主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
プレイ時間は14時間

20章は敵軍にいる盗賊がメンバーカードを持っているので、最優先されるのはこの盗賊がマップ外に逃走する前に自軍ユニットを派遣して逃走を阻止、メンバーカードを奪う事だ
しかし敵の盗賊は1ターン目から逃走を開始するためかなり急がないと追いつけない
そこで、マップ左下の小部屋にある宝箱の回収は後回しにし、自軍初期配置のすぐ上にある小部屋の扉も、敵増援を解放しないため開けずに放置
マーカスを走らせて前方から来る騎馬隊をせき止める
その間に後続のユニットが扉を開き、途中の敵を蹴散らして盗賊の退路を断つのだ
ラガルトを仲間にし、敵盗賊からメンバーカードを奪ったら、輸送隊を狙うマップ下方の増援を迎撃する
あとはターン数を気にせず敵残党の撃破、宝箱の回収、秘密の店での買い物をしよう

21章は索敵マップで、敵軍にはドラゴンナイトが出現するので視界外からの奇襲に警戒する必要がある
しかしこのマップには闘技場があり、味方を再行動させるニニアンも加入するので、敵の迎撃がすんだら主力ユニットを強化しよう
とは言っても、17章外伝と同様出撃ユニット数が少ないので、育てられるのはせいぜい2人程度だが
注意すべきなのは敵のボスで、あまり前に敵陣に進軍しすぎるとボスが近づいて攻撃を仕掛けてくる
ボスを撃破するとマップをクリアしてしまい、闘技場が利用できなくなってしまうので、ジェネラルにクラスチェンジしたオズインを囮役に町の外へボスを誘導する
オズインなら必殺が出ても致命傷は受けないし、ボスは弓を持っているので、反撃でボスを倒してしまうことはない

ところが、それまで弓で攻撃していたボスが突然斧に持ち替えて直接攻撃してきた!
こちらからは何もしてないのに、急に敵の行動パターンが変わったのだ!
ダメージが小さいから斧で一気に倒そうと考えたのだろうか?
ボスは英雄の証を持っているので、少なくともこれを奪ってから倒したいのだが、このままではオズインの反撃だけで倒してしまうし、闘技場も十分使えないままマップが終了してしまう
次のターンからはまた弓に持ち替えて攻撃してきたけど、さっきのは何だったのか、全く理解できない
そのまましばらく闘技場で主力ユニットを鍛えてたんだけど、最後は結局再び斧で攻撃してきたボスを反撃で倒してしまい、英雄の証を盗む前にクリアしてしまった
不思議なことがあるもんだけど、途中でボスの攻撃範囲に入った段階で作戦は失敗だったのかも

22章は砦内に陣取っての防衛線になるんだけど、このマップでやることは宝箱の回収と、ヒースを仲間にすること、そして秘密の店で買い物すること
宝箱の中にはゴールドもあるため、これを敵の盗賊に奪われると取り戻すことが不可能になってしまう
なので、宝箱を回収するには敵の盗賊を倒してしまうのが手っ取り早い
マーカスをマップ左の小部屋に先行させ、盗賊を撃破したらそのまま左の出入口を封鎖し、敵増援の侵入を防ごう
この時主人公3人のうちいずれかを同行させ、ヒースを仲間にすることも忘れずに

ハードだとノーマルに比べ敵の初期配置、増援共に3倍くらいに増量されているので、倒しても倒しても敵の数は増え続ける
しかし敵ユニットはLVの低いザコばかりで、主力ユニットを壁にすれば反撃だけでほとんど倒せてしまうので、敵の侵入口を壁役でふさぎ、HPの回復を怠らなければ意外と迎撃は容易い
敵増援は9ターンまでで打ち止めになるので、最終11ターンまでの間に敵の残党とボスを撃破し、騎士の勲章をゲットしよう

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1448]  [1447]  [1446]  [1445]  [1444]  [1443]  [1442]  [1441]  [1440]  [1439]  [1438
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4
8 9
13 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいので対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[08/21 名無し]
[08/21 natuki]
[08/21 名無し]
[08/20 natuki]
[08/18 natuki]
P R
バーコード