主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
まとめる時間がなくて(ry

EXは妖夢のカワウソ、オオワシ以外の7機体でクリアできました
妖夢は低速時にショットが撃てず全く安定しないので早々にクリアを断念しました…
オオカミなら最下段からでも溜め斬りがボスまで届くのでクリアできましたが


今回のEXは歴代シリーズでもかなり簡単な部類に入り、本編ハードをノーコンクリアできる玄人なら初見でクリアできる…くらいな感じです
ただ、EXはEXなのでノーマルをノーコンできる程度の実力では初見だと厳しいでしょう
それでもスペルプラクティスがあるので、そこできっちり練習しておけば2,3回の挑戦でクリアできるかと


で、今作の特徴である動物霊ですが、これが攻略の難易度を下げてくれるかと思いきや、薬は使いようによっては毒にもなると言いますが、ボス戦ではこれが原因でミスすることがとにかく多い

今回のEXボスはその弾幕の特性上、攻撃が終わってから次の攻撃に入るまでのインターバルが短いため、動物霊を取りに行く余裕がないのです
特に初見だと次にどんな弾幕が来るのかわからないので、動物霊を回収するため前に出たらその瞬間やられるということも多発

また、ロアリングモード中は派手なエフェクトでボスの弾幕が見えにくくなることや、カワウソに限ってはボスの弾幕によってはほとんど役に立たない場面もあり、慣れないうちは死因の7割くらいは動物霊に気を取られての事故死です
それこそEXボスと動物霊がグルなんじゃないかと思えるくらい
スペカプラクティスでは一発で取れるのに本番になると全く安定しないのはこのせいです

なので本番中は動物霊を回収したいという雑念は捨てて弾避けに集中し、回収するなら通常攻撃時にボムって強引に回収するくらい気持ちを割り切るのが重要です


EXボスの早鬼は勁牙組の組長 畜生界最強と言われる組織である さて紹介しましょう、今回のEXボスは
驪駒早鬼(くろこまさき)

種族は驪駒(くろこま)で、能力は比類無き脚力を持つ程度の能力
大きな黒い翼とカウボーイハットが目を引くイケメン(?)です

最初は天狗の一種かと思ったんですが、黒いペガサスとはね
鬼傑組組長の八千慧も吉弔という空想の生き物だったし、畜生界の組織の組長はみんな幻想入りした動物がモチーフなのかな?

早鬼の通常弾幕は全て全方位鱗弾 スピードと物量でゴリ押ししてくるようなイメージ 彼女の弾幕全般に言えることは、その比類無き脚力を持つ程度の能力を示すように弾速が速いものが多く、精密な操作はもちろん、高速の弾幕を捉える視力と高い反射神経が求められます
(地霊殿の弾幕の速さを思い出しますね)
弾密度自体はハードの1面ボス並みに薄いためスクショだと全然難しそうに見えませんが、実際はかなりの速度で弾幕が飛んできていることを想像してもらいたい
第1スペル 丸弾をばら撒いた後ボスのため動作が入り… 圧倒的なスピードの弾幕で動きを封じてくる!自機外しなので動かなければ当たらないが、位置が悪いと丸弾に潰される 第2スペル 天馬の翼のごとくレーザーを乱射する 射出後一瞬止まるため軌道を先読みするのがポイント 第3スペル 画面外から中心に向かって丸弾が集まった後鱗弾に変化 弾速も密度もそこまで高くないので落ち着いて 第4スペル 炎弾が黄色に変化すると自機をホーミングしてくる 見た目は地味だがパターンをしっかり組まないとかなり厄介なスペル 第5スペル 弾幕を配置しながら自機に向かって突進してくる豪快な技 一定時間経過で弾幕が展開 画面隅にいた方が避けに集中できるかも 通常弾幕6のみ鱗弾が3列になる 弾速が速くて苦手 第6スペル どこかで聞いたことのあるスペカ名w 星弾が超高速なためかなりの慣れが必要 第7スペル 丸弾とポイフル弾の2段構え ポイフル弾が高速なので前をよく見て隙間を見つける必要がある











































