主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
1ターン目にこちらに有利なフィールドとバフがけを済ませます 前回の記事で第参の塔にいる三魔柱、音羽を撃破
残る三魔柱は第一層にいる朱麗のみ

原作だと朱麗は三魔柱の中で一番強かったんですが、今回は音羽の方がHPが多くなっているなど、敵のボスの強さも調整されているようです
ボスが精神集中を使ったらアリスのシールドを発動 となると、音羽を撃破できたなら朱麗も続けて攻略できるということで、間髪入れずに朱麗に挑むことに

朱麗が得意なのは水属性の攻撃なので、先ほどの音羽戦で用いた戦法をアレンジして水属性の威力を抑えます
ボスのスペルカードのダメージをここまで無力化できた! オシラサマのフィールドで水属性を弱め、メイド妖精のコントロールランドで地相を火に傾け、更にボスの大技に合わせてアリスのエレメント・シールドウォールを発動させれば完璧です

あとはこちらから攻めるだけですが、音羽と違って朱麗には弱点属性が無く、防御も高いせいか大ダメージが与えにくく、HPではこちらの方が低いものの耐久力は音羽よりも上でした
やっぱり強さ的には朱麗の方が強いとみていいのかな
ボスにはこれといった弱点がなく、防御力もそこそこあるため持久戦になりがち 時間はかかりましたがここまで追い詰めればもう勝ったも同然! 他の三魔柱を全て撃破済みだと、戦闘後のイベントが変化! 異変の黒幕、三魔柱の総大将アンラ登場! 倒したはずのほかの三魔柱も集結!最初に戦った時は本気を出してなかった!? 三魔柱の纏うオーラが巨大化した!これが本気か!



















なんとエリアボスは2体同時に出現!まずはそれぞれの特性を理解しないと さて、三魔柱を全て倒すとワールドマップの中央に混沌の魔城が出現し、次はこちらを攻略することになります
原作との大きな違いは下層にエリアボスが追加されたことで、こいつを倒さないと上の層へ進めません

手前にいるやつは物理攻撃に弱い模様 回復不可を与えると地相回復を封じられるので有利です この層のエリアボスはザリチュとタルウィの2体で、得意とする属性が異なります
それぞれが自分の得意とする地相にコントロールランドで傾けてきて、地相が活性になると自然回復や強力な全体魔法を使ってくるようになるため、相手の得意属性を把握して逆属性に地相を操作することが必要
地相が高まると強力な全体攻撃を放ってきます!(゚Д゚ ) ネタバレ情報なしで撃破したため正確な情報ではありませんが、私が戦った限りでは、ザリチュは火と闇が得意で物理攻撃に弱く、タルウィは地属性が得意で魔法攻撃に弱かったです

ボスの攻撃は全体魔法だけでなく範囲への物理攻撃もあるため、複数の属性への耐性に加え物防と魔防の両方を上げるような準備をしなければなりません
何とか撃破できた!2体を同時に攻撃してたけど、片方を集中攻撃して早期に1体に減らした方が楽だったかも? 全員が全ての攻撃に対策をするのは無理なので、全体攻撃が来ても誰かが生き残れるよう、耐性属性をばらけさせるのも一つの方法です
強力な盾を装備してのシールドスキルで全員を守るのも有効だと思います


魔城の中層最深部でロングフックショットを入手!行動範囲が増えたため、一旦攻略を中断して未探索の場所を巡ってきます 初見では敗北したので対策を整えたあと再戦したら撃破できたんですが、味方はもうボロボロで地相操作も間に合ってないし、最後は捨て身の特攻をかけてかろうじて勝てた感じでした

プレイ時間は26時間です

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2064]  [2063]  [2062]  [2061]  [2060]  [2059]  [2058]  [2057]  [2056]  [2055]  [2054
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4
8 9
13 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいので対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[08/21 名無し]
[08/21 natuki]
[08/21 名無し]
[08/20 natuki]
[08/18 natuki]
P R
バーコード