主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
命の大樹へ向かう道中、ベロニカとセーニャの故郷でもある聖地ラムダへたどり着く
住民から熱烈な歓迎を受けるとともに、ベロニカ姉妹の出生の話も聞くことができた
それによると二人はその昔勇者と共に戦った賢者セニカの生まれ変わりとされ、もし双子ではなく一人として生まれたら、賢者セニカに匹敵する力を備えただろうというのだ
あ!セーニャとベロニカって名前、二人合わせたらセニカになるじゃないか!
名前にもちゃんとそういう、賢者の生まれ変わりという由緒正しい由来があったんだな
二人は常に一心同体、力を合わせればなんだってできるというわけだ

同じ時代に勇者と賢者の生まれ変わりが同時に誕生したのは偶然ではないにせよ、なぜベロニカ姉妹は一人ではなく二人に分かれて生まれたのか
賢者としての資質も二つに分断されており、二人の性格や魔法の素質はまるで別人のよう
もし、もし仮に二人が合体して賢者セニカに転生したとしたら、多分二人のどちらにも似てない人間になるんだろうなあ
賢者としてではなく、双賢の姉妹として生まれたのには何か理由があるはず
その理由が本編中に解き明かされる時は来るのでしょうか?


聖地ラムダの奥地、始祖の森の祭壇にオーブを捧げ、命の大樹へと踏み込んだ一行
この木に生えている葉の一枚が世界に生きる誰かの命と繋がっているから絶対に摘んだりしちゃいけないって、それかなり難しいルールよねw
こんなところを大勢で歩いたらうっかり葉っぱに触れて散らしちゃいそうだけど、そのたびに世界の誰かが死ぬんでしょうか?w
地面から生えてる草とかほかの植物は関係ないのかなあ?

そして大樹の中心部、生命の根源には勇者の剣
これがウルノーガを倒すための力なのか

主人公が剣を手にしようとしたその瞬間、あのホメロスが襲来!
意外な人物の登場に驚くところかもしれないけど、今までの話の伏線でもうわかってたから、ああやっぱりね、ってくらいの感情しか湧かなかったです

闇のオーラをまとうホメロスは無敵で、戦闘になっても強制負けイベントで全く歯が立たない
このままでは生命の根源がホメロスの手に落ちてしまう
諦めかけたその時、デルカダール王とグレイグ将軍が!
いやいや、ホメロスはともかくお前ら二人がどうやってここまで来たんだよ!?
あのオーブがかけた虹の橋がかかりっぱなしだったんだとしても、そこに来るまでの道中も前人未到なんだぞ?
途中ラムダ通るルートならそこの住民気づくだろうし、ほんと不思議だわ

だが、これでホメロスの正体を見たデルカダール王は正気に…と思いきや、なんとデルカダール王がグレイグを攻撃!
ホメロスに操られているのか?
と思ったんだけど、ここで大きな思い違いをしていたことに気付く

ウルノーガが取り付いていたのはホメロスではなく、国王自身だったのだ!!
古代の文明を滅ぼした時は王国の宰相に化けていたという前例があったから今回もてっきり、国王を背後から操っていたんだと思ってたんだけど、まさか国王に直接取り付いていたとは!
まあ王国を乗っ取るならそれが一番手っ取り早いわな
だとすると、ホメロスは操られていたのではなく、自分の意志で悪に心を染めたことになる
一体いつからウルノーガの手先になったのだろうか…

真の姿を現したウルノーガは、主人公の胸をえぐり取り、勇者の力の源を奪うと、その力で勇者の剣を手にし、生命の根源を破壊!
命の大樹は一瞬で全ての葉を散らし、世界に闇が溢れ、そしてウルノーガは魔王として生まれ変わった!
これ、葉っぱが全部吹き飛んだってことは世界中の人間が死ぬってことなのでは?
と考えているのも束の間、命の大樹は地に落ち、凄まじい爆発とともに世界は崩壊した・・・



その後主人公は海底王国で魚の姿となって目を覚ました
なんで魚の姿になっているのかは深い理由はないのでおいとくとして、女王セレンが海底に沈んでいた主人公を助けてくれたのだろう

その女王が今の世界の様子を見せてくれた
命の大樹が地に落ちてからすでに数か月が経過していた
あの日、世界は死に、ウルノーガは魔王として世界の中心、命の大樹のあった場所に君臨していた

命の大樹が落ちた時の衝撃波で世界中の人間が一瞬で死に、あふれ出た闇は世界を覆い、陽の光が届かない闇の世界と化し、わずかに生き残った人間も絶望の淵に立たされていた
主人公は命の大樹にて勇者としての力を失ってしまい、勇者を導く命の大樹もすでにない

まさに世界崩壊、そして主人公は力を失い、仲間も誰一人消息不明、これ以上ないほど絶望的な状況だ
ドラクエシリーズでいまだかつて、これほど絶望的に世界が崩壊する様を描いたシナリオはあっただろうか?