第8スペルは背景が通常弾幕と同じ特殊演出 超高速の丸弾をかいくぐりボスに食らいつけ! 第8スペル「フォロミーアンアフライド」は、実際にプレイしているとそこまで気が回らないかもしれないが、他のスペルカードと背景が異なるという特殊演出
これにより「恐れず私についてこい」というスペカ名の通り、背景が高速で動きプレイヤーが早鬼を追いかけている状況を演出している

静止画だと弾が少なくてスカスカだが、実際は画面上から暴風のように超高速で丸弾が降り注いでいる
さらに早鬼は左右をゆっくり往復しながら自機狙いの大型フレア弾を放ってくる
実はこのフレア弾、大きく動いて誘導しなくても早鬼にX座標を合わせるように動くことで勝手に避けられるようになっている
この動きがスペカ名の由来であり、同時に攻略のヒントにもなっているのだ


耐久スペル 大量に出現する霊魂を破壊すると激しい撃ち返しを放ってくる特殊なスペル 第9スペル「鬼形のホイポロイ」
意訳は「霊魂の群衆」

定番の耐久スペルなのだが、大量に出現する霊魂を破壊するかしないかで性質が全く変わってくる
霊魂は画面外から周回しながら軌道上に弾幕を設置し、中央に収束すると少量の炎弾を吐いて消滅する
この時ショットで霊魂を破壊すると撃ち返し弾を放つのだが、これは1波内に破壊する数が多くなるほど弾速が加速するという特性を持つ

霊魂の数は回を追うごとに増加し、全破壊時の物量と弾速は無理ゲーレベルなので私の技術だと全破壊で安定して切り抜けられるのはせいぜい2波目まで
霊魂の数が増えてくる中盤以降は破壊せずに隙間を抜けるのは不可能なので、少し破壊してその隙間を抜けることになる
破壊する数が多いほど隙間が広がり配置される弾も減るため後が楽になるが、当然撃ち返し弾は苛烈になるためその加減が非常に難しい

また破壊する際は画面上部のものを狙うのが原則
霊魂の集団から抜けた後、欲張って中央付近のものを破壊すると弾源が近い分撃ち返し弾の密度が高まり圧殺されてしまう


なお、この耐久スペルではボムを使用するとボスの無敵状態が解除され、普通にショットを撃ち込んで撃破できるようになる

これは前作天空璋のEXボスの耐久スペルでも見られた現象で、バグなのか作者が意図的に設定したのかはわからない

最初から取得を諦めている場合は弾幕が激しくなる前に開幕でボムを使い、ボスを直接撃破してしまった方が安全だ
人間の強さに感銘を受けた早鬼 脳筋だが話せば意外とわかるやつだったラストスペル 純粋な気合避けだが、弾速が遅いのでEXボスのラストとしては簡単な部類に入る

拍手[0回]

前回の記事から時間が経ってしまいましたが、Normalの全機体(9通り)でノーコンクリアできたので、ここで簡単にまとめておきたいと思います

まずomakeでの作者のコメントですが、今作はかなり難易度を低めにしてあるそうです
Normal初見プレイで2回コンティニューしながらクリアしたあとにこれを読んだので、そんなはずはないと思いましたがw
作者補正がかかってて難易度の具合を勘違いしているのではないかと

でもその後プラクティスで練習した後は、どの機体でも初回でノーコンクリアできたので、やっぱり今作の難易度は高くないと認識するようになりました
地霊殿はノーマルをノーコンクリアできるようになるまでパターンを覚えるために何度も何度も練習したし、星蓮船ノーマルはスコアアタックするといまだにノーコンが安定しませんw
体感的には鬼形獣の難易度は神霊廟以上で、風神録と同等くらいかと


