主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
ええ~~あいつらか~えええ~~~~wwww


輝夜組、もしくは妹紅組のどちらかを倒すとクリアになる





二日目夜
輝夜永琳、それから妹紅と慧音が登場

まさに不死身 このままだと撃破は不可能妹紅と慧音は中立ユニット扱いで、うまく誘導すれば敵ユニットの輝夜と永琳を攻撃してくれる
しかし初期配置は味方ユニットがこの2組に挟まれる形になっており、弱いユニットを攻撃するという行動パターンから、味方ユニットが両組の標的にされてしまう

どちらもLVが高く、まともに戦ってはまず勝てないので、味方ユニットはマップの端に避難してうまく両組を戦わせよう
輝夜と妹紅が勝手に戦ってくれればいいのになぜこっちを狙う!?
それでクリアするためにはどちらか2人を撃破する必要があるのだが、問題はどちらの組を撃破すべきかだ

慧音と永琳は通常のユニットと同じく、HPを0にすれば撃破できる
しかし妹紅はスクショのとおり、HPを0にしても100%復活する
味方は戦場から離れてうまく敵同士戦わせようしかも撃破されたその瞬間に復活し、復活した後に戦闘結果として判定されるため、妹紅を撃破してクリアするのは不可能
従って必然的に、輝夜組を倒してクリアせざるをえなくなる

作者なら妹紅を倒してクリアする方法知ってるかもしれないけど…

妹紅を撃破してもその直後に一瞬で復活する 妹紅を攻撃しても無駄だ輝夜はHPが高い上強力なオートヒーリングを持つため撃破が難しいが、これを倒せばクリアできる
三日目昼 妖怪の山の面々が集まり、なにやら一騒動が自慢のロボットを破壊されたにとりは激怒 椛とともに戦いを挑むことに

藍たちは劣勢のにとりたちを加勢することに …あれ、妖夢はどこ行った??三日目昼は鬼と天狗、守矢一家を同時に相手することになる
いくらなんでもキャラを一気に出しすぎなんじゃないの?

さらにマップ左下からは妖怪の山のふもとの神様3人が味方として登場するが、その次のターンには敵の主力全てが3人を狙って攻撃してくるので、助けを求める声もむなしく滅殺されるのがオチ
攻撃30000!!まさに必殺の一撃 これだけは絶対に食らってはダメここは時間稼ぎのための捨て駒として割り切ってしまおう
ボーナスもペナルティもないわけだし


それにしても今作は、前作とは対照的にストーリー性が全くない


なんと椛は三歩必殺だけを防げる特殊能力をもつ なんという助っ人キャラサブシナリオはいろんな東方キャラと戦える、本筋の流れとは関係ないシナリオなんだけど、メインシナリオにしても、前後のマップとの関連性が全くないし、ただ単にいろんな東方キャラを登場させるためのマップというか、どっちがサブシナリオなのかわからない

戦いに発展するまでの経緯やこじつけも適当で、メインシナリオを進める上でこの話は必要なのか?と疑問を持たせるものばかり
2ターン目ににとりがロボットを三機貸してくれる 半霊がいないこのマップでは貴重な回復役
でも立ち位置を変えて広い視野で考えてみる
このゲームのタイトルは自宅警備なのだ
妖夢は自宅にやってきた客人の相手をしているだけであり、前作のバカルテットのように大冒険をする要素はない

やってくる客人は順不同で、お互いに何のつながりも持ってないから、プレイヤ-はそのときそのときに起こるイベントをこなすという作業をすることになる
風神録の1、2ボスが登場 味方として操作できるが…そこにはメインやサブといった区分はなく、それならいっそメインとサブをひとまとめにしてクエスト受注形式でゲームを作っても良かったと思う

でもそれだと幽々子との会話を含むメインシナリオのイベントをどこに含ませ、どのように発生させるのかという製作上の問題もあるから、作る側としてはやはりメインとサブに分ける方が簡単なのだろう
勇儀やすいかは意外とHPが低い 実は神奈子が一番の強敵
前作バカルテットにははっきりしたストーリー性があり、作者の開発コンセプトにも共感できたことから楽しくプレイできたけど、今回のみょん警は作者が何を思ってこの作品を作ったのか、プレイヤーにどこを楽しみ、何を感じて欲しいのかがイマイチわからないTetsuであった

自分の分身であるロボットを破壊されたにとりの気持ちに共感出来たから、藍はにとりの味方をしたのだえ、妖夢は吸血鬼姉妹といるの!?また面倒なことになりそう…

妖夢は嫌がってるが、この2人に案内を頼まれるなんて、羨ましい(笑)げえ、大量虐殺が趣味のゆうかりんが来てしまった(汗)

うおーい選べるのかよ!3つ目の選択肢が気になりすぎるけどどう見ても死亡フラグなのでここは素直にレミリアの味方になっとくいつもなら作戦目的で攻略のヒントを言ってくれるが、今回はネタでしかないのであったw

やっほーい!二次創作ではいつも敵役だから、フランを操作できる機会はそんなにないぞ!でも幽香のHPはフランの4倍もあるから、フランがいるからって調子に乗らないように

幽香はお供に旧作キャラを連れている 私旧作は専門外なのです1回限りの初見殺しで華麗に撃破 決まったぜ!(フランと美鈴はやられました)

*ブログエディタの不調で一部画像の拡大表示ができません。
ここまでバグが多いと訴えられるレベルだぞ。
運営はホント何やってんだ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 6
8 11 13
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいので対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[10/07 NONAME]
[10/05 名無し]
[10/03 kagami]
[10/02 名無し]
[09/20 名無し]
P R
バーコード