他の作品を例に出すならば、やはりFFⅥだろう、世界崩壊と言えばFFⅥ
仲間が一人もいなくなり、絶望のどん底から立ち上がり、崩壊した世界を旅して再び仲間を集めて巨悪に立ち向かう
まさに同じ状況じゃないですか


女王セレンが見せてくれたビジョンでは仲間の様子は一切わからなかったが、英雄グレイグ最後の砦と呼ばれる場所に、生き残った者たちを集めているらしい
勇者の力を失ってもこうして生き延びたのは命の大樹の導きかもしれない
すでに失われた命の大樹の導きと言われてもしっくりこないんだけど、これだけは言える
例え勇者じゃなくなっても、まだやれることはあるはずだ
ここで終わるわけにはいかない、そうだろう?だって主人公だもん!

魔物の襲撃で今にも滅ぼされようとしている海底王国を脇目に、人間の姿に戻って地上に出る主人公
そこは昼間なのに薄暗い闇の世界で、物語の序盤に訪れたデルカダール地方なので、スライムなどのザコ敵がいる場所なのだが、なんと闇の力を受けてかつてのザコ敵が大幅にパワーアップ!
図鑑にも別のモンスターとして登録された
やはりここは以前とはまるで別の世界のようだ
世界地図を見ると、命の大樹があった場所に巨大なクレーターができている以外に大きな違いはないようだが、ルーラで行ける場所も全てリセットされているし、また探索し直し、2周目というわけか


とりあえず、近くにあるという最後の砦に向かう
するとその途中、イヌのルキと出会った
イシの村で幼いころから主人公とよく遊んでた犬だ
なんだよお前、生きてたのか!
てっきりイシの村が焼き払われた時に殺されたんだと思ったけど、うまく逃げ延びたのか、それとも犬は見逃してもらってたのか…

とか考えながら後を追いかけていると、目の前には幼馴染のエマが・・・
え?なにこれ、夢?幻?
だってエマは、イシの村の住民は皆殺しにされたんじゃ…?

世界崩壊の影響で時間が巻き戻ったとでもいうのだろうか?
戸惑いながら集落の奥へ行くと、主人公を育ててくれた母親がいた
どうやらイシの住民は全員無事なようで、主人公との再会を心底喜んでくれた

エマから聞いた話によると、デルカダール軍が侵攻してきた時、ホメロスは住民の皆殺しを命じたが、グレイグがそれを止めてくれたという
その後はずっとデルカダールの地下牢に閉じ込められていたため、不幸中の幸いというべきか、世界崩壊の衝撃からも身を守ることができた

俺はさあ、最初にイシの村が滅ぼされて住民が一人もいなくなってたのを見て、住民の大虐殺なんて非道なこと、ドラクエでは描かれないよねと信じ、実はどこかで全員生き延びていることを期待したんだけど、冒険を進めているうちにいつしかそのことは考えないようにし、6つのオーブを全て集めて世界中を旅し終えた頃には、もうイシの住民はこの世のどこにもいないんだと諦めてしまってた
でもこうして、思いもよらないタイミングで全員生きているのがわかって本当に嬉しかった!
世界が滅びて絶望のどん底だったのに、一気に希望が湧いてきた気がするよ
マジグレイグの事見直したわ、感謝してもし足りない

村のみんなに話しかけ、無事だったことに一通り安堵すると、デルカダール王がここにいることが発覚
自分を陥れた張本人なだけに会うのはツラいだろうと言われたが、国王にウルノーガが取り付いて操られていたとわかった今、国王を恨むなんてことはしない
ここはやはり会って話をするべきだろう

プレイ時間は31時間30分

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2160]  [2159]  [2158]  [2157]  [2156]  [2155]  [2154]  [2153]  [2152]  [2151]  [2150
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 11 12 13 14
15 16 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、プリコネRe。
2018年初頭からはPS4メインでやってます。
スパム対策でコメント投稿にはパスワードを設定しています。パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけします。
最新コメント
[04/25 ozm]
[04/25 ozm]
[03/28 ぽぃ]
[03/28 ぽぃ]
[10/07 NONAME]
P R
バーコード