主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
今年も入賞できました(^^) 毎年恒例モバマスの周年イベントですが、今回も無難に2000位以内に入賞できました

今回は期間中に休日が4日もあったにもかかわらず、最終の2000位ボーダーは4thアニバの周子以来3年ぶりに低い水準だったため、アニバアイプロとは思えないくらいのんびりできました
一番頑張って稼いだのは最終日前日の夜明け前(金曜日の深夜)で、一番長時間走ったのは最終日の日曜日でした

走ったと言ってもですよ、その時間の半分はソフィーのアトリエプレイ中のついでにやってただけで、残りの半分は食事しながら、他のソシャゲのコミュイベントを再生しながら、毎週見てるアニメ見ながらでした
例年ですと、長時間走るのに退屈しないようニコ動のシリーズ動画を探したりニコ生で他のアイプロランナーの中継を流しながら何時間も走ってましたが、今年はほとんどそういうことはしなくて、日常生活のついでに片手間で走りました
金曜日の夜だけはニコ動のMMDシリーズとニコ生を4時間くらい流してましたけど、それ以外はいつも通りだったので、それだけ他のゲームやソシャゲの作業量が増えたというのと、アイプロにかかる時間が減ったということです

ほんと、今年のアイプロはいつもと違った
苦しいこともアクシデントもなかったという意味で


以下、レポートをまとめます

ほぼ理想編成時のエピソードコミュにおける課金アイテム5連打使用時 100万は届かないのかな? 課金走り時の編成 理想発揮値に限りなく近いかと 課金走りする際にパワー持ちは4倍パワーを全て買いそろえ、全員の人気度を最大まで上げてます
編成とエピソードコミュでの最大ptは画像の通りです


走っている間に報酬として課金アイテムが貰えることがあるので正確な個数はカウントしてないのですが、プレシャスペンダントはおよそ100個、ペンダントはおよそ200個使用したところ、約4600万pt稼げました
走り終えた時の状況です 時間が時間なのでこの後すぐに寝ましたw アイテムの使い方ですが、原則としてエピソードコミュでしか使用しません
そして通常ペンダントの3倍消費ですが、パーフェクトになる確率が低く1個ずつ消費してエクセレント達成を繰り返した方が期待値としては高くなる(あくまで体感ですが)ので、プレシャスと通常ペンダントを組み合わせてエクセレントになるよう調整しながら使いました

その場合、上記の手持ちを消化しきるのにエピソードコミュを60周発生させる必要があります
私のペースだと2~3分に1回発生する感じで、60周するには2~3時間要する計算でした
実際にパワー持ちが揃って走る準備が整ったのが日付が変わった午前1時で、走り終わったのが4時だったので、途中小休止を入れながらでしたしおおよそ計算通りの結果となりました


仕入れたパワー持ちですが、きらりと法子は次イベのためにキープするので損失は考えないものとして、他のアイドルは走り終えた後すぐに出品したんですが、朝目が覚めても売れてなかったので少し値下げして売却しました
値下げと言っても合計でスタ50本の赤字で済んだので、詳細は省略します
アニバアイプロでスタ損失を2桁に抑えられたのなら十分ですよ
過去のアニバでは損失が4桁になったこともあるんですからね…(泣)

拍手[0回]

EDF5DLC1の全15ミッションをHARDでクリアしました

中には前情報もない初見プレイで一発クリアできたミッションもあったのですが、その中で圧倒的に苦戦したのがミッション12の地底2
使用兵科はレンジャーで、アーマーは私の計算式通り840で挑戦しました
巣穴から出現する敵はノンアクで、巣穴を攻撃するたびに全ての敵がアクティブになるという仕様
従って巣穴を攻撃するたびに押し寄せる大軍を押し返すのを繰り返すことになるのですが、アラネアの糸の事故が非常に多く、アラネアを攻撃しても多数の敵が反応するので、無限に沸き続ける敵を10波20波と捌き続けなければならず、とにかく時間と精神力が必要
巣穴が残り一つになるとそこから金アリが出現するため最後の最後まで気が抜けず、実際ここでサンダーした時は心が折れそうになりましたが、のべ3時間くらいでクリアできました


DLC1はとりあえず1兵科でHARDクリアしたというだけで、残りの3兵科はまだプレイしてませんが、他兵科でやりこむ前にDLC2に進むことにしました
最初のミッションはまた私の計算式通り、レンジャーならアーマー400、武器制限LV27で開始したのですが…何度かやってみたところ相当難しいですよこれ
最初のミッションで増援にマザー、キング、クイーンが同時に出現するなんて頭おかしいでしょw

