に存在させることも可能という事ではないでしょうか?
赤い髪の身体では異界のスペカを使用 起動が変則的な謎の炎弾を放ってきます 彼女は首輪から鎖でつながれている、月・地球・異界を表す3つの球体のどれかを頭にのせることで、対応する世界に転移、もしくはその世界にいる身体と入れ替えていると考えられるけど、どうやって三つの身体を同時に持ってくるのだろう?
三つの球体を全部頭に乗せるとか?それはないかw


青い髪の身体では地球のスペカを使用 地球と言っても地獄のですが そしてボス戦では最初の会話の口約通り、三つの身体を駆使しつつも一体ずつ順番に攻撃を仕掛けてきます
最初は今いる場所が夢の世界=異界のため、会話の立ち絵グラでも描かれている赤い髪をした異界の身体で、次は青い髪をした地球の身体、その次が黄色い髪の月の身体と、スペルカードを一枚宣言するたびにローテーションさせてきます


黄色い髪の身体では月のスペカを使用 今作EXの中でもトップクラスのトラウマスペル ルナティックすぎます ラストスペルではなんと純孤とタッグを組んでの連携スペル
ボスが2体以上同時に出現するのはEXでは史上初ですよね?
フランのフォーオブアカインド、妖々夢の紫or藍の式神スペルを除いてですが
あ、神霊廟のマミゾウも分身してたようなw

まあ色々ありますが、それでも今回のように個別の体力ゲージが2つ表示されているのは初めてのはず
ラストスペルはとても単純な弾幕だけど、クリア目前の極限の精神状態だととてつもないプレッシャーがのしかかってきます EXボス以外だと、妖々夢のプリズムリバー三姉妹と、それから輝針城EX中ボスとして登場した九十九姉妹が、二人以上でのタッグorトリオスペルを使ってきましたね
あとは妖精大戦争の三妖精が合体スペル使ったり、ですね

んで今回のラストスペル、ヘカーティアはクナイ弾のワインダー、純孤は全方位の小弾を放ってきます
片方ずつなら1面ボスのスペカ並みに簡単なのですが、同時に相手すると二つの弾幕が重なった時が非常に危険なので、上下移動も交えて二つの弾幕を同時にくぐらないようにしましょう
基本的に片方の体力ゲージを削りきればクリアなので、片方を集中攻撃します
ゲージを減らすごとに弾幕が激しくなりますが、もう片方の弾幕は激しくならずそのままなので、ここは弾幕が激しくなっても対応が簡単な純孤を攻撃するのが定番です


さて、EXはあと魔理沙を残すのみですが、魔理沙だけはほんとにクリアできる気がしないので、スルーしてHardの完全無欠の方に挑戦したいと思います
魔理沙はNormalレガシーの時でも最後の最後まで苦労させられたので、これでEXをやるとほんとに地獄を見そうです…

拍手[1回]

前編の4,5面に続き、後編では6面の弾幕を鑑賞
余談ですが後編を書く前にNormalレガシーを魔理沙でプレイしたところようやくクリアできました(゚∀゚)

拍手[1回]

紺珠伝NormalのLモード魔理沙だけがどうしてもクリアできません!
おかしいな、他の期待だとほとんど詰まらずにクリアできたのに

Lモードは残機がたくさん増えるというものの、それはグレイズを稼げるくらい操作技術に余裕が出来た時であって、敵の弾幕が多過ぎるとかえって事故死の確率が高まってグレイズを稼ぎに行けなくなるのだ
またPモードに戻って練習し直そうかな…

というわけで、まだNormalを全機体でクリアできてませんが、前回の記事で登場人物の紹介をしたので、今度は弾幕の紹介をしたいと思います
紺珠伝という作品自体の難易度が高いため、弾幕も非常に見ごたえのあるものとなっています
攻略が遅れて頒布から1か月以上経ってしまったし、もうネタバレの注意喚起は不要かな?w

拍手[0回]

今週からプレイし始めたばかりの東方紺珠伝、鋭意攻略中です!

Easyは4機体2モードで全クリできたので、現在はNormalを攻略中なのですが、まだリプレイが取れてないので弾幕のスクショは載せられません
でもキャラとか背景の考察なら難易度は関係ないので、先にこちらからまとめようと思います
EXはまだ着手してないので6ボスまでの考察になります
EDも8パターン全て見ましたが、内容を全て覚えているわけではないので理解や解釈に誤りがあるかもしれませんが、ご了承ください
自分でやってて後で気づいたところは修正していければと思います

それと、ご察しの通りエンディングからomakeテキストに至るまで、重度のネタバレを含むので、まだネタバレに警戒している人は閲覧を回避していただくことをオススメします

拍手[0回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3 4
6 7 8 10
12 14 15
19 22 23 24
26 27 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、デレステ、艦これ。
編隊少女は2月一杯で引退しました。(3月1日)
2月からFEHが始まったことでコンシューマのプレイ時間が減っています。
更新頻度が落ちると思われます(;д;)
最新コメント
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
[01/27 アトリエ]
[01/22 アトリエ]
P R
バーコード