BGMについては、本編だと6面ボスと道中がお気に入りです
やはりサビの部分でシリーズタイトル画面のメロディが編曲されているのが非常に印象深い

その次だと4面ボスのBGMが好きです
冒頭のつかみどころのない感じが良いです
大体ここのボス戦でテンション上がって音量上げてますw


え~っとあとは・・・もっと色々コメントできればいいんだけど、プレイ時間が取れないせいか思いつかないorz

あ、妖夢でクリアしたときのEDで、久々に幽々子様や映姫様が出てきたのは嬉しかったです!
やっぱり今回の件、映姫様も知ってたんですねえ


現在はEXをプレイ中ですが、まだ2回挑戦した程度でクリアはできてません
EXボス、見た目がイケメンですよねw
クリアできたらまたまとめます



[10/4追記]

上記編集後、今作の元ネタを調べたので追記しておきます

参考としたのは東方元ネタwikiで、元ネタの逸話や備考など、非常に興味深い話が揃っているので、今作の背景や会話の内容をより理解できるようになりました


最初に「東方鬼形獣 ~ Wily Beast and Weakest Creature.」の英字部分について
これを意訳すると「狡猾な獣と最弱の生物」となります
狡猾な獣は動物霊を指すとして、最弱の生物はストーリーから読み解くと人間霊を指すことになります

しかしこのcreaturecreate=創造の変化形であると考えられ、実際にラスボスのスペルカードにおいて造形術の英訳をクリーチャーとしています
これは旧約聖書における、「全ての生き物は神によって創られた」という一節が語源となっているため
そのためCreature⇒造形術⇒創造神と強引に解釈すると、最弱(人間霊)の創造神となり、埴安神袿姫のことを指しているとも解釈できます

・4面ボス、6面ボス、EX面ボスの3人が並んでいるという未プレイだとさっぱりわからないシルエット 従ってサブタイトルを本編登場人物名に置き換えると「八千慧と袿姫」という風になります、すんごい仲良しな感じになりましたね(笑)

ちなみにパッケージイラストでは袿姫の左右に八千慧とEXボス(詳細は後日)が並んで立っているという珍しい構図になっています
この構図もWily Beast and Weakest Creatureをそのまま暗示しているのかもしれません


次にラスボス前の会話において、動物霊は袿姫の造形術でみんなやられたという台詞について
動物霊がどのようにして造形術にやられたのか、その手法や詳細は作中では解説されてないのでずっと疑問だったのですが、元ネタを読み解くことでその理由がわかりました

袿姫が繰り出す造形術のスペルカードは、モノリス(SF小説に登場する一枚板)が元ネタとなっています
6面道中の光り輝く幾何模様も全てモノリスのイメージです

(以下wikiより引用)

「モノリスは、未だ文明が見られない地球各地に現れ、多くの生物へ知性の兆しが見られるかテストした。
モノリスは生物に向け、自身の表面に輝く幾何模様を蠢かして反応を見、肉体や精神へ干渉すると、兆しを人猿、当時の食物連鎖下位のその存在に見出し、教育を施し始める。」

動物霊達が手も足も出なかったという造形術は、彼らにとっては理解不能の攻撃だった つまり、幾何模様を理解、認識できるのは人間だけであり、袿姫の造形術は動物には認知できない、正体不明の攻撃だったためやられてしまったというわけだ

人間霊を守り、動物霊を排除するための袿姫のスペルカード
やっぱり袿姫は人間の味方なんだなあと改めて好感が持てました(^^)

拍手[0回]

回廊が光り輝いている!本当に古墳の中なの!? 
前回からの続きです

ファイナルステージは霊長園 墳墓内部
エレクトリックな背景とBGMが異質さ全開で、どちらも今作道中で一番かっこいい!
床の光が超高速で流れているのがスピード感を演出しています

