主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
フフフ、実は水面下でひそかに製作は進んでいるのだよ…


…嘘です、そんなことはありません


ウガーー 先月に体験版公開してから全く進んでねーー!! Σ(゜ロ゜)

最近やってることといったらはぢきせ!ばっかだよもー!
そんなこと最近の記事見れば一目瞭然だけどw

なんかもう、いっそのことはぢきせ!クリアするまでやりきってしまおうかな~なんて思ったこともあったけどそれじゃダメだ!
資料作成の方はきちんと進んでるんだから、打ち込みの方も進めんとバランスが取れん


よし、決めた!

今度こそ本当に、製作の方を再開させます!

…って、宣言するだけなら簡単なんですけどね (-_-;)


でも昨日はちゃんとやりましたよ

今やってる作業はというと、簡単に言えば難易度調整です


前回体験版を出した範囲でのことなんですが、第四部で主人公たちがクラスチェンジをしていくと、当然味方の戦闘力は飛躍的に上昇するのですが、そこで敵との戦闘力の差にかなりの開きができるようなんです

敵の方も少しずつクラスチェンジしていくので、最終的には敵味方ともにクラスチェンジした状態になるのですが、その過渡期ともいえる第四部の難易度が、少し低いんじゃないかと

これはテストプレイヤーから頂いた意見ではなく、あくまで私一人の見解です


この作品は闘技場やボーナスEXP、ステージ中のトレジャーやプレイ評価といったシステムの仕様上、プレイヤーによってゲームの難易度はまったく違ってきます
ですので、だれでもクリアできるように、全体の難易度は抑え目に設定してあります
このコンセプトをもとに、今までゲーム初心者の視点で製作を続けてきたわけです

しかし、だれがやっても何の苦労もなくクリアできるゲームというのは、本当にゲームといえるのだろうか?
ただクリアするという行為よりも、困難を乗り越えた末にクリアできたということの方が絶対に面白いはずです


ですから、少し考えを改めることにしました

つまり、このゲームをクリアするにあたって、ある程度の闘技場でのレベル上げと、主人公全員のクラスチェンジを前提条件にしてしまおうということです

ゲームにゆとりなんて必要ない
それは私が今やってるはちくまRPGをやっててひしひしと感じたことです


というわけで、ここまで長々としゃべってきましたが、第四部後半に出現する敵に関して、敵のレベルを上方修正しようと思います
難易度的にはほんの気持ちだけ上がる程度なので、そんな鬼畜な内容にはならないはずです

ですから、今はそのためのステータス修正を行っているところです
これが意外に敵の数が多くてめんどくさいんだよね~

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4
8 9
13 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいので対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[08/21 名無し]
[08/21 natuki]
[08/21 名無し]
[08/20 natuki]
[08/18 natuki]
P R
バーコード