多分根気よく挑めばクリアできるんでしょうけど、このままだと余りにも苦行なのでアーマーの計算式を見直して増やすことを考えました
オンライン制限からかなり減らした状態だし、今の2倍に上げてもなんらルール違反はない

参考のため攻略Wikiを見たんですが、そこにある情報が私の認識と違ってて、確認したところDLC2はDLC1と比べてオンライン制限がかなり引き上げられてることがわかりました
要は、DLC2はDLC1の続きのミッションとして制限が引き継がれているということ
DLC2のミッション1をDLC1のミッション16として見れば、私の計算式に当てはめるとレンジャーのアーマーは1000、そしてオンラインでの武器制限LVは46でした

なんだ、そういうことなら話は早い
公式の制限に従ったところ、あっさりクリアできてしまいました
やっぱり使用武器のLVが上がるとアーマーを増やすよりも格段にミッションの難易度落ちますからね

新種の敵の顔見世回であるミッション2,3も難なくクリアできたので、この調子でDLC2の攻略を進めます

拍手[0回]

暗夜ルートをクリアしたので、順番通り透魔ルートのプレイを開始します

本音を言ってしまうと透魔ルートってシナリオとかマップとかがあんまり好きじゃないのでモチベ上がらないんですよね…

透魔ルートの長所は白夜勢と暗夜勢の支援が結べることとマイキャッスルでの施設が充実していることなので、今回もなるべく白夜×暗夜の国際結婚を目指して支援計画を立てます
大本命はルーナ×ツバキで、その経緯は以前お話したので省略
あとは前回、前々回のプレイで独身だった男性、特に暗夜勢からチョイスしてお相手を決めていきます

主人公は女性にするので、マイルームでイチャイチャする男を誰にするのかを決めるのも大事
アバターは女性でもプレイヤーはあくまで「私」なので、野郎の顔を撫で回したいとは思わないのですが、ゲームなので仕方ない
結婚後の専用台詞が聞ける以外に戦略上のメリットはほぼないので、飽きたら放置してもいいんですけどね

とりあえず暗夜勢の・・・オーディンにしようかなと計画中
オーディン自身はステータスが低くて使いにくすぎるので支援Sにしてカンナとの親子会話を埋めたら引退してもらうかも
どうしても使うならパラレルプルフかシューターにするかで別の兵科にしようかな
それよりも娘のオフェリアの方が目当て
戦闘力が高くて活躍できるだけでなく、見た目がエr…可愛いからね

残りの組は追々決めて行きますが、主人公やアクアを含め、親世代のカップルは6組を予定
最初は6組にすると出撃制限で親子での出撃ができなくなるから5組が丁度いいかと思ったんですが、透魔は遭遇戦があるから支援埋めは問題ないし、親子支援埋めたら世代交代して親は引退してもらえばなんとかなるかなと
支援は遭遇戦で済ませることにすれば、本編の出撃ユニットを支援の組み合わせで悩む必要はないし

今回主人公を女性にすると兄弟を産むため、アクアも兄弟を産んだ場合、カップルが5組だと子供が7人になって子世代のカップリングで一人余っちゃうんですよ
だから親を6組にして子供を8人にすれば子世代全員が結婚できてみんなハッピーになるというわけ
そのためには子世代の男女比のバランスを考えて子供を産ませる親を考えないといけません
う~ん悩みますねえ
でもこのカップリング計画を考えて悩むのもFEシリーズ伝統の醍醐味!シリーズ経験者ならわかると思います(^^)

現在は9章までクリアし、プレイ時間は3時間40分
味方が揃うまでは面白みがないので戦闘アニメとエネミーフェイズをスキップしてさっさと進めてます

拍手[0回]

最後にEDF5をプレイしてから2ヶ月EDF4.1から1ヶ月が経ちました

2018年は1月からほとんどの期間EDFをプレイしており、ようやく区切りがついたと思ったんですが、プレイしてる期間が長すぎたせいでやめてしまうとなんだか物足りなさを感じてしまう
一言でいえば中毒ですねこれw またやりたくなってきた!

