主にゲームとかやってて思った事を書いてみる日記  ゲームのネタばれには注意してくださいね

敵の初期配置はそれほど多くないが、増援が毎ターン出現するので注意 25章は敵将のいる奥の階段付近にドロー持ちのストラテジストがいて、これを食らうと敵の本隊近くに引きずりこまれて絶体絶命になるところだったんですが、運良く外れたので事無きを得ました
ドローは何が起こるかわからんから怖すぎるわ

クリア後にレオンとの会話シーンがあるんだけど、レオンは以前アクアから渡された水晶で全ての真実を知ったようです
透魔王国の存在、そして父のガロンが既に人間じゃなくなっていることも
でも透魔の呪いによってその事実を口に出すことは出来ないから、臣下にさえ秘密にしているようだ
もちろん、プレイヤーがこのことを知るのは暗夜ルートでの話だから、白夜のみプレイしているプレイヤーはこの会話の真実を知ることは出来ません
暗夜をプレイした後だから、会話の裏にある真実を読み解けました


敵の数はノーマルと大して変わらず 全てを倒す必要はありません 26章は主人公とマークスの一騎打ち
マークスは速さがかなり低いので普通にプレイしていれば主人公で追撃が可能
こちらから仕掛ければ1ターンで決着がつきそうではあるが、エネミーフェイズにマークスは間接攻撃してくるためこちらから反撃できず、結局攻撃回数はお互い2回ずつになるんですが、ちょっと卑怯だよなあw

主人公が育っているなら問題なく倒せるはず 不安なら薬でドーピングしよう 暗夜ルートクリア済みで主人公をサポーター名鑑に登録しているなら、スキルの竜呪を引き継いでおくと安定感がかなり増します
戦闘後に相手の全ステータスを下げるという、ラスボスも使ってくるほどの非常に強力なスキルなので、この場面に限らず重宝します

ちなみに魔女のワープでも中央の部屋には入れず 不正は許されなかった また、周りにいるザコ敵はマップ右下にいるメイドが回復の杖をドロップするだけで、全滅させても経験値稼ぎ以外の特典はないので、時間はかけずにメイドから杖を奪ったらマークスを倒して早めにクリアしました


次の27章は開始すると終章までの連戦となるので、マイキャッスル及び遭遇戦が利用できるのはここが最後のタイミング
よって27章を始める前に遭遇戦を繰り返して支援を埋めます
メインの章は割りとスピード重視で攻略したので、子供世代同士でまだ支援Cすら発生していないのもあり、かなりの作業量になると思われます

それにしても、遭遇戦がないと子供同士での支援埋めはかなり厳しいものがありますね
暗夜ルートでは親子支援はいけると思うけど子供同士は無理だと思うので、暗夜勢の支援埋めは透魔ルート時にしようかな

ここまでのプレイ時間は39時間、リセット回数は14回です

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2041]  [2040]  [2039]  [2038]  [2037]  [2036]  [2035]  [2034]  [2033]  [2032]  [2031
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
5 7
11 13 15
19 22 23
25 27 28 29 30
カウンター
つぶやき
自己紹介
HN:
Tetsu
性別:
男性
職業:
社畜
趣味:
東方・テイルズ・アイマス
自己紹介:
最近やってるソシャゲはFEH、モバマス、デレステ、艦これ。
[2017/4/25] スパムコメントが激しいため対策のためコメント投稿時にパスワードを設定しました。
パスワードは「tetsu」です。お手数をおかけしますm(_ _)m
最新コメント
[05/30 たけ]
[05/28 たけ]
[03/31 NONAME]
[01/28 アトリエ]
[01/28 アトリエ]
P R
バーコード