元々は美しい自然が広がっていたらしい 古墳の内部は宮内庁の許可がないと入れないらしく、調査はあまり進んでいないとのこと
もしかしたら内部はこんな風に超未来的な構造になっているのかも知れませんw
まあ、実際のところはこの古墳の主がこのように作り変えてしまったんだそうですが



ラスボス登場!アートの神様的な恰好? ラスボスは埴安神袿姫
人間霊が召喚した造形神で、埴輪を造り出す能力を持っている

実は袿姫は人間霊を動物霊から守っている神様であり、動物霊は人間霊を解放して再び自分たちの奴隷とするため、地上の人間をだまして袿姫を倒そうとしたのだ
人間が生み出した人間を守る神を人間に倒させるなんて、まさに鬼畜の所業(omakeテキストより引用)
袿姫は畜生から人間霊を守っている、つまり人間の味方とのこと 動物霊曰く、人間霊の信仰で得た力で人間霊を支配しているのが現状のようだ








動物霊が手も足も出なかった造形術!一体どんな攻撃なんだ! しかし動物霊は袿姫の操る造形術に手も足も出ないらしく、こともあろうか退却を図ることに!
ラスボスと戦う前に逃走することになるなんて前代未聞だ!

前作天空璋では本編だとラスボスの隠岐奈に力を奪われて元の世界に強制送還させられるし、その前の紺珠伝では、レガシーモードで挑むとエンディングで勝てずに逃げて来たことになっているなど、最近の東方ラスボスはただ戦って懲らしめられるだけではない強さがありますね

ええーー逃げるの!?この先ラスボス戦はどうなってしまうのか! 今回ラスボスから逃げることになって弾幕勝負はいつもと違う感じになるのかと思いましたが、逃げながらも迎撃するといった感じでやること自体はいつもと変わりません
逃げると決めた直後にBGMが変化し、床の光の流れが逆方向になる演出が痺れます!

そしてラスボス曲とその編曲である道中曲には、なんとシリーズタイトル画面でおなじみのメロディが編曲されています!
開幕の通常弾幕 なにこの弾密度!?やばい!! 永夜抄4面道中や輝針城3面道中のようなあれです!
最初は脳内再生されている空耳かと思ったんですが、タイトル画面のメロディーをラスボス戦に組み込んでくるなんて最高に盛り上がるじゃないですか!

なぜこのようなことをしたのか、作者の意図がわからなかったんですが、プレイを重ねるうちに思ったのは、プレイヤーである人間にとって最もなじみ深いメロディを流すことで、袿姫が人間の味方であることを表現しようとしたんじゃないでしょうか?
と思ったら隙間が空いて抜けるスペースができました エンディングでも袿姫が博麗神社にやってきたり、逆に霊長園にやってくる人間を歓迎する様子が描かれており、フレンドリーな感じが印象的でした
そういえばエンディングでラスボスが登場するのは輝針城以来6年ぶりのことなんですよね!
それまではラスボス戦で戦った相手が神社にやってきてお酒を飲むというのが東方シリーズの定番だったし、久々に親しみやすいキャラが出てきてちょっと嬉しいかも
第1スペル 正方形の米弾を連続で放ってくる気合避け弾幕 第2スペル 円形の弾幕を展開してくるが、展開速度が非常に速い その後自機を中心として丸弾を円形に展開してくる 弾速が速く巻き込まれると大変 第3スペル 画面の全方向からレーザーが発射される美しい弾幕 第4スペルでは騎馬兵埴輪を召喚 5面ボスの時よりも数が多く、難易度は極めて高い 第5スペル タイトルの「鬼形」を関する造形術

























え!?応援だって!?
第2スペルを突破すると背景が変化し古墳の外へ

そしてさらに第5スペルを突破すると会話イベントが挿入!
以降の第6、そしてラストスペルは画面下段隅から動物霊が大量に湧いてきます!

スペルカード中に続々と動物霊が出現するため、暴走ロアリングモードを維持しよう! ラストスペルは特に難易度の高い弾幕であるため、ロアリング中に動物霊を取りまくって時間延長する、もしくは時間切れと同時に動物霊を回収して即ロアリングに入るなど、なるだけロアリングモードを維持しよう




ラストスペル 最終段階はこのようにかなりの弾密度で弾も見辛いのでロアリングモードの維持がカギ またこの2つのスペルカードには特殊なルールがあり、ロアリング中に霊撃を放って弾消しをしてもスペルカード取得失敗にはならない(ただし被弾による霊撃発動はアウト)
そのためロアリングの時間切れを待ってから動物霊を回収するよりも、自発的に霊撃を使い周囲の弾消しを行ってから再度ロアリングに入る方が安全にスペカ取得できるので、ロアリング中は動物霊を回収せずできるだけ貯めておくのも一つの手だ

拍手[1回]

初体験から1週間以上経ってしまい、レビューが遅くなってしまいました
まだノーマルは全機体でクリアしてません

レビューは東方作品が出るたびに毎回やっていることなんですが、どうやってまとめるかいつも悩みます
ステージごとに記事を分けるか、最初にキャラ設定と総評を述べてから弾幕の方のスクショを載せるか
でもキャラ設定と弾幕は切っても切り離せない部分もあるので、できれば順番通りにまとめていきたいところですが、それだとスクショが多くなりすぎるし編集の手間も増える

本当はもっとじっくり時間をかけて本作をプレイしたいところなんですが、掛け持ちしているゲームが多くプレイする時間も編集する時間もとれないので、弾幕のスクショは印象的な部分を抜粋することにしました
しかしながら、弾幕は一瞬を切り取った静止画ではなく、動画として再生されることで初めて弾幕美という芸術になるため、ここでやっているようにスクショだけで解説するのは非常に難儀します
本来なら動画として投稿してそこにコメントを入れながらやるもんなんですよね


まあそれはともかくとして、私は私のやり方でいつも通り感想を羅列していくことにします
なお、3面までは体験版ですでにプレイ済みなので4面以降から始めます


4面道中は地獄(比喩ではなく場所の意味ですw)
地霊殿のような旧灼熱地獄ではなく、あの世の先にある本物の地獄ですね

道中BGMのサビの部分なんですけど、紺珠伝EXボスで登場した地獄の女神、ヘカーティアのテーマのサビととても似ています
地獄といえばヘビメタのイメージがあると作者は言ってますが、確かにそうかも
同じテーマを扱っているからサビで盛り上がる部分も同じメロディになったのでしょうか?
意識してわざと取り入れた可能性もありますね
4面ボスの吉弔 戦って勝てば倒すべき敵の居場所を教えてくれる

4面ボスは吉弔八千慧(きっちょうやちえ)

ぱっと見ドラゴンですが、亀の特徴も持つ吉弔という種族だそうな
実は今回の異変を仕組んだ主犯という油断できない相手


甲羅の模様は自機の周りでも容赦なく展開されるため、動きを先読みしないと簡単に轢かれてしまう 第1スペル 亀符「亀甲地獄」は画面全体に甲羅の模様が形成される弾幕
甲羅はその場から動くことなくプレイヤーを束縛するが、一番厄介なのが展開中の甲羅の模様に轢かれること
初見時は模様の挙動が全く読めずパニックに陥りましたw

第3スペル 龍符「龍紋弾」は収縮と拡張を繰り返す円環を放つ弾幕
円の中に潜り込むか、円を一つの弾として見るかで避け方が全く変わってくる難易度の高い弾幕 これ、文か衣玖が似たようなスペカ使ってきたような

円環はボス依存の固定弾幕なのでスペカプラクティスで練習すれば毎回同じ避け方ができるようになって安定するのですが、初見プレイ時は固定かどうかなんて全く意味がないので避け方が分からず翻弄されました