来年最新作のEDFIRが発売予定だけどそれまで待ちきれないからEDF5をやるとして、達成率99%のデータの続きをやるにしても、残りの1%を埋めるのは修羅の道だし、アーマーや武器稼ぎを延々とやるのも面白くない
新しいデータで最初から始めるのも考えたけど、また数百時間かけて全難易度やりこむのはあまりにも時間がかかりすぎる


そこで、新たな戦場へ赴くためにDLCを購入することにしました
本編だけでも十分すぎるほど長時間楽しめるから、追加料金払ってまで全部をやりつくすつもりはなかったので買ってなかったんですが、2400円でミッション30個追加すれば推定で100時間は遊べるので、新作ゲーム1本分のボリュームと考えれば安いものです


さて、購入したらいざプレイ開始!といきたかったところなんですが、プレイする難易度に合わせてアーマーと武器をどうやって制限するか、そのルールを決めなければなりません
HARDをクリアすればそれ以下のNORMAL、EASYも埋まるので全難易度制覇するならHARDから順にプレイすることになりますが、ここにINF装備を持ち込むなんて言語道断
400時間を超える戦いで鍛えられたアーマーはオンラインでのHARDESTの上限を超えているため、そのままだとこちらが一方的に蹂躙するだけでゲームとして成立しない
それではせっかくお金を払って購入した意味がない
なので、今作を適正な難易度で楽しむためには武器やアーマーの制限が不可欠なのだ

ただ、当然のごとくあまりにも縛りをきつくしすぎるとドMとか変態プレイになってしまう(笑)
本編だと新しいセーブデータをHARDから始める事も可能だけど、DLCは最初のミッションからいきなり超難易度なので私の技量だと初期装備、初期アーマーで開始するのは絶対不可能

次の案としてオンライン時の制限に準拠するというものがある
武器LVの制限は理にかなっているのでこれに従うとして、最初は試しにアーマー上限で出撃してみました
しかし、初期アーマーの10倍近いアーマーで最初のミッションに挑むと敵から集中砲火を受けても全然平気で、初見だから戦術も無しに暴れて終わりました
これでは適正難易度とは言えない
そりゃそうだ、アーマー上限はそれを超えるとフェアじゃなくなる一歩手前なんだから

だからアーマー上限そのままではなく、こちらで独自に適正なアーマー値を設定してやらなければならない
しかも兵科やミッション番号によってアーマー値は変動するし、そのたびにWikiでオンラインの上限を確認するのは手間だから、どの兵科でも適用可能でオンライン上限を参照しなくてもいい計算式があるといい

そこで私は以下に示す計算式を考案、採用します

アーマー=初期値×2×(100+10×(ミッション番号-1))%

例:ミッション1ならレンジャーは400、ウィングダイバーは300
  ミッション3ならレンジャーは480、ウィングダイバーは360

最初のミッションを初期値でスタートすると低すぎるので2倍の補正をかけました
あとはミッションの進みに比例してアーマーを増やしていくというルールです

これが適正値かどうかはわかりませんが、以降のミッションをこれに従いプレイしたところ、ミッション2の大量の金蟻に蹂躙されてサンダーを繰り返しながらもどうにかクリアできたので、私的には程よく手強いバランスに調整できたかと思います


武器の制限は前述の通りオンラインに従います
LV制限で持ち込める武器が限られると、INFでも安定するような戦術が使えなくなることがあるため攻略Wikiが参考にならなくなり、HARDESTやINFよりもHARDの方が難しい、なんてことも起こる場合があります(ただしアーマー制限を設けない場合は別)
例えばレンジャーだと、自分を回復できるリバーサーが使用できないため回復手段がありません
制限より数LV上の武器をこっそり使っちゃってもいいかな?なんて甘えたくなりますが、オンラインだと許可されないのでそこはしっかり守りたい
本編だと高難易度で入手した武器を普通に使ってましたけどねw


現在はミッション6までクリアしたところです
新種のアーマーガエル、特に赤いカエルの広範囲弾幕は凄すぎですねw
あの弾幕はSTGでやれ、ここでやるなってレベルでしょw
でもやっぱりミッションの難易度が高いとクリアできた時の快感がたまりませんね!
やっぱり中毒性高いわ~EDF!

拍手[0回]

毎年恒例になってるわけですが、11/28のモバマス7周年の日より7thアニバーサリーアイプロが開催中で、私は個人2000位以内を目指して走ってます
3rdアニバの時から毎年2000位以内で上位報酬を獲ってるので、走り方は心得てます

基本的にブクマ走法(我流なので純正よりも速度出ません)でスタドリを飲みまくるのは毎年同じなんですが、ルールの追加があったり、あと開催期間中にカレンダーの休日がどこに来るかで走り方が少しずつ変わってきます
今年は期間中に土日を2回もはさみ、しかも最終日が日曜日のため有給を取らなくても走れる環境が整いやすいです(ただし社畜を除くw)

なのでスケジュールを考えると上位ボーダーは相当高くなると予想したんですが、先週の土日の時点では前年の7割程度にとどまりました
その土日は名古屋で6thライブが開催されてたという都合でランナーが走れなかったのも一つの理由として考えられますが、やはり6thのアニバ楓さんと5thのアニバ卯月のボーダーがいずれも歴代最高を更新したことから、それと比較すると見劣りするのも仕方ないのかも


で、私のランナー計画

課金アイテムはフリトレからパワー持ちを買い揃えたときしか使いません
しかし、アイプロ期間中はパワー持ちのレートが時間と共に低下するため、長期間キープしているとスタドリ損失が膨れ上がり、パワー持ちを仕入れずに損失したスタドリを飲んだ方が多く稼げたのに、という本末転倒な事態に陥ることがあります

ただ、現実的には数百本~千本のスタドリを飲むのは気が滅入るほど時間がかかり、その時間を課金アイテムとスタドリ損失で大幅に短縮できる、という考え方もできるのでスタドリ損失が出ても一概に悪手とはいえません
それでもアイテムが嫁とか、スタドリ担当Pとか言われてる私はスタドリ損失を以下に少なく抑えるかを最重要課題としているのですよ
4thアニバアイプロで一夜にしてスタドリ1000本近く失った時はマジに精神崩壊しましたからね(^^;

したがって前述の通り、課金アイテムを使用するときのみパワー持ちを仕入れ、手持ちのアイテムを一気に消化したらすぐさまパワー持ちを手放します
平日の夜間は時間的にしんどいので金曜の夜か土日にこの作業を行うこととします

その際、課金アイテムは課金しなくてもスタ走りで勝手に溜まっていくので、期間の後半になるほどアイテムが溜まります
その理屈だと最終日にパワー持ちを仕入れて課金走りするのが一番効率が良さそうですが、最終日はパワー持ちのレート変動が読めないことと、走り始めが遅いとボーダーを追いかける形になり精神的にプレッシャーが大きくなることを考慮し、最終日の前日、土曜日に課金走りを行う予定でいます
それまではフリトレからはパワー持ちは一切仕入れず課金アイテムも使わないので、2000位ボーダーより下位をキープする形です
あとで課金ブーストするから、何もスタ走りで2000位と張り合う必要はなくて、極論を言うと平日はまったく走らないラウンドがあってもいいんです

なので、アイプロ期間中にもかかわらずFEifやソフィーのアトリエ、その他のソシャゲも割りといつも通りプレイしています
むしろソフィーはアイプロと平行してプレイしてる感じで、アイプロを走るためにソフィーをプレイしてるようで、実際は調合や買い物、メニュー画面を操作する際はアイプロは完全に停止してるのでどっちがメインかわかんなくなってますw
ソフィーは会話イベントの数がとにかく多く、プレイ時間の半分は会話イベントの時間なのでその間にアイプロを走れるわけですw

走るのを止めてる間にチャンスタイムが終了しても、アイプロの場合はすぐにまたチャンスタイムに入るのでチャンスタイム中に走らなくてもそれほど効率は悪くならないです
なので「ながら作業」で手が空いている時に走るやり方ができるのはアイプロならではの長所だと思います


ただ、こんなやり方が通用するのは今回のボーダーが前回や前々回と比較してかなり低いからであって、ボーダーが高いようなら平日も頑張って走らなければいけません
例年アイプロを走るときはニコ動のプレイ動画シリーズや生放送を垂れ流すのが定番だったんですが、今年はそういうのはしてないですねえ
そっちに頼らなくても毎週視聴しているアニメと、あとプリコネやミシリタのコミュイベントを再生するだけで事足りるというか
流石に今週末に課金走りする際は手抜きできないのでなにか数時間くらい再生できる動画探すかもしれません(^^;
まだ本気出してませんので、勝負はこれからです

この続きは最終結果発表時にて
良い結果を残せるよう頑張ります(・∀・)


参考のための過去ログ↓

6thアニバアイプロ
5thアニバアイプロ
4thアニバアイプロ(悪夢)
3rdアニバアイプロ

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
2 3 5
8 9 11 12
13 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード