主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね
今更なんですが今日、暇を持て余していたので映画君の名は。を観ました
いや、マジで良かったです、傑作
色んな感情が混ざり合ってて、とても一言では言い表せません
敢えて言うならこれを創った監督は天才だ、ということです
twitterにでも感想を書こうかと思いましたが、短い文章ではとてもまとめられる気がしなかったので、忘れないようにここに書き残しておくことにしました、主人公の二人がそうしたように

前評判はニュースやラジオで見聞きした程度で、話の内容とかは予習してきませんでした
ただ、主人公の二人の心と体が入れ替わるってことだけで、そこから話がどう展開するのか知りませんでした
それがまさか、中盤で想像だにしない衝撃の事実が…あ、詳しく書くとネタバレになるから控えるけど、もう放映からだいぶたってるし、私のこの感想を見て今から観てみようと思う人なんていませんよね?

物語は三葉と瀧の二人が主人公なのですが、実際は三葉in三葉・三葉in瀧・瀧in瀧・瀧in三葉の4パターンがあって、場面が頻繁に切り替わります
最初はしばらく場面が切り替わったことについていけず混乱しました
しかも、この不思議な現象は空間だけでなく記憶と記録、時間まで超えることとなり、どんどんスケールが壮大になっていきます

人の記憶は曖昧です
誰かに説明しようとしても、それを確かめることは本人でさえ難しい
確かにそこにあったはずなのに、それを証明するものが目の前で消えてしまうのを見てしまうと、そんな超常現象を目の当たりにしてしまうと、あの出来事は全部夢だったんじゃないか?自分の頭の中だけの妄想だったんじゃないかと、そう思うしかないじゃないですか
普通はそこで諦めると思いますが、主人公はそこで諦めなかったから、奇跡が起きたんでしょうね

消えかかっていく記憶をつなぎとめるのは本当に難しい
だから私も、この気持ちが消えてしまう前に、この気持ちが嘘や妄想になってしまう前に、こうして書き留めることにします
私がブログを続ける理由はまさにそれで、自分が感じたこと、生きている証を形にして残したいと、いつもそう思ってるんですよ
でも本編のあのシーンみたいに、確かにあったはずの記録が突然無かったことになるのはリアルでも起こらないとは限らないですけどね
明日にはサーバーがクラッシュしてこのブログが跡形もなく消えるかもしれないし、隕石が落ちてきて死ぬかもしれない(流石にそれはないか(^^;)

途中なんやかんやあったのは省きますが、終盤にもうダメなんじゃないか、このままバッドエンドで終わるんじゃないかと悪い方向に考えましたが、そこからノーマルエンドの兆しが見えて、最後の最後はグッドエンドを取り越してパーフェクトエンド!!やってくれました、一番望んでた結末を迎えてくれて心の中で「やったあー!」って叫びました(≧▽≦)
もーー最後の最後に「「君の名前は。」」というタイトル回収キタコレwでしめてくれたところが本当に美しかったです

私が伝えたいのはこんなところかな?
何度も観に来るリピーターがとても多いというのを聞いたんですが、1回観てみてわかりました、私もまた機会があれば観たいです
次は絶対、最初観た時とは違う発見と感動があるはずだから

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1877]  [1876]  [1875]  [1874]  [1873]  [1872]  [1871]  [1870]  [1869]  [1868]  [1867
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1
5 9 11
13 14 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、ミリシタ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいので対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[10/07 NONAME]
[10/05 名無し]
[10/03 kagami]
[10/02 名無し]
[09/20 名無し]
P R
バーコード