4面で真の敵の討伐を命じられるこの展開、紺珠伝と似ている
余談ですが、私は今まで今作のタイトル、鬼形獣を「きけいじゅう」と発音していたのですが、吉弔が親切にふりがなをふってくれたことで正しくは「きぎょうじゅう」であることが分かりました


5面の舞台は畜生界なのですが、我々がイメージしている世界とは全く異なり、そこは高層ビルが立ち並ぶ大都会だった!
これ、背景にあるのはビルか!?畜生界ってこんな近代的な都市なの!? ビルの間を突き進むという幻想郷とは思えない異質な世界観に圧倒されました

さらにボス前まで進むと湖と森で覆われた古墳が!
日本人にはなじみ深い遺跡ですが、ついに幻想入りしてしまったというのかw
いやその前になんで畜生界に古墳があるのかwこれって幻想入りって言えるのかw
あれ古墳だ!なんで畜生界に古墳が!? 埴輪兵長の杖刀偶磨弓 持ち物とかエフェクトが埴輪だw
動物霊に乗っ取られてしまった霊夢!埴輪を破壊するために人間を連れてきた? 人間霊を奴隷と呼ぶ動物霊 話がこんがらがってきたぞ 
















第1スペルは弓兵 奇数弾と偶数弾の矢を放ってきて、体感の当たり判定がでかい 5面ボスは杖刀偶磨弓(じょうとうぐうまゆみ)
種族は何と埴輪である!
古墳にいっぱいいるっていうあの埴輪だ!すげえw

磨弓は埴輪兵団の兵長であり、スペルカードでは埴輪を召喚してくる
埴輪の耐久力は高くなく破壊は容易だが、最も恐るべきは破壊してもすぐに再生することで、中身が空っぽの埴輪は死を恐れることもなく永遠と攻撃し続ける
第2スペルは剣士 ナイフをばら撒きながら自機に近づいてくるため、肉薄される前に破壊しなければならない ただでさえ火力が低めの霊夢だと高速ショットが埴輪に吸われるためかなり相性が悪い
例によって初見時は訳が分からず1枚もスペカ取得できませんでした
 
 (後半に続きます)
 
 
 
第3スペルは騎馬兵 画面下に向かって突撃してくるため体当たりされるケースが多発 ラストは今まで出現した埴輪全種の猛攻撃!これは厳しい!!

拍手[1回]

DL販売で購入した東方鬼形獣をプレイ、ノーマルでノーコンクリアできました
プレイ時間があまりとれないという事情もあり、初見プレイはEASYではなくNORMALからやりました

しかし結果は5面ボスでゲームオーバーw
結局2回コンティニューしてバッドエンディングまで見ました

今回新実装された実績によって一度見たエンディングをいつでも再生できるようになり、そこにはコンティニューありでのバッドエンディングも含まれるので、これはこれで意味のあるクリアとなりました
他のキャラ(魔理沙と妖夢)でもコンティニューありで6面までクリアする必要がありますね

それからNORMALを必死に練習してノーコンクリアできたわけですが、プラクティスや実績を開放するにはEASYもやっておかなければなりません
NORMALクリアした後にEASYをやるのは順番が逆になってしまいますが、これはNORMALをやりこんだ後時間があったらになりますかね


さて、いつものようにこちらで紹介記事を書いていきたいところですが、現時点でノーコンクリアできたのはまだ1回のみなので資料が全然揃ってません
作者コメントでもあるように、今回の物語は複数の勢力が絡んでおり、1キャラでクリアしただけでは全容をつかめません
付属のomakeのキャラ設定を読むとそのあたりが非常に詳細に書かれているので、とりあえず初見プレイを済ませたあとに読むと理解が深まり、登場人物が何を言っているのかが分かるようになります

というわけで、紹介記事は全キャラでノーコンクリアし、今回の物語や背景が理解できた後、時間をかけて練っていく予定です

拍手